S&W M76

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Smiss & Wesson M76
Submachine gun Model 76 (20077552865).jpg
S&W M76
概要
種類 短機関銃
製造国 アメリカ合衆国
設計・製造 スミス&ウェッソン
性能
口径 9mm
銃身長 205mm
ライフリング 6条 / 右回り
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 14 / 24 / 36発
作動方式 シンプル・ブローバック方式
オープン・ボルト撃発
全長 512mm(ストック展開時772mm)
重量 3.700kg(弾倉含む)
発射速度 720発/分

S&W M76(スミス・アンド・ウェッソン モデル76)は、アメリカ合衆国スミス&ウェッソン社(S&W)が開発した短機関銃である。

歴史[編集]

カールグスタフm/45

かつてNavy SEALs(海軍特殊部隊)を始めとするアメリカ軍特殊部隊では、スウェーデン製のカールグスタフm/45を特殊作戦用短機関銃として採用していた[1][2]。アメリカにおいてm/45は「Kライフル」(K-Rifle)や「スウェディッシュK」(Swedish-K)と通称された[3]

1966年頃、ベトナム戦争に対するアメリカ合衆国の介入が本格化する中、戦争に対し中立の立場を取っていたスウェーデン政府は対米武器輸出を全面的に停止した。こうした中でm/45の代用品たる特殊作戦用短機関銃の需要が生じ、S&W社が開発を提案したのである。開発は1966年を通じて行われ、1967年には設計が完了した[4]

1968年、電気発火式の9mmケースレス弾薬を用いるモデルが試作された。このモデルではトリガーガード前方に電池ケースが設けられていた。射撃に問題はなかったが、弾薬自体が損傷しやすく、のちにプロジェクトは放棄されている。最終的な海軍からの発注は数千丁程度に留まった。その後は警察および民生市場向けの銃器として販売され、1974年に生産が終了した[2]。総生産数は6,000丁程度だった[4]

S&W社による生産が終了した後、引き続きM76を使用していた海軍や警察組織においては消耗部品の調達や修理を行うことができなくなっていた。1980年、マイク・レプリンガー(Mike Ruplinger)とケネス・ドメニック(Kenneth Domenick)が経営する銃器メーカー、MKアームズ社(MK Arms)はM76の消耗部品の生産に着手した。同社はカリフォルニア州コロナド海軍水陸両用戦基地英語版に駐屯するNavy SEALsチーム1と契約を結び、1980年代にMP5短機関銃が新規採用されるまで消耗部品の供給を続けた。その後、MKアームズは自社製M76クローンであるMK760の販売を行った[4]

構造[編集]

S&W M76はオープンボルト、シンプルブローバックの作動方式であり、穴開け加工した銃身放熱カバー、円筒形の機関部、コの字形の折り畳み式の銃床など、デザインの大半をm/45から借用している。

レシーバ(機関部)は汎用品のシームレス・パイプにトリガー・メカニズムを収納するハウジング部が電気溶接で接合された構造となっているため、専用設備がなくても大量製造が可能である。

また、手動安全装置を兼ねた回転式のセレクターが追加されセミオート射撃が可能になっている点、銃床の折り畳み方向が左側に変更されている点などがm/45とは異なっている。

クローン銃[編集]

MK760
MKアームズ社製のクローン。M76と同様のフルオート射撃可能なモデルのほか、セミオート射撃のみ可能なカービンモデルおよびピストルモデルが存在した。どちらも基本設計は共通しており、カービンは16インチ銃身を備え、ピストルは8インチ銃身を備え銃床を除去したモデルであった。1986年5月19日、火器所有者保護法英語版(FOPA)のもとでフルオート射撃が可能な銃器を民生市場向けに販売することが禁止された。これによりMK760のフルオート射撃可能なモデルは生産が終了し、セミオート射撃可能なモデルも後にアルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(BATF)によってオープンボルト設計が規制に違反していると見なされ生産が終了した。MKアームズ社ではLa France Specialties社と共同でカービンモデルの再設計を試みたが、新モデルの売上は振るわず、MKアームズ社は1989年に倒産した[4]
M76A1
1984年にグローバル・アームズ社で生産された際の名称。改良型のような名称だが、構造はM76と変わらない。

登場するメディア作品[編集]

M76は1970年代に製作された米国映画に良く登場し、メディアの影響から生産数以上に一般人の間でも認知度が高い。

脚注[編集]

  1. ^ 床井 2013, p. 303.
  2. ^ a b Smith & Wesson SW Model 76 submachine gun (USA)”. world.guns.ru. 2015年11月2日閲覧。
  3. ^ Karl Gustav M/45 "Swedish K"”. MACV-SOG Living History Group. 2015年4月28日閲覧。
  4. ^ a b c d The Semi Auto MK 760”. SmallArmsReview.com. 2015年11月2日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]