なるけみちこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なるけ みちこ
基本情報
出生 1967年8月13日(46歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県
ジャンル ゲームミュージック
職業 作詞家作曲家編曲家
公式サイト http://www.sasakure.net/

なるけ みちこ(成毛美智子、1967年8月13日 - )は、主にゲームミュージックで知られるフリーの作詞家作曲家編曲家日本作編曲家協会会員。

略歴・人物[編集]

日本テレネット第一開発部(RENO、RIOTブランド)所属の作曲家。現在はフリーランス。

レギオン』(PCエンジン CD-ROM²のシューティングゲーム)のエンディング曲、『天使の詩』、『天使の詩II 〜堕天使の選択〜』の作曲を担当。『天使の詩II』の作曲担当後、日本テレネットを退職。その後はフリーとなるも、本人曰く作曲への熱意を無くし、いつかは作曲家という仕事を辞めるつもりでいたと言う[1]

しかし金子彰史のスカウトにより、なるけみちこの代表作品とも言える『ワイルドアームズシリーズ』の作曲を担当、毎シリーズ80〜100曲近くの曲を提供している(ただし『ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター』では体調を崩した関係で作曲数は減っており、『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』以降はシリーズの作曲担当を外れている[2])。

『ワイルドアームズシリーズ』以降は『大乱闘スマッシュブラザーズX』や『RIZ-ZOAWD』といった別作品で作詞・作曲・編曲を担当している他、2013年からは自主制作アルバム「Feedback」シリーズを展開している。

2013年9月13日には、自身の楽曲を扱ったコンサート「Playing Naruke Works!」が行われた。

愛用のシーケンサーLogic Pro7.1[3]

ワイルドアームズシリーズ』のサウンドトラックのコメントには必ず文末に「(口笛イン)」と書いている。

作品[編集]

ゲーム[編集]

テレビ[編集]

CD[編集]

書籍[編集]

関連人物[編集]

金子彰史
日本テレネット所属時代の同期。退社した現在も『ワイルドアームズシリーズ』で共に制作を行っている。
麻生かほ里
『ワイルドアームズシリーズ』(WA2、WA3、WA:F、WA4、WATV)で歌唱を担当したアーティスト。
以後も『RIZ-ZOAWD』や『ノーラと刻の工房 霧の森の魔女』といった、なるけみちこ作曲の別作品でもタッグを組む機会が多い。
見良津健雄
作曲家。あらゆる事を教えてくれた大先輩と慕っており、亡くなった際は何か月も気力を失っていたと告白している[4]

脚注[編集]

  1. ^ サウンドトラック『ワイルドアームズ コンプリート トラックス』 キングレコード、2006年4月5日の10周年記念スペシャルトークより。
  2. ^ 2006年に公開されたWA5ティザーサイトにて扱われた楽曲が自主制作アルバム「Feedback 3rd」に「向かい風の彼方」というタイトルで収録されていた為、厳密には『開発段階では作曲に関わっていた』事になる。
  3. ^ 書籍『Piece of Tears なるけみちこ ミュージックスコア フロム ワイルドアームズシリーズ』 メディア・ビジョンエンタテインメント、2006年8月23日のComposer's Roomより。
  4. ^ ささくれ砦 見良津健雄さんのこと

関連項目[編集]

外部リンク[編集]