XCOM: Enemy Unknown

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XCOM: Enemy Unknown
ジャンル ターン制ストラテジー[1]
シミュレーションロールプレイング[2]
ストラテジー[1]
対応機種 Microsoft Windows, Mac OS X, PlayStation 3, Xbox 360[3]
開発元 Firaxis Games
発売元 2K Games
プロデューサー ガース・ディアンジェリス[4]
ピート・マレー[5]
デザイナー ジェイク・ソロモン (リードデザイナー)[6]
音楽 ローランド・リゾ[7]
マイケル・マッキャン[8]
美術 グレッグ・フェルチュ (リード)[9]
シリーズ X-COM
人数 1人 - 複数人[10]
メディア 光学ディスクダウンロード販売
発売日
  • 日本 2012年10月12日
  • アメリカ合衆国 2012年10月9日[11]
  • ヨーロッパ 2012年10月12日[11]
  • オーストラリア 2012年10月12日
対象年齢
エンジン Unreal Engine 3[12]
テンプレートを表示

XCOM: Enemy Unknown(エックスコム・エネミーアンノウン)は、Firaxis Gamesが開発し2K Gamesから発売されたターン制シミュレーションロールプレイングゲーム[1][2]である。2012年10月9日に北米で、同11日に日本で、同12日にヨーロッパやオーストラリアなどで発売された。プラットフォームはMicrosoft Windows、Mac OS XPlayStation 3Xbox 360。なお、日本ではPC版以外の発売計画は存在しない[13]。1994年に発売され、カルト的人気を誇る古典的なストラテジーゲームen:UFO: Enemy Unknown(別名X-COM: UFO Defens)のリメイクである[14]。このゲームは以前にアナウンスされていたFPSの2K MarinXCOMとは別に、X-COMシリーズの原点に返った作品である[1][3][15]

地球が宇宙人に侵略されている近未来に設定されており、XCOM: Enemy UnknownではプレイヤーはXCOM(Extraterrestrial Combat Unit、対異星人戦闘部隊の省略形)と呼ばれる、異星人の部隊から地球を守る使命を背負った精鋭の多国籍部隊の指揮官になる[1][2][14]。ターン制ストラテジーのミッションのように、戦場の部隊を指揮する。ミッションの合間に、捕虜や復元したエイリアンのテクノロジーから新たなテクノロジーの研究と開発をしたり作戦基地の拡充したり、XCOMの財政の管理したりエイリアンの活動を監視し応じたりする[1][2]

XCOM: Enemy Unknownは大絶賛された。Metacriticen:GameRankingsの両方のすべてのバージョンで9割に近い平均得点を記録した。発売したときに、それはそのジャンルの最高のタイトルの1つだとみなされた。多くのレビュワーもまた、このゲームの難易度とリプレイ性と中毒度が非常に高いレベルにあるとコメントした。

内容[編集]

世界設定[編集]

このゲームは世界的なエイリアンの侵略が始まった近未来に設定されている。[15]ゲームの開始時点より前に、国家評議会(Council of Nations)と呼ばれる国々の連合が結束し、エイリアンからの攻撃から地球を守る使命を担う、人類の歴史上最高の精鋭の、軍事および科学機関であるXCOMを作った。[1][16]プレイヤーはXCOMの指揮官の地位を引き受け、テクノロジーで圧倒的に優勢な地球外起源の敵に対する戦争へと赴くのである。[1][14][17]

ストーリー[編集]

生きたエイリアンの実験台を捕まえることができる武器を開発し、そのような捕虜の施設設備を建設した後、XCOMの研究部門のトップであるドクター・バレンは尋問するために生きたエイリアンを捕まえることを要求した。1人を捕まえ、尋問すると、UFOを撃ち落としたときにそれにとっていてでくわした結晶体、アウトサイダーに関するあいまいな情報を漏らした。それから、ドクター・バレンは研究用にアウトサイダーを捕獲するようXCOMに要求した。アウトサイダーはアンテナに似たものであることがわかり、地下奥深くからの送信されている信号を受け取っているようだった。XCOMは信号を調査するためチームを派遣した。人間のアブダクションする実験が行われているエイリアンの基地から送られていることが分かった。ミッションの間に基地司令部のテレパシー装置を復元し、解析した。

この装置は前もって隠されていた「監督官」のUFOを明らかにし、そこにはエテールと呼ばれる強力な超能力を持つ敵と、奇妙な超能力のアーティファクトがあることがわかった。監督艦が撃ち落とされてしまうと、巨大な敵「テンプルシップ」がその姿を現し、地球を攻撃した。XCOM HQと同じくらい遠い場所ですら地震が起こった。リーバスエンジニアリングにより、XCOM自身が姿を隠す超能力が使えるようになり、エイリアンを躱し、エイリアンの虫の知らせにつけ込んだ一人の「ボランティア」を使ってテンプルシップを攻撃し乗り込んだ。船の中での最後の戦いの間に、エーテルは自分たちが精神も肉体も完ぺきな生物の研究のため、他の種をテストし、実験していて、今までプレイヤーがであったエイリアンはすべて彼らの実験の失敗作だったということを明かした。一度に2段も3段も飛ばして人間に技術を与えることを通してエーテルは人間の限界を超える潜在能力を開花させようとしており、エーテル以上に危険な脅威と戦う完璧な軍隊を見つけたために、人間性が彼らの研究の到達点なのかもしれないと考えていた。彼らの他の種とともに進化した、自分たちの失敗作のために、人類種を支配し、無名の脅威と戦うことを望み自分たちがさらに進化するために使おうと目論んでいた。エーテルの指導者を倒した後、テンプルシップは自爆を開始した。 超常的な力を贈られたボランティアは他の部隊が脱出している間に地球よりも高く、爆発しても問題ない場所へと飛ばそうと船の支配権を握った。

ゲームプレイ[編集]

大体シリーズの前作と同様に、XCOM: Enemy Unknownではプレイヤーは精鋭軍事組織の指揮官になる。指揮官として、プレイヤーはターン制のエイリアンとの戦闘ミッションで彼あるいは彼女の兵士たちを指揮する。ミッションの合間に、新しい技術を作るときやXCOMの作戦基地を改善するときに組織の研究開発部門に指示を出したり、組織の財政を管理したりする。[6][1]

ターン制を基調とする戦闘には等角3Dの手法が用いられている。プレイヤーは4人から6人からなる人間の兵士かロボットのユニットのチームを操作し、エイリアンを狩ったりそれ以外の目標を達成しようとする。プレイヤーの兵士が範囲内にいて、そこに視界を確保するまで、戦場の霧がエイリアンやその行動を見られなくしている。そして、敵は通常プレイヤーのチームが最初に視界内に来るまで全く行動しない。兵士はアイテムを運んだり、戦闘経験を積むことで特別なアビリティを学ぶことができる。これらアイテムやアビリティの使用はHUD上のツールバーを通して制御されており、敵が現れるまで待ち、その後自動的に攻撃したり、爆発を起こしたり、味方を回復するなどさまざまなことができる。[4][1][14][18]兵士たちは周囲の壁やものを盾にするなどといった防衛策をとることができる。ロボットのユニットは敵を押すために制圧射撃を行ったり、敵から身を隠すために光学迷彩を使うことができる。[15][18][19][20]カットインやダイナミックなカメラの動きが特にゲーム中の盛り上がる瞬間―例えば、連続キルや特別なアビリティの使用時―を演出している。 [5][18][21]このゲームにはシミュレーションRPGの要素―例えばプレイヤーの兵士が多くの戦闘を生き残るにつれて新しいアビリティを手に入れることができるといったもの―が含まれている。[1]オリジナルの超能力戦闘は今作にもある。[22]1994年のオリジナルのゲームプレイの要素は廃止や改変された。タイムユニットシステムや常に表示される網目状のマップやオリジナルのインベントリのシステムは廃止された。転送地点を降りた後の初めのミッションフェイズも廃止された―ミッションは現在部隊が船の外に展開した時点で始まる。敵の位置はランダムに生成されるが、マップのレイアウト自体はされない。[8]戦術的なゲームプレイの要素はいくつかのレビューで戦場のヴァルキュリアen:Silent Stormとの類似性を指摘された。[23][24]

ゲームの戦略的な要素はミッションの合間に存在している。XCOMの地下司令部はアリの巣(Ant Farm)と称される外観が描写されている。[1]この外観から、プレイヤーは進行中の建設や製造や研究プロジェクトの管理をし、科学者や技術者がミッションで取り戻したり、XCOMのスポンサーから受け取った資源をどう使うのか指揮する。「ジオスケープ」と呼ばれる地球のホログラフ画像によりプレイヤーは世界中の状況を逐次把握し、UFOの撃墜の航空機に命じたり、地上のエイリアンと交戦するために兵士を派遣することができる。[5][1][14][18]これはXCOMの構成国のパニックレベルにも影響を及ぼす。そのエリアの状況に応じればパニックは沈静化し、無視すればパニックが上昇するという結果になり、その国がXCOMから脱退する可能性が生じる。「アリの巣(ant farm)」では兵士が休憩する姿やジムでトレーニングしているところなどを見ることができる。また作戦行動中に死亡した兵士の記念碑も見ることができる。[5][18][21][25] 1994年のオリジナルと違う要素は、ゲームの始まりにその位置を選んだXCOMの基地の存在ただ一つだけである。常時発動のボーナスはプレイヤーが基地を設置した大陸によって異なる。エイリアンの活動を見つけ出すために、偵察衛星を打ち上げたり興味の範囲を超えて配置することでアビリティを教化できる。[8]

プラットフォームごとにインターフェースにいくつか違いがあるが、Firaxisの過去作、例えばコンソール向けでもデータをシンプルにしていないCivilization Revolutionなどとは異なる点だ。[26] PCバージョンではマウスに重点を置いたUI「と「MODの機能」を売りにしている。[27]シリーズのベテランはさらなる高難易度でゲームをプレイできる。クラシック(オリジナルに近づけたている)とインポッシブルの2つがあり、それぞれ「鉄人(Ironman)」オプション(セーブ回数の制限)をオンにできる。[28]リードデザイナーのジェイク・ソロモンは度々「もっとも忠実なXCOMの経験」はセーブ&ロードができずにプレイすることだと信じていると発言した。[29]より高難易度では、不運な敵の攻撃一回でプレイヤーの指揮下の兵士が永久に死んでしまう可能性があるといった戦闘のランダム性や、アンノウンや技術的に優勢な敵に対する戦闘の激しい抵抗をものともしない性質が加わり、いくつかの資源には犠牲―兵士あるいは国ですらも―が伴うといった要素はプレイヤーが指揮の重みを感じる寒々しい雰囲気を作るためによりよく結びついている。[30]

このゲームは一対一の戦術バトルのマルチプレイヤーモードも売りにしている。プレイヤーはあらかじめ設定されている予算のポイントを使って最大6人の人間やエイリアン、あるいはその混合チームを組む。人間のユニットは兵器や防具、ガジェットをカスタマイズ可能である。シングルプレイヤーの簡易化バージョンのアビリティ(Perk)システムが提供されている。エイリアンのユニットはカスタマイズすることはできないが、シングルプレイヤーのエイリアンのタイプに対応したアビリティを持っている。[10]

開発[編集]

システム要件
必須動作環境 推奨動作環境
Microsoft Windows
オペレーティングシステム Windows Vista、もしくはWindows 7
CPU 2 GHz デュアルコア以上 2.4 GHzデュアルコア以上
メモリー 2 GB RAM 4GB RAM
ハードディスクの占有スペース 20GBのハードディスク空き容量
グラフィックスハードウェア NVIDIA GeForce 8600 GT、もしくは ATI Radeon HD 2600 XT NVIDIA GeForce 9000シリーズ、もしくはATI Radeon HD 3000シリーズ
サウンドハードウェア DirectX互換のサウンドボード


このゲームは2008年初めに50人から60人ぐらいの人員を投入した「非常に、非常に大きな規模」のプロジェクトとして開発が始まった。[31][32]リードデザイナーはジェイク・ソロモン[6]そのプロトタイプは実のところ、全て古典的なゲームプレイの特徴を持った、1994年のオリジナルen:UFO: Enemy Unknownの非常に素直なリメイクだった。.[5][32]ゲームはその後、最後の成果を作るために追加され、テストされ、削除された特徴など多くの修正を経た。[1]XCOM: Enemy Unknownが公式にそのベールを脱いだのはen:Game Informerで2012年1月5日のことである。[3]

XCOM: Enemy Unknownは2K MarinXCOMとは別に開発された。この2つのゲームは全く別の世界に設定されていが、どちらのゲームの開発者も互いに接触しあっている。[4][5]また、Firaxis Gamesが開発したタイトルの中で、クリエイティブディヴェロップメントのディレクターだが、いつも直接的に開発に携わってこなかったシド・マイヤーの名を冠さないのはこのゲームが初である。[2][33]また、開発者たちはゲームの正しい「感覚」を得る手助けにと内部専用のボードゲームを作った。[34]

インターフェースチームはPC向けとコンソール向けのGUIを別々に作るために半々に分かれた。[35] 全ての開発チームのメンバーがオリジナルのEnemy Unknownをプレイしクリアした。チームに加わった時、プレイしていなかったならそうすることが求められたのだ。[36] X-COMシリーズ初期から働いていたローランド・リゾはゲームの音楽のリーダーとなり、オリジナルゲームの有名な譜面を残したり、手を加える役割が割り振られた。[7] ミカエル・マッキャン(Deus Ex: Human Revolutionの作曲家)もまたゲームの楽曲の作成に取り組んだ。[8] Civilizationシリーズのアートディレクター グレッグ・フェルチュはX-COMの外観を残すことに携わった。[9]古典的なエイリアンの種類を設計しなおすことも含まれる。[37] 狙いはキャラクターに似せたアクションフィギュアへと向けられ[38]、様式化され、明るく、フラットなテクスチャの外観になった。[9]

ゲームのプレイアブルデモが9月24日にSteam[39]10月9日にXbox Live(マーケットプレイスのゴールドメンバーシップ向け)で、10月10日にPlayStation Networkでリリースされた。[40]

リリース[編集]

予約特典として「クラシックX-COMソルジャー」(1994年のオリジナルのX-COMの軍隊をモデルにしたプレイヤーチームの新兵)や別に設定可能な兵士の防具のデザインオプションやカスタマイズできる防具の追加色が含まれていた。[41] SteamでPC版を予約すれば、ValveのTeam Fortress 2のボーナスアイテムとFiraxisの2010年のストラテジーゲームCivilization Vの無料コピーが受取れた。[42]

XCOM: Enemy Unknownは2012年10月9日に北米で、2012年10月11日に日本で、2012年10月12日にオーストラリアとヨーロッパの消費者にリリースされた。また、Steamを介したダウンロード販売も利用可能である。PC向けには2つのエディションがリリースされた。ノーマルエディションと、さまざまなユニークアイテムが含まれていて、アートブックとXCOM司令部の折込ポスターやXCOMの記章パッチ、デスクトップ壁紙やサウンドトラックのようなデジタルの特典のコレクションなどがついているスペシャルエディションである。[41]

批評[編集]

 評価
レビュー結果
レビュー元 結果
1UP.com A[15]
Edge 9/10[43]
Electronic Gaming Monthly 9/5/10[44]
Eurogamer 9/10[45]
G4 4.5/5[46]
Game Informer 9.5/10[47]
GameSpot 8.5/10[48]
GameSpy 星5つのうち5つ[49]
GamesTM 9/10[50]
GameTrailers 9.1/10[51]
IGN 8.2/10[52]
Official PlayStation Magazine (UK) 9/10[53]
Official Xbox Magazine (UK) 9/10[30]
PC Gamer UK 87/100[54]
Play Magazine 94/100[55]
VideoGamer.com 9/10[8]
集計結果
集計元 結果
GameRankings (PS3) 89.24%[59]
(PC) 89.00%[60]
(X360) 88.48%[61]
Metacritic (PS3) 90/100[56]
(PC) 89/100[57]
(X360) 89/100[58]

XCOM: Enemy Unknownの初期バージョンは、特にen:PlayStation: The Official Magazine[62]や、en:Official Xbox Magazine[63]en:Rock, Paper, Shotgun[64]から高い事前評価を受けた。完全版も批評者から高い評価を受けた。en:Game InformerのAdam Biessenerはこのゲームに9.5/10の得点を与え、「すべてのゲームデザイナーが体験すべきまれにみる偉業」と評価した。[47]PLAYのIan Dransfield(9.5/10)はこのゲームを「古典的ゲームの驚くべき再創造であり、それ自体が新たなる古典作品」と呼んだ。[55]en:Destructoid (9.0/10)により卓越していると太鼓判が押され[65]en:Joystiqには「模範的なターン制ストラテジーのゲーム」だと評された。[28]

en:GameSpyのDan Stapletonは5点中5点を与え、コメントした。「1994年の傑作ターン制ストラテジーX-COM: UFO Defenseは今までに作られたゲームの中でも最高の一人用ゲームだと考えている。途方もなく高い水準にあるそれと直接比較してみても、Firaxisの2012年のリメイクXCOM: Enemy Unknownは非常に良い出来だ。」[49]en:GamesTM(9/10)は「価値あるフランチャイズのリブート、確かに今年もっとも中毒度が高いゲームであり、今までのFiraxisのゲームの中でもお気に入り」だと称した。最終的な評価は「新鮮でこれまでのところ本当に―クラッとするぐらいのリブート」である。[50]en:Electronic Gaming MonthlyのJosh Harmonは9.5/10の特典を与え、記述した。「XCOM: Enemy Unknownが驚くべきリメイクであるということは突如としてFiraxisの不朽の偉業を売り出すことになるだろう。開発者はオリジナルの精神を引き継ごうとはしなかった。そうしなくても、彼らは近年の記憶でもっとも新鮮でもっともひきつけられるストラテジーゲームを作るのに十分なぐらい、ひねり、改良し、革新してきた。」[44]

en:EurogamerのRich Stantonによるレビューでは9/10の得点をつけ、XCOM: Enemy Unknownを「勝者」そして「古典を復活させ、新たなる命を吹き込んだ」「並外れたゲーム」だと述べた。[45] G4のAlex Rubens(4.5/5))は「シリーズの尋常でなく濃い帰還であり、全てのターン制タクティクスのファンが経験すべきもの」と呼び、加えて、「オリジナルをプレイしたことがなかったとしても、XCOM: Enemy Unknownは最高のターン制ストラテジーであり、このジャンルの入門にもぴったりだ」と付け加えた。[46] 同じくen:Game RevolutionのDavid Houghtonも4.5/5の得点をつけ、このゲームは欠点はあるが、「ブランドだけでなくジャンルの復活を感じる」と言い添えた。[66] The VergeのRuss Pitts (8.5/10)はゲームの戦略要素の奇妙な2分法を批判したが、戦術的なゲームプレイを称賛し、これを「近年でも最高で最も巧妙なデザインのストラテジーゲームの1つ」と称した。[67] Official Xbox MagazineのEdwin Evans-Thirlwellはこれは「単なるXbox360の最上のストラテジーの体験ではない――それは、あなたのストラテジーゲームへの考えを変えてしまうほどのゲームだ。」と始めた。"[30]

ゲームの最高難易度は賞賛と懸念の両方を受けた。G4のレビューには「エクストリームの難易度はすべてのプレイヤーに受け入れられないかもしれない」とある。[46] そしてOfficial Xbox Magazineは「頼もしいほど執念深い」といった。[30] EGMによれば、「XCOMはプレイヤーを嫌っている。XCOMはプレイヤーに死んでほしがっている。XCOMはプレイヤーが死ぬところを見たい、何度も何度も。」だそうだ。[44] Game Informerはこれを「今世代でもっとも挑戦的で激しいゲーム体験の一つ」とした。[47] PLAYのレビューには「死ぬことがまた流行り出した」とある。[55] en:1UP.comのBob Mackeyはその厳しいゲームプレイを前年のDark Soulsと比較した。[15] そのほかいくつかのレビューでもどうしてこのゲームはプレイヤーを夢中にできるのかということに触れている。[50][68] en:ForbesのErik Kainはそれを「麻薬でいうとマリファナコカインの中間地点ぐらいの」「今までプレイした中でも一番中毒になるゲームの一つ」と呼んだ。[69] DestructoidのAllistair Pinsofはどれだけ容易くこのゲームに没頭できるのか指摘し、読者に「高評価だったけれどハードディスクからXCOMを削除せざるをえなかった。どんなにXCOMには中毒性とリプレイ性があるのかそれでわかるだろう。」といった。[65] 難易度に関する一部の懸念に答え、Firaxisはかなりチャレンジ性を控えめにしたイージーモードを実装するパッチを計画中である。

1994年のオリジナルに関する懐古的な記事ではEurogamerのAlec Meerが両作品を比較し、「X-COMとXCOMは完全に別のゲームであり、どちらにも長所と欠点がある 」という結論に至った。[70] en:VideoGamer.comのChris Schillingによると、「Enemy Unknownはen:Julian Gollopによる1994年のターン制ストラテジーの古典へのリスペクトではあるが、決して上に見ているというわけではない」そうだ。[8] en:Ars TechnicaのCharlie Hallは「結局、これは誰もが予期していたX-Comではない。それ以上で、もっと良い。X-COMのハイレベルな焼き直しを探しているだけなのであれば、間もなく来るであろう'en:Xenonautsに目を向けていればいい。」と書いた。[71]

参照[編集]

  • en:he Dreamland Chronicles: Freedom Ridge - オリジナルの製作者en:Julian Gollopによる、以前失敗したUFO: Enemy Unknownの3Dリメイクの試み[72]XCOM: Enemy Unknownのリードデザイナー、ジェイク・ソロモンはGollopのことを彼の「個人的なヒーロー」であり、「非常に高いレベルで」彼と連絡を取ったと言った。[73]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Dissecting A Classic: How To Modernize X-COM” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e Sid Meier Talks XCOM: Enemy Unknown” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  3. ^ a b c February Cover Revealed: XCOM: Enemy Unknown” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  4. ^ a b c XCOM: Enemy Unknown: Interview” (英語). Strategy Informer. 2012年10月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f XCOM: Enemy Unknown: What's New, What's Not” (英語). GameSpot. 2012年10月12日閲覧。
  6. ^ a b c Why Firaxis Loves X-COM” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  7. ^ a b The Unsettling Music Of XCOM: Enemy Unknown” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  8. ^ a b c d e f ネオン・ケリー Three things you didn't know about Firaxis' XCOM: Enemy Unknown, VideoGamer.com, 07/03/2012
  9. ^ a b c The Art Of XCOM: Enemy Unknown” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  10. ^ a b XCOM: Enemy Unknown multiplayer preview” (英語). PC Gamer. 2012年10月12日閲覧。
  11. ^ a b XCOM: Enemy Unknown launches retail operations October 9” (英語). Joystiq. 2012年10月12日閲覧。
  12. ^ News: New XCOM: Enemy Unknown details revealed” (英語). Strategy Informer. 2012年10月12日閲覧。
  13. ^ XCOM: Enemy Unknown PC版が日本語に対応 オンラインにて先行予約開始”. 2012年11月9日閲覧。
  14. ^ a b c d e First Screens And Details Of XCOM: Enemy Unknown” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  15. ^ a b c d e XCOM Enemy Unknown Brings Back the '90s” (英語). 1UP.com. 2012年10月12日閲覧。
  16. ^ XCOM hands-on: Xbox 360's best strategy game is also the scariest Part 1” (英語). "Official Xbox Magazine". 2012年10月12日閲覧。
  17. ^ XCOM: Enemy Unknown "Last Stand" E3 2012 Trailer” (英語). 2K Games. 2012年10月12日閲覧。
  18. ^ a b c d e Preview: XCOM: Enemy Unknown” (英語). GameSpy. 2012年10月12日閲覧。
  19. ^ Time For A Change: Firaxis On XCOM, Part 3” (英語). Rock, Paper, Shotgun. 2012年10月12日閲覧。
  20. ^ Preview: Saving men and mankind in XCOM: Enemy Unknown” (英語). Destructoid. 2012年10月12日閲覧。
  21. ^ a b XCOM: Enemy Unknown Features” (英語). UGO Networks. 2012年10月12日閲覧。
  22. ^ A Remake That Lives Up To Its Legendary Provenance - XCOM: Enemy Unknown - Xbox 360” (英語). www.GameInformer.com (2012年10月5日). 2012年10月9日閲覧。
  23. ^ Why You Should Care About XCOM: Enemy Unknown” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  24. ^ XCOM: Enemy Unknown lead designer discusses original creator’s thoughts on the remake (interview)” (英語). VentureBeat. 2012年10月12日閲覧。
  25. ^ Interactive Ant Farm: Exploring XCOM’s HQ” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  26. ^ Bringing XCOM: Enemy Unknown to a modern console audience” (英語). Destructoid. 2012年10月12日閲覧。
  27. ^ XCOM: Enemy Unknown will support mods and have a "standalone PC tactical UI"” (英語). PC Gamer. 2012年10月12日閲覧。
  28. ^ a b Richard Mitchell, XCOM: Enemy Unknown review: Close encounters, Joystiq, Oct 8th 2012
  29. ^ Talkin' XCOM: Enemy Unknown Difficulty with Firaxis' Jake Solomon and Garth DeAngelis” (英語). 2012年10月12日閲覧。 “Classic Ironman is what I consider to be the truest form of the game”
  30. ^ a b c d XCOM: Enemy Unknown Review” (英語). Official Xbox Magazine. 2012年10月12日閲覧。
  31. ^ Firaxis: XCOM is a "very, very big budget game"” (英語). Eurogamer. 2012年10月12日閲覧。
  32. ^ a b Know Your Enemy: Firaxis On XCOM, Part 1” (英語). Rock, Paper, Shotgun. 2012年10月12日閲覧。
  33. ^ The Future Of Strategy Games: An Interview With Sid Meier” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  34. ^ XCOM: Enemy Unknown Interview - Podcast Unlocked” (英語). IGN. 2012年10月12日閲覧。
  35. ^ Firaxis split XCOM teams into PC and console UI development” (英語). StrategyInformer. 2012年10月12日閲覧。
  36. ^ Death & Chrysalids: Firaxis On XCOM, Part 2” (英語). Rock, Paper, Shotgun. 2012年10月12日閲覧。
  37. ^ Alien Breeds: The Evolution Of XCOM’s Enemies” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  38. ^ XCOM: Enemy Unknown Seeks to Recapture the Series’ Former Glory (VID)” (英語). GameFront. 2012年10月12日閲覧。
  39. ^ Dan Stapleton, XCOM: Enemy Unknown Demo Now on Steam, GameSpy, Sep 24, 2012
  40. ^ Wesley Yin-Poole, XCOM: Enemy Unknown demo on Xbox Live now, PSN tomorrow, Eurogamer, 9 October 2012
  41. ^ a b XCOM: Enemy Unknown gets release date, special edition” (英語). ComputerAndVideogames.com. 2012年10月12日閲覧。
  42. ^ Pre-purchase XCOM: Enemy Unknown on Steam” (英語). 2012年10月12日閲覧。
  43. ^ Edge Staff, XCOM: Enemy Unknown review, Edge Online, October 8, 2012
  44. ^ a b c Josh Harmon, EGM Review: XCOM: Enemy Unknown, EGMNOW, October 9, 2012
  45. ^ a b XCOM: Enemy Unknown review” (英語). EuroGamer. 2012年10月12日閲覧。
  46. ^ a b c Alex Rubens. “XCOM: Enemy Unknown Review for Xbox 360” (英語). G4tv. 2012年10月12日閲覧。
  47. ^ a b c XCOM: Enemy Unknown Review” (英語). Game Informer. 2012年10月12日閲覧。
  48. ^ Kevin VanOrd, XCOM: Enemy Unknown Review, GameSpot, October 8, 2012
  49. ^ a b Dan Stapleton, XCOM: Enemy Unknown Review: Terror, tension, tactics, and triumph., GameSpy, Oct 8, 2012
  50. ^ a b c XCOM: Enemy Unknown review: Can Firaxis recreate the strategic perfection of Julian Gollop’s original X-COM?, gamesTM, 8 Oct 2012
  51. ^ XCOM: Enemy Unknown - Review, GameTrailers, 10/08/12
  52. ^ XCOM Enemy Unknown Review” (英語). IGN. 2012年10月12日閲覧。
  53. ^ David Houghton, Xcom Enemy Unknown PS3 review ? Middle management has never been so badass, Official PlayStation Magazine, October 8, 2012
  54. ^ Evan Lahti, XCOM: Enemy Unknown review, PC Gamer, October 8, 2012
  55. ^ a b c XCOM: Enemy Unknown Review ? PS3” (英語). Play Magazine. 2012年10月12日閲覧。
  56. ^ XCOM: Enemy Unknown for PlayStation 3 Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic” (英語). Metacritic. 2012年10月24日閲覧。
  57. ^ XCOM: Enemy Unknown for PC Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic” (英語). Metacritic. 2012年10月24日閲覧。
  58. ^ XCOM: Enemy Unknown for Xbox 360 Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic” (英語). Metacritic. 2012年10月24日閲覧。
  59. ^ XCOM: Enemy Unknown (PlayStation 3)” (英語). GameRankings. 2012年10月24日閲覧。
  60. ^ XCOM: Enemy Unknown (PC)” (英語). GameRankings. 2012年10月24日閲覧。
  61. ^ XCOM: Enemy Unknown (Xbox 360)” (英語). GameRankings. 2012年10月24日閲覧。
  62. ^ XCOM: Enemy Unknown Preview” (英語). "PlayStation: The Official Magazine". 2012年10月12日閲覧。
  63. ^ 10 things I love about XCOM” (英語). "Official Xbox Magazine". 2012年10月12日閲覧。
  64. ^ Hands-On: Forty Hours With XCOM” (英語). "Rock, Paper, Shotgun". 2012年10月12日閲覧。
  65. ^ a b We’ve finally arrived, Destructoid, 10.08.2012
  66. ^ Daniel Bischoff, X-COM: Enemy Unknown Review, GameRevolution, 10/12/12
  67. ^ Russ Pitts, 'XCOM: Enemy Unknown' review: blinded by science, The Verge, October 8, 2012
  68. ^ Steve Watts, XCOM: Enemy Unknown review: a space odyssey, Shacknews.com, Oct 09, 2012
  69. ^ Erik Kain, 'XCOM: Enemy Unknown' Review - Part Two: Better To Have Loved And Lost, Forbes, 10/16/2012
  70. ^ Alec Meer, UFO: Enemy Unknown retrospective, Eurogamer, 14 October 2012
  71. ^ Charlie Hall, Review: XCOM: Enemy Unknown is a credit to the name, Ars Technica, Oct 8 2012
  72. ^ Julian Gollop on XCOM” (英語). Edge. 2012年10月12日閲覧。
  73. ^ Graham Smith, Everything you need to know about XCOM: Enemy Unknown, PC Gamer, February 29, 2012

外部リンク[編集]