Sega R-360

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

R-360(アールさんろくまる)は1990年11月に発表された、セガ(後のセガ・インタラクティブ)の体感型ゲーム筐体である。

概要[編集]

x軸とz軸方向に360度の回転機構を持つ体感ゲーム用筐体である。筐体価格が1600万円もするが、当時の体感ゲームブームと、それまでに無い可動機構により、高額な筐体の割りに出回りは悪くなかった。

なお標準のプレイ料金は、通常のビデオゲームは100円、既存の体感ゲームは200円が普通だったのに対して、500円と高かった。都心繁華街の設置店では、高額なプレイ料金にしては平日夕方以降引っ切り無しにプレイする人がおり、なかなかの稼働率だった。一方で、立地条件的に稼働率があまり良くなかった店もあった模様である。

安全機構として、周囲をセンサーで張り巡らせている。また、体感ゲームにシートベルトが装備されていても殆んど使われていなかった当時にあって、当機はプレイヤーが逆さまになる状況があり得るため、従来のシートベルトに相当する固定機構を活用しないと、ゲームが開始しない様になっていた。具体的には、セーフティーバーを下ろし、左右のシートベルトをセーフティーバーの腹にあたる部分に差し込み、自動車のサイドブレーキ状のレバーを引いてセーフティーバーが固定する必要があった。

筐体内、搭乗者の右壁面には停止ボタンが設けられ、気分が悪くなった搭乗者が筐体の動きを止める事が出来た。

モニターは筐体内とアテンダントのそばにあるものの2つあり、後者は表示に滲みはなかった。対して前者は画像表示が滲み、回転の向き、角度などの状況によっては地磁気の影響を受け、画面が変色する現象も見られた。

使用ソフトウェア[編集]

R360とは筐体の名称であり、R360用に開発されたいくつかのゲームソフトが存在した。

  • G-LOC - 標準搭載のソフト。詳細は後述。 R-360の時間制限式オペレーションに合わせたルール変更に加え、非常停止ボタンやシートベルトなど保安設備の説明をアドバタイズ画面に追加。ゲームプレイの「実戦コース」と、鑑賞モードの「体験コース」が選択可能だが、実戦コースしか選択出来ない設定の店が少なくなかった。
  • ストライクファイター - 後述。
  • ラッドモビール - 登場後しばらくして、アミューズメントマシンショーで参考出展された。
  • ウィングウォー - 発売時には既に日本国内では大半の筐体が撤去されていたため、国内での稼動実績は少ない。このソフトのみ筐体間通信プレイが可能な模様である。


G-LOC: Air Battle[編集]

1990年4月に発売された、空戦を題材とした3Dシューティングゲーム。開発はAM2研ギャラクシーフォースにも使用されたシステム基板・Yボードの採用でアフターバーナーに比べグラフィック面が強化された。地表やポリゴンで描かれたように見えるオブジェクトも実はスプライトで表現されている[1]。 ただし基本的なルールはアフターバーナーと異なっており、制限時間内で撃破数ノルマ達成により次のラウンドへ進むことができる。

R-360版に先行し、F-14戦闘機を模した外装とダブルクレイドル機構が特徴のDX筐体、座席のないアップライト筐体に組み込まれた単体製品としても販売された。

  • 自機はアフターバーナーのF-14XXとよく似た架空機、A8M5[2]MkII、"ZEEK"[3]

ルール[編集]

  • ミッション冒頭において規定撃墜数が指示される。制限時間内に達成できればクリア。
  • コイン投入後、初級・中級・上級からコースを選ぶ。初級ではスロットルレバー操作が省略される。
  • 通常はコクピットからの視点で、アフターバーナーと大きく異なる。正面のHUD中央に機銃のレチクルがある。またHUDはミサイルのロックオン可能な範囲を示しており、HUD内に敵機を捉えると照準が敵機に向かって移動し、ミサイルシーカーのロックオンが完了すると誘導ミサイルが発射できる。HUDの他、計器類にはダメージ警告、スロットル位置、ミサイル残弾や敵機の位置を示すレーダーが表示される。
  • 突然自機後方からの視点に切り替わり、敵機に背後を取られたことを示す。視点移動中も各種操作は可能であるが、同時に時間もカウントダウンされている。なお、後方視点でも残弾数など必要な情報は画面上に表示されている。
  • アフターバーナーシリーズと異なり、ミサイルのロックオン動作がやや緩慢である。(R-360版では高速化された)
  • ミッションクリアのたびにミサイル残弾の清算が行われる。上記ロックオン速度とあいまって爽快感やスピード感に欠けるとの評も。
  • ミサイル残弾はミッションクリアごとに最大数まで補充されるが、ミサイル残弾数が多いほど制限時間のエクステンドが増える。したがって、できるだけ機銃掃射で撃墜数を稼ぐことが重要になる。
  • 被弾するとコクピットの風防に弾痕が入り、損害状況や被弾箇所が表示されるがミッションクリア時に元に戻る。
  • 全ミッションをクリア後、母艦に着艦してゲームクリア。メガドライブスーパー大戦略と似た戦闘レポートが表示されれる。


家庭用移植版[編集]

日本国内ではゲームギアメガドライブに移植されたが、21世紀に入り、ゲームギア版に通信対戦機能などの追加要素を加え、
2012年9月26日より"G-LOC AIR BATTLE"として3DSバーチャルコンソールに配信された。
2019年3月、SEGA AGESシリーズとして、アーケード版オリジナルのSwitch移植計画が発表された。配信日未定。
日本未発売ながらマスターシステムコモドール64ZX_Spectrumなどにも移植されているが再現性は低い。

ストライクファイター[編集]

1991年に発売された、上記・G-LOCのマイナーチェンジ版である。 グラフィック上の変更点は少ないが、制限時間やノルマ制が廃止されたため、アフターバーナー同様シームレスに進行するスピーディーな展開となった。 他のタイトル同様、本来はR-360以外の通常筐体向けに製作されたものである。

家庭用移植版[編集]

アフターバーナーIIIと改題の上、更なるアレンジが施された家庭用移植版が後に製作された。

1992年12月18日 - メガCD版発売。
1992年 - CSK総合研究所よりFM_TOWNS版発売。

余談ながら、2000年NAOMI基板を採用した新作アーケード機セガ・ストライクファイターが発売されているが、ノルマ制復活によりむしろG-LOC寄りに戻った。

運用[編集]

実運用はそれほど華々しいものではなかった。初期は、設計強度の不足、センサーの誤作動等で、たびたび運用停止する不都合などがあり、致命的な事故こそおきていないが、不注意な運用によるトラブルは時折起きていた。また1600万円という高額で巨大な筐体は、搬入搬出や設置に多大な手間を要した。また、仕様上アテンダントが常時1名つくことが指示されていることから運用コストも高かった。

プレイヤーも、手荷物のほか、飛散・落下防止のためにポケットの中身をすべてアテンダントに預けなければならなかった。ゲーム自体も、単調な上にプレイ時間が短かった。

これらの要素があいまって、殆どの店舗では、単に坪単価の悪い機械という印象を抱かれていた。

セガはこの機種を境に、ゲームセンター向けの大掛かりなムービング筐体の製作を徐々に控えるようになり、汎用のものをデコレートする方式に変化した。

エピソード[編集]

  • R-360の制作時、データを取るために中裕司ら数名の幹部社員をR-360のコクピットに乗せ、社屋の屋上で人力で転がした。中は、データ取りだということを下ろされた後に聞かされたと言う。
  • G-LOCの体験コースは最初に「エースパイロットの操縦をお楽しみ下さい」という趣旨の表示がなされるが、必ず撃墜される。
  • G-LOCの実戦コースは「TIME 120.00」と画面に表示されるが、実際のプレイ時間は90秒程である。
    • ゲーム内容は、空母(上空から見下ろし)→秒読み→発艦→「敵部隊を全力で撃破せよ」という趣旨の表示(正確表記の情報募集)後、コクピット視点になって持ち時間のカウントダウン開始(ゲーム開始)→持ち時間0到達(ゲーム終了)→空母着艦開始→着艦成否のシーン、という展開となっており、この間、R-360版G-LOCのBGM「Earth Frame G」(両コース共通)が流れる。このBGMの全長は2分10秒程度で、空母~ゲーム開始までと、ゲーム終了~着艦成否のシーンの所要時間が合計で10秒には収まらないため、プレイ時間の正味が2分以内に時短されている事が分かる。
  • G-LOCで空母着艦時にミサイル、バルカン、スタートの3ボタンを押しっ放しにしていると、着艦正否後の撃墜数結果表示の代わりにメッセージが出る。
  • 2014年現在、日本国内に稼動している筐体はない。国内最後の筐体は、神戸ハーバーランドのSEGA神戸かもめ館にあった。解体時にはチェーンソーで分解した。設置場所は8階で、エレベーターにも入らなかったため、非常階段にて社員10人以上で搬出した。
  • アメリカのSEGAファンの一部が個人的にコレクションしている物も一定数存在している。
  • 本ハードウェアのチラシには、「サイバードーム スーパーシューティングシステム」「CCDカート」「8人乗りシミュレーター」といった開発・稼動予定のハードウェアが掲載されていた。「サイバードーム スーパーシューティングシステム」「CCDカート」はそのまま名前で、「8人乗りシミュレーター」は「AS-1」という名前で稼働していた。

関連項目[編集]

  • D3BOS - ほぼ同時期にタイトーよりリリースされた360度回転筐体。R-360がxzの2軸機構だったのに対して、xyzの3軸機構だったので全方位の360度回転が可能。搭乗者が操作する要素はない。
  • マイケル・ジャクソン - 来日の際、セガに来社し、体感プレイ後すぐに購入した逸話がある。その筐体は遺品として公開された。
  • 東京ジョイポリス - 本機同様に360度回転するアトラクション「トランスフォーマー・ヒューマンアライアンス スペシャル」(2015年7月オープン)の筐体に「R-360Z」のナンバーが記載されている。
  • 光吉猛修 - S.S.T.BAND活動時におけるコードネームが「R三郎丸」。
  1. ^ Yボードは強力なスプライト機能を持つ一方、ハード上の制約によりBG画面を持てない。
  2. ^ 意図は不明だが、旧日本海軍機の略号と類似した附番となっている。零式艦上戦闘機52型はA6M5、烈風11型はA7M2。ちなみに零戦の連合軍側コードネームは"Zeke"。
  3. ^ デモ画面表記より