D3BOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

D3BOS(ディースリーボス)は、1991年に発表された、タイトー体感型ゲーム筐体である。

概要[編集]

「D3BOS」の名前は「DYNAMIC DIRECT DIMENSION BURST OUT SYSTEM」の頭文字からとられたもの。

この業務用ゲームマシンは、先に発売されたセガR-360同様、360度・全方向に回転する筐体として発売された。ジョイスティックなどのコントローラがなく、スクリーンに映し出される映像に合わせて筐体が回転し、またシートが2つあることから、ゲームマシンというよりは、デートなどでの利用を目的としたアミューズメントマシンともいえる。

出荷と同時に4種類のソフトがリリースされ、プレイヤーはその中の1つを選択しプレイすることができた。

東京都町田市にあったテーマパーク「タイトー・キャノンボールシティ」や、タイトー直営店を中心に設置されたが、本体価格が1500万円~2000万円前後、標準プレイ料金は1人600円、2人同時で1000円(当時の通常のアーケードゲームは100円~200円)という高額な価格と、時代は格闘ゲームブームということもあり、さほど台数は出なかった。

1993年にはアップグレード版となるSUPER D3BOSが発表された。筐体のカラーリングがグレーから黒へ、本体モニターを32インチプロジェクターへ変更したほか、ウーハーが装備された。

この筐体もR-360同様、安全措置のためにアテンダント(オペレーター)が常駐し、非常時では外部から360度回転の機能を停止させることができたほか、プレイで気分が悪くなった時に、プレイヤー自身が強制終了するための緊急停止スイッチも内部に設けられていた。

R-360との大きな違い[編集]

  • 球体の個室の中にシートが配置(R360はシート(コックピット)むき出し)
  • 2シート用意され2人同時プレイ可能(R360のシートは1つで1人プレイ)
  • コントローラーが無くゲーム(筐体)の操作は出来ない(R360はコントローラーにより操作が可能)
  • 4種類のソフトから好きな物を選択可能(R360のシートは選択1つソフトのみ)

内蔵されていたソフトウェア[編集]

D3BOSとはゲームの名称ではなく筐体の名称であり、D3BOS用に開発されたいくつかのゲームソフトが存在した。

AERIAL
スキーをテーマにしたソフト。
ROLLING BUGGY
4輪バギーをテーマにしたソフト。
ULTRA COASTER
ジェットコースターをテーマにしたソフト。
ZERO
スペースシップ(小型宇宙船)をテーマにしたソフト。

関連項目[編集]

  • R-360 - ほぼ同時期にセガよりリリースされた360度回転筐体。