SCARS (グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SCARS
出身地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
ジャンル ヒップホップ
活動期間 2003年 -
レーベル Pヴァイン
メンバー A-THUG
SEEDA
BES
STICKY
bay4k
MANNY
林鷹 ex GANGSTA TAKA
SAC
旧メンバー I-DeA

SCARS(スカーズ)は2003年頃に結成された7人のMCと2人のトラックメイカーからなる日本のヒップホップユニット
日本で初めてハスリングラップを始めたグループといわれている。

メンバー[編集]

  • SEEDA (シーダ) (MC)
  • BES (ベス) (MC)
    • 一時グループを脱退するが2012年現在は復帰している。
  • A-THUG (エイサグ) (MC、リーダー)
  • STICKY (スティッキー) (MC)
    • 本名:松本恭平
    • 2009年12月2日、1stソロアルバム『Where's My Money』を発売する。ディスクユニオンの初回盤のみ全曲のインストを収録したCD-Rが付属される。
    • 2010年5月28日、大麻取締法違反の疑いで神奈川県警川崎署に逮捕される。
  • bay4k (ベイフォーケー) (MC)
  • MANNY (マニー) (MC)
  • 林鷹 (ハヤシタカ) (MC)
    • 2012年発売の『DJ MUNARI x AraabMuzik /Hell"O"Rama / feat.SCARS』より正式メンバーとしてクレジットされている。
  • SAC (サック) (トラックメイカー)

旧メンバー[編集]

  • I-DeA (アイデア) (トラックメイカー)

来歴[編集]

  • リーダーであるA-THUGの中学時代の同級生、先輩と友人(bay4kSEEDAI-DeABES)が集まり、神奈川県川崎市にて結成。
  • ラップを始める前から映画「スカーフェイス」に影響されていた周りの友達とチームのようなものを組んでおり、そのチームが現在のSCARSの原型となっている。[1]
  • 結成後、盛んなライブ活動、ストリートライフをリアルに綴った内容で話題になり、実話ナックルズに特集が組まれる。
  • 2006年9月にはSCARSの1stアルバム「THE ALBUM」がリリースされる。この年、『Blast Award 2006』で2位という評価を得る。[2]
  • 1stを出してからの2年後、2008年9月にSEEDAがブログで2ndアルバムの製作を発表。A-THUGが刑務所に服役し、裁判費用を稼ぐのも製作の理由の一つであった。
  • 2008年12月31日、2ndアルバム『NEXT EPISODE』を発売。タイトルは当初「RE-UNION」のはずであったが、BESの不参加、A-THUGは刑務所に入り身動きが取れない、そして今作収録の「曝けだす」で明らかになったSTICKYとbay4kの不和等の理由でとても再結成とは言えないので「NEXT EPISODE」となった。[3]
  • 2009年8月、未発表音源や新曲が収録されたMIX CD「SCARS PRESENTS THE MIX」が発売される。
  • 2010年5月28日、メンバーであるSTICKYが、大麻取締法違反の疑いで神奈川県警川崎署に逮捕される。
  • 2010年12月15日に『SCARS EP』を発売するが、フルメンバーの参加には至らなかった。
  • 2011年、I-DeAがグループを脱退する。[4]
  • 2012年4月13日川崎クラブチッタにてサイゴンの前座として久々にフルメンバーが揃って復活ライブを披露した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 『THE ALBUM』 (FLASH SOUNDS INC/P-Vine Records) (2006年9月2日)
  • 『NEXT EPISODE』 (SCARS ENTERTAINMENT) (2008年12月31日)
  • 『SCARS EP』 (LEGENDARY INC) (2010年12月15日)

MIX CD[編集]

  • 『SCARS PRESENTS THE MIX 』 (SCARS ENTERTAINMENT) (2009年8月19日)

DVD[編集]

  • 『SPRING JAM 2012』 (SCARS ENTERTAINMENT) (2012年4月13日)

参加楽曲[編集]

  • 「Hell"O"Rama feat. SCARS」 DJ MUNARI 『HIKIGANE』 (2012年6月13日)

出典[編集]