W32TeX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
W32TeX
作者 角藤亮
初版 1994年(24年前) (1994
最新版 2017/04/22
対応OS Windows
対応言語 日本語
サポート状況 活発
種別 TeXディストリビューション
公式サイト W32TeX(日本語)
W32TeX(英語)
W32TeX(簡体字中国語)
テンプレートを表示

W32TeX は、角藤亮pTeX, pLaTeXWindows 32bit に移植したディストリビューションである。近年ではWindows 64bit版用も配布されるようになった。

日本語TeX としての普及[編集]

TeX のディストリビューションとして、2006年までは teTeX が主流だった。teTeX には、日本語を扱う pTeX, pLaTeX は入っておらず、これらを Windows 32bit に移植したのが W32TeX である。

2006年5月に teTeX のメンテナー Thomas Esser は開発の終了を宣言し、代わりに TeX Live を使うことを勧めた。それに伴って、近年では W32TeX も TeX Live を取り込むようになった。

更新履歴[編集]

引用[編集]

  1. ^ http://ossipedia.ipa.go.jp/article/17/

外部リンク[編集]