ちょうこくしつ座銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちょうこくしつ座銀河
Sculptor Galaxy by VISTA.jpg
チリのパラナル天文台のVISTA望遠鏡で撮影されたちょうこくしつ座銀河
星座 ちょうこくしつ座
視等級 (V) 8.0[1]
視直径 27′.5 × 6′.8[1]
分類 SAB(s)c[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 00h 47m 33s[1]
赤緯 (Dec, δ) -25° 17′ 18″[1]
赤方偏移 0.000811[1]
視線速度 (Rv) 243 ± 2 km/s [1]
距離 11.4 ± 0.7 Mly
   (3.5 ± 0.2 Mpc)[2]
別名称
別名称
Silver Coin Galaxy,[1] Silver Dollar Galaxy,[3] NGC 253,[1] UGCA 13,[1] PGC 2789[1] Caldwell 65[4]
■Project ■Template

ちょうこくしつ座銀河[5]Sculptor GalaxyNGC 253Caldwell 65)は、ちょうこくしつ座の方角にある渦巻銀河である。ちょうこくしつ座銀河はスターバースト銀河であり、急激な星形成の過程にある。

観測の歴史[編集]

この銀河は、1783年、彗星の探索中にカロライン・ハーシェルによって発見された[6][7]。その約半世紀後、ジョン・ハーシェル喜望峰で、18インチの反射望遠鏡を使って観測した[7]。彼は、とても明るく大きな(長さ24′)壮大な天体である。その光はいくらか縞状であるが、この銀河には属していなさそうな4つの大きな天体と1つの非常に小さな天体の他には恒星は見られない。と記述した[7]

シドニー郊外で働くバーナード・ミルズは、ちょうこくしつ座銀河は強い電波源でもあることを発見した[7]

ハッブル宇宙望遠鏡によるちょうこくしつ座銀河の拡大図

1998年、ハッブル宇宙望遠鏡は、ちょうこくしつ座銀河の詳細な写真を撮影した[8]

超新星[編集]

超新星は、一般的にスターバースト銀河と関連があるが、ちょうこくしつ座銀河では、超新星は1つしか発見されていない[1]。SN 1940Eと名付けられた超新星は、銀河核から約54°南西の方角にある[9]。この超新星は、1940年11月に発見された[9]

距離の推定[編集]

近年、少なくとも2つの方法でちょうこくしつ座銀河までの距離が推定された。

2006年には、planetary nebula luminosity function法を用いて、10.89+0.85-1.24メガ光年(3.34+0.26-0.38メガパーセク)と推定された[2]

2004年には、tip of the red giant branch法を用いて、12.8 ± 1.2メガ光年(3.94 ± 0.37メガパーセク)と推定された[10][11]

最も信頼できる距離の重み付け平均は、11.4 ± 0.7メガ光年(3.5 ± 0.2メガパーセク)と推定される[2]

銀河群[編集]

ちょうこくしつ座銀河は、銀河系から最も近い銀河群の1つであるちょうこくしつ座銀河群の中心に位置する[12]。ちょうこくしつ座銀河はその中で最も明るく、NGC 247PGC 2881PGC 2933UGCA 15等と重力で結びついている。ちょうこくしつ座銀河群のその他の銀河は、この銀河群の核に弱く結びついているだけである[12][13]

アマチュアによる観測[編集]

双眼鏡[編集]

ちょうこくしつ座銀河は、全天で最も明るい銀河の1つであり、双眼鏡でも観測できる。アンドロメダ銀河さんかく座銀河に次いで観測しやすい銀河であると考えられている[7][14]

望遠鏡[編集]

ちょうこくしつ座銀河は、口径300mmかそれ以上の望遠鏡で良い観測のターゲットとなる[14]。このような望遠鏡では、まだらの円盤を持った長い楕円の銀河バルジとして観測される[14]。バルジは周りの部分よりも若干明るいが、円盤よりも拡がって見える[14]。口径400mmかそれ以上の望遠鏡では、銀河核の北西側に暗い塵の吸収帯とバルジに重なった10数個の恒星が観測できる[14]

フィクション[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 253. 2006年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c Rekola, R.; Richer, M. G.; McCall, Marshall L.; Valtonen, M. J.; Kotilainen, J. K.; Flynn, Chris (2005). “Distance to NGC 253 based on the planetary nebula luminosity function”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 361 (1): 330-336. Bibcode 2005MNRAS.361..330R. doi:10.1111/j.1365-2966.2005.09166.x. 
  3. ^ NGC 253: Dusty Island Universe”. NASA Astro Pic of the Day (2006年4月21日). 2010年12月4日閲覧。
  4. ^ O'Meara, Stephen James (2002). The Caldwell Objects. Cambridge University Press. ISBN 0-521-82796-5. 
  5. ^ 主な銀河の表(位置・明るさ・大きさ)美星天文台
  6. ^ Dreyer, J. L. E. (1888). “A New General Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars,being the Catalogue of the late Sir John F.W. Herschel, Bart., revised, corrected, and enlarged”. Memoirs of the Royal Astronomical Society 49: 1-237. Bibcode 1888MmRAS..49....1D. 
  7. ^ a b c d e Burnham, Robert (1978). Burnham's Celestial Handbook; An Observers Guide to the Universe Beyond the Solar System; Volume Three, Pavo Through Vulpecula. Dover Publications, Inc.. p. 1736. ISBN 0-486-24065-7. 
  8. ^ HubbleSite NewsCenter”. Results for NGC 253. 2007年4月5日閲覧。
  9. ^ a b R. Barbon, E. Cappellaro, F. Ciatti, M. Turatto, C. T. Kowal; Cappellaro; Ciatti; Turatto; Kowal (1984). “A revised supernova catalogue”. Astronomy & Astrophysics Supplement Series 58: 735-750. Bibcode 1984A&AS...58..735B. 
  10. ^ I. D. Karachentsev, V. E. Karachentseva, W. K. Hutchmeier, D. I. Makarov (2004). “A Catalog of Neighboring Galaxies”. Astronomical Journal 127 (4): 2031-2068. Bibcode 2004AJ....127.2031K. doi:10.1086/382905. 
  11. ^ Karachentsev, I. D.; Kashibadze, O. G. (2006). “Masses of the local group and of the M81 group estimated from distortions in the local velocity field”. Astrophysics 49 (1): 3-18. Bibcode 2006Ap.....49....3K. doi:10.1007/s10511-006-0002-6. 
  12. ^ a b I. D. Karachentsev (2005). “The Local Group and Other Neighboring Galaxy Groups”. Astronomical Journal 129 (1): 178-188. arXiv:astro-ph/0410065. Bibcode 2005AJ....129..178K. doi:10.1086/426368. 
  13. ^ I. D. Karachentsev, E. K. Grebel, M. E. Sharina, A. E. Dolphin, D. Geisler, P. Guhathakrta, P. W. Hodge, V. E. Karachentseva, A. Sarajedini, P. Seitzer (2003). “Distances to nearby galaxies in Sculptor”. Astronomy and Astrophysics 404 (1): 93-111. arXiv:astro-ph/0302045. Bibcode 2003A&A...404...93K. doi:10.1051/0004-6361:20030170. 
  14. ^ a b c d e Kepple, George Robert; Glen W. Sanner (1998). The Night Sky Observer's Guide, Volume 2. Willmann-Bell, Inc.. pp. 365, 371. ISBN 0-943396-60-3. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 00h 47m 33s, -25º 17' 18''