sense of wonder

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
sense of wonder
梶裕貴シングル
B面 夜の魔法
HOME
リリース
規格 マキシシングル
録音
  • Studio Magic Garden
  • LAB recorders
  • Bunkamura Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル Lantis
作詞・作曲 梶裕貴(作詞)
高阪昌至(作曲)
プロデュース 斎藤滋
チャート最高順位
梶裕貴 シングル 年表
sense of wonder
(2012年)
Hello!
(2012年)
テンプレートを表示

sense of wonder」(センス・オブ・ワンダー)は、梶裕貴の楽曲。彼の1枚目のシングルとして2012年2月22日Lantisから発売された。

概要[編集]

自身の歌手デビュー作品であり[9]、収録されている曲の作詞は全て自身が手掛けている[10]。また、歌手活動を開始する事は自身の誕生日の2011年9月3日[11]、本作のリリース発表は同年11月27日にランティスの公式サイトで発表された[11]。初回生産限定盤は豪華ブックレットが同梱、スリーブケース仕様になっている[10]

DVDが同梱されており、表題曲「sense of wonder」のPV、ディスクジャケット、PVのメイキング映像が収録されている。PVの内容は、曲と歌詞の世界観に梶の思い描いているイメージを取り入れて制作された。完成時は「真っ白な所にカラフルな絵の具が飛び散る絵が浮かんだ。」という[12]

本作の発売を引っ提げたキャンペーン『梶裕貴 まるかじりキャンペーン』が開催された。内容は店舗別特典「スタンドポップ(梶パネっ)」が同梱される「梶裕貴がいろんなお店をまるかじりっ!」、2012年2月25日3月3日にそれぞれ東京、大阪で「梶裕貴を東京・大阪でまるかじり!」の2種イベントが展開された[13][14]。また、同イベントの東京公演のダイジェスト映像が3月15日に自身の公式ホームページで公開された[15][16]

主な記録[編集]

2012年3月5日付のオリコン週間シングルチャートで11位を獲得[1]。初動売上は1.0万枚を記録した[2]。デイリーチャートでは2月21日、2月23日付で11位[17][18]、2月22日付で最高位の7位[3]、2月24日、2月25日付で12位、2月26日付で22位、2月27日付で15位を獲得した。また、2012年2月度の月間チャートでは38位を獲得。推定売上枚数は1.1万枚を記録した。

2012年3月5日付のBillboard JAPAN HOT 100で55位、Billboard JAPAN Hot Singles Salesで9位、Billboard Hot Animationで7位を獲得した。また、2012年2月20日から2月26日調査分のサウンドスキャンの週間シングルCDソフトTOP20では13位[4]、2012年3月3日放送分のCOUNT DOWN TV内のThis Week's TOP 100では17位[5]

2012年2月13日付のアニメロミックス週間着うたチャートで表題曲「sense of wonder」の着うたが首位を獲得した[6][7]。また、配信開始日の2012年2月8日付のアニメロミックス着うたデイリーランキングでは、表題曲「sense of wonder」が首位、カップリング曲の「夜の魔法」が2位[19][20]、2012年2月度のアニメロ着うたフル TOP100で51位を獲得した[8]

収録曲[編集]

(全作詞:梶裕貴

  1. sense of wonder [4:37]
    作曲:高阪昌至、編曲:清水哲平
    暖かさと明るさを感じさせるポップな曲で、タイトルは中学英語の授業で習ったレイチェル・カーソンの本から付けられた[12]
    レコーディング開始前に歌い方を複数考えていたが、唄入れを行っていくうちに「自然体な歌い方になった。」と語っている[22]
  2. 夜の魔法 [4:14]
    作曲:mixakissa、編曲:宮田優一
    レコーディング開始寸前まで選曲が難航したため、スタッフから違う雰囲気の曲を入れる事が提案されたが、「sense of wonder」の世界観を壊したくなかったため、提案には乗り気でなかったが、最終的に他の2曲と雰囲気が違う曲調に落ち着いた。歌詞の内容は梶の癖が反映されたものとなっている[22]
  3. HOME [5:26]
    作曲・編曲:福富雅之
    梶の親に対する感謝が綴られた楽曲で、CD発売の2日後が梶の母親の誕生日になっている。曲を電車の中で初めて聴いたとき、「さぁ おうちへ帰ろう」というサビが脳裏に浮かんだため、この曲に親への想いを入れようと考えた[12][8]
  4. sense of wonder(Instrumental
  5. 夜の魔法(Instrumental)
  6. HOME(Instrumental)
DVD
  1. sense of wonder(Music Clip) [4:47]
  2. Making of "sense of wonder" [10:32]

クレジット[編集]

YUKIKAJI drawings THE NEW WORLD
Artists Management 桑原敦(ARTSVISION
野上尚寿(ARTSVISION)
Artists Management Desk 平形吏絵(ARTSVISION)
A&R Director 上村佳也(Lantis)
Support Director 大久保隆一(I will)
Recording Engineer 森田信之
福原賢一(VeryGoo)
篠原麻梨
Recording Studio Studio Magic Garden
LAB recorders
Bunkamura Studio
Mastering Engineer 袴田剛史
Mastering Studio FLAIR
DVD Authring ビデオテック
Promoter in Chif 鈴木めぐみ(Lantis)
Main Promoter 太田淳(Lantis)
Promoter 松本孝之(Lantis)
Sales Promotion in Chif 佐橋計(Lantis)
Sales Promotion 臼倉竜太郎(Lantis)
杉谷恵美(Lantis)
Creative Producer 小島冬樹(Lantis)
Creative Management 酒寄祐子(Lantis)
CD Jacket STAFF
Art Direction & Design 鈴木大介
Photographer 大山ケンジ
Styling 川村繭美
Hair & Make-Up 木下京子(addmix)
Promotion Video VTR STAFF
Video Producer 末広哲士
Lighting 稗田晋一(DOME)
Decorator 横井結湖
Camera Assistant 山下智博(Spice)
Light Assistant 小野塚伸明(DOME)
滝口晴貴(DOME)
Property Master 岩久保香織
Editor 斎藤靖史(SALMIX)
Edit Assistant 神谷真弘(SALMIX)
MA 小牧修二
Video-Production ゴイス(株)
Production Manager 岩崎菜美子
Production Assistant 丸山友里加
豊田真由
山口さやか
Video Director & Camaera 河谷英夫
Producer 斎藤滋(Lantis)
Executive Director 伊藤善之
Executive Producer 江崎加子男(ARTSVISION)
井上俊次(Lantis)

参加ミュージシャン[編集]

sense of wonder
Mixing Engineer 白井康裕(Sound City)
Drums 玉田豊夢
Bass 渡辺等
Piano 紺野紗衣
Guitar 清水哲平
Strings Arrangement 虹音
Strings 大先生室屋ストリングス
夜の魔法
Mixing Engineer 高田浩太郎(Sound City)
Drums 宮田繁男
Bass 田辺トシノ
Guitar 宮田優一
HOME
Mixing Engineer 白井康裕(Sound City)
Drums 宮田繁男
Bass 入江太郎
Piano 紺野紗衣
Guitar 福富雅之

脚注[編集]

  1. ^ a b YUKI_KAJI (2012年2月27日). “「sense of wonder」オリコンウィークリーランキング、第11位でした...”. 梶裕貴. 2012年2月29日13:49閲覧。
  2. ^ a b 梶裕貴の1stシングルが1万枚超えで週間チャート11位と大健闘”. おた☆スケ. にゅーあきば (2012年2月29日). 2012年2月29日13:53閲覧。
  3. ^ a b YUKI_KAJI (2012年2月23日). “ご報告です!「sense of wonder」22日付オリコンデイリーランキング...”. 梶裕貴. 2012年2月29日13:50閲覧。
  4. ^ a b 週間 CDソフト TOP20 2012年2月20日〜2012年2月26日 調査分”. サウンドスキャン (2012年2月29日). 2012年2月29日閲覧。
  5. ^ a b This Week's TOP 100 Ranking Date : 2012/03/03”. COUNT DOWN TV (2012年3月3日). 2012年3月4日10:12閲覧。
  6. ^ a b YUKI_KAJI (2012年2月15日). “アニメロの着うたウィークリーランキングで...”. 梶裕貴. 2012年2月16日02:12閲覧。
  7. ^ a b tamtam____ (2012年2月15日). “2/22発売、梶裕貴さん1stシングルから...”. たむたむ. 2012年2月16日02:12閲覧。
  8. ^ a b c 『アニカン Vol.106 2012年4月号』、エムジーツー、2012年4月、 15頁。
  9. ^ 梶裕貴ソロデビュー決定 2012年2月にソロシングル発売”. オタラボ【otalab】 (2011年12月1日). 2012年1月17日01:20閲覧。
  10. ^ a b 人気声優・梶裕貴が全曲本人作詞の1stシングルをリリース!”. リッスンジャパン (2012年1月5日). 2012年1月17日01:24閲覧。
  11. ^ a b 2012年2月22日梶裕貴 ソロシングル発売決定!!”. Lantis (2011年11月27日). 2012年1月17日01:17閲覧。
  12. ^ a b c 声優グランプリ2012年3月号』、主婦の友社、2012年1月、 36頁。
  13. ^ Special (2011年12月26日). “1stシングル「sense of wonder」発売記念キャンペーン”. 梶裕貴 Yuki Kaji Official Web Site. 2012年1月17日01:32閲覧。
  14. ^ 梶裕貴ソロ活動スタート記念!スタンドポップをプレゼントなどキャンペーン決定”. オタラボ【otalab】 (2011年12月25日). 2012年2月6日18:06閲覧。
  15. ^ kaya_0707 (2012年2月24日). “そして、明日は「梶裕貴を東京でまるかじり」な日でございます...”. 佳也. 2012年3月21日18:25閲覧。
  16. ^ kaya_0707 (2012年3月15日). “梶裕貴さん、まるかじりキャンペーンの映像を梶さんHP...”. 佳也. 2012年3月21日18:27閲覧。
  17. ^ CDデビューを果たした梶裕貴がデイリーチャートで11位と好発進”. おた☆スケ. にゅーあきば (2012年2月22日). 2012年2月29日14:02閲覧。
  18. ^ kaya_0707 (2012年2月22日). “梶裕貴 1stシングル「sense of wonder」2012年2月21日付...”. 佳也. 2012年2月29日14:05閲覧。
  19. ^ YUKI_KAJI (2012年2月9日). “アニメロの着うたDL・デイリーランキングで...”. 梶裕貴. 2012年2月16日02:21閲覧。
  20. ^ tamtam____ (2012年2月9日). “アニメロのデイリー着うたランキング...”. たむたむ. 2012年2月16日02:23閲覧。
  21. ^ kaya_0707 (2012年1月31日). “梶裕貴さん1stシングル「sense of wonder」がテレビ東京...”. 佳也. 2012年2月5日21:09閲覧。
  22. ^ a b アニカンVol.105』、MG2、2012年3月、 20頁。

外部リンク[編集]