TOKYOインフォメーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

TOKYOインフォメーション(とうきょうインフォメーション)は、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で毎週月曜日 - 金曜日に放送されている東京都提供の広報番組である。『モーニングCROSS』に内包する形で放送している。

2014年4月から、タイトルロゴの表記が「東京インフォメーション」に改められている。

本項では2020年4月20日より放送を開始した『東京インフォメーションイブニング』についても述べる。

概要[編集]

この番組(コーナー)では東京都の都政情報、都からの広報などを5分にまとめて伝える。

本局では開局から1999年4月まで「東京NEWS」という12時間のニュース番組が一日数回に分けて放送されており、各パートに(たいていは各放送時間の最後に)10分間の東京都提供「スクエア1200」というコーナーがあった。スクエア1200自体の大半の時間を占めるメイン企画は都政色の薄いものであり内容は時間帯毎に異なったが、各10分間の最後数分間で「TOKYOインフォメーション」として都政情報や広報が放送されていたのがそもそもの始まりである。

1999年4月の改編で『東京NEWS』が終了したことで『スクエア1200』も消滅し、代わって『白沢みきのモーニングTOKYO』(2003年3月終了)時代から毎朝7時台・11時台の「おしゃれ」・21時台のニュース、日曜日の夕方には一週間の動きを伝える『 - WEEKEND』も放送されていた。2014年現在、『モーニングCROSS』に至るまで続いている。

現在は7時15分開始と固定されていることから、正確には提供の異なる別番組である(いわゆるサンドイッチという形式)。

U LA LA ナナパチ』時代まではTOKYO MXのスタジオにあるマルチスクリーンをバックに行われていたが、『チェックタイム』では同じ半蔵門のTOKYO MX第1スタジオから行われるようになった。ただし『チェックタイム』が放送休止時に限り、マルチスクリーンをバックに行われていた。同番組終了で、朝の『TOKYO MX NEWS』に内包されている間は、合成による背景をバックに行われていたが、『モーニングCROSS』開始とともにマルチスクリーンをバックに行う形に戻り、情報カメラ映像をバックにした形態を経て、2016年度時点では『モーニングCROSS』のセットのメインキャスター席の隣で進行する形態となっている。

2014年4月時点のタイトルロゴは、紺色で「東京」、紫色で「インフォメーション」と表記し、その間に東京スカイツリーのシルエット、さらにロゴの左端に東京タワーのシルエットが入っている。

また、この番組単体のCMも放送されている。

2020年4月20日より同番組の夕方版『東京インフォメーションイブニング』の放送を開始。主に新型コロナウイルス感染症に関する最新情報、東京都の取組、相談窓口の紹介や施設・イベントの休止情報、予防対策などのQ&Aなどを伝える。出演者は朝版と同様、平川彩佳(月・火曜)・久保井朝美(水〜金曜)が担当する[1][2]

番組の流れ[編集]

東京インフォメーション[編集]

  1. CGによるオープニング映像とテーマ音楽が流れ、「東京インフォメーション」のタイトルを表示。
  2. 担当キャスターが「おはようございます。○月○日○曜日の東京インフォメーションです。」と挨拶。
  3. 画面に文字によるヘッドライン4項目が表示され「広報 東京都[3]」などから都政の最新情報・広報を紹介する。
  4. 担当キャスターが番組の公式サイトの告知を行った後、「以上、東京インフォメーションでした。」と挨拶して終了。この時、公式サイトのアドレスの字幕の横に「PrefSymbol-Tokyo.svg東京都」のロゴが表示される。

東京インフォメーションイブニング[編集]

  1. 朝版と同じく、CGによるオープニング映像とテーマ音楽が流れ、タイトルが表示。
  2. 担当キャスターが「『東京インフォメーションイブニング』です。ここからは新型コロナウイルス感染症に関する東京都の取組などをお伝えします。」と挨拶。
  3. 新型コロナウイルス感染症に関する最新情報を2項目伝える。
  4. 担当キャスターが「ここまで『東京インフォメーションイブニング』でした。」と述べた後、東京都公式動画チャンネル「東京動画」や東京都の公式YouTubeチャンネルで配信する「東京都 新型コロナウイルス感染症 最新情報」の告知をして終了。

内包先の番組・放送時間の変遷[編集]

TOKYOインフォメーション→東京インフォメーション[編集]

原則として、平日のワイド番組内にて放送。

東京インフォメーションイブニング[編集]

  • 2020年4月20日 - :18:25 - 18:30[1]
    祝日:18:15 - 18:20

祝日の対応[編集]

2005年度から2009年度まで、祝日は原則として本番組(コーナー)を内包しているワイド番組本体が休止だったことから、この番組(コーナー)のみ独立した5分番組として放送し、担当キャスターのみで進行していた。

担当キャスター[編集]

現在
過去

ほか

備考[編集]

  • 2011年9月まで、開始および終了時は、内包先番組のアシスタント(『U・LA・LA@7』では「学生アナウンサー」)と一緒に進行し、冒頭でアシスタントが「TOKYOインフォメーションは○○さんです。」と、担当キャスターを紹介して始まっていた。
  • 『U・LA・LA@7』時代は、すべての情報紹介の後、キャスターが「以上、TOKYOインフォメーションをお伝えしました。」で締め、さらに学生アナウンサーが「TOKYOインフォメーションは○○さんでした。続いてお天気をお伝えします。」とコメントし、天気情報→「芸能う・ら・ら」の告知→CMの順に進行していた。
  • 『ULALAナナパチ』時代は冒頭から担当キャスターのみで進行し「TOKYOインフォメーションをお伝えします。」で始まっていた。また終了時はキャスターが「以上、TOKYOインフォメーションをお伝えいたしました。お知らせの後は、ニュースをお伝えいたします。」で締めていた。
  • 『チェックタイム』放送時は冒頭、番組MCが「TOKYOインフォメーションは○○さんです。」と振り、キャスターが「はい、お伝えします。」と挨拶する形式だった。
  • 朝の『TOKYO MX NEWS』時代は村上幸司キャスターが「お知らせの後はTOKYOインフォメーションです。今日は○○さんに伝えていただきます」とコメントし、CMを挟んで開始していた。
  • 『モーニングCROSS』初期は番組MCからの前振りコメントは一切行われていなかった(脊山麻里子による「以上、気象情報と鉄道情報をお伝えしました」の一言のみでそのままCMに入り、本コーナーへと繋がる形式。もしくは本コーナーの後に行われるコーナーの告知)。
  • 2015年4月以降は女性MCが担当キャスターを紹介し、CMを挟んで開始する形式になっている。
  • 『モーニングCROSS』開始当時はコーナー終了後CMを挟んで本編に戻っていたが、2016年4月以降は担当キャスターが締めの挨拶をすると『モーニングCROSS』MCとの映像に切り替わり、MCとキャスターが短いトーク(主に本コーナーで取り上げた話題に関するもの)を展開した後に次のコーナーへ入る形になっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 2020年4月20日(月)番組表”. TOKYO MX. 2020年6月29日閲覧。
  2. ^ “新型コロナウイルス感染症に関する情報をお伝えします” 東京都提供テレビ番組「東京インフォメーションイブニング」の放送を開始します!”. 東京都. 2020年5月12日閲覧。
  3. ^ WEB広報東京都
  4. ^ メインMCの白沢みきがそのまま担当(よってこの時だけは完全に内包された形に近かった)。
  5. ^ a b 当時同番組をネットしていたKBS京都ではミュージックビデオ番組『μ-Point』に差し替えていた(モーニングサプリ開始当初の半年間まで)。
  6. ^ a b 振替休日を含む。1月1日元日のため除く。

外部リンク[編集]

TOKYO MX1 平日 18:25 - 18:30枠
前番組 番組名 次番組
news TOKYO FLAG
※5分短縮して継続
東京インフォメーションイブニング
-