Everything as a service

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Everything as a serviceXaaS[1]EaaS[2]*aaS[3])とは、ネットワーク経由でソフトウェアコンポーネントなどコンピュータ処理に必要な全てをサービスの形で提供する概念である。SaaSPaaSIaaSなどの総称であり、クラウドコンピューティングのサブセットである[4]

対象となる機能[編集]

Everything as a Service は、コンピュータ処理に必要なあらゆるものをサービスとして提供する概念で、対象となる機能(コンポーネント)には以下のようなものが挙げられる。

実例[編集]

最も有名で成功した用語はSaaSである。提供される各コンポーネントはクラウドコンピューティングの中核であり、時として無料または個人のクレジットカードで利用できるなど参入障壁が非常に低く、中規模企業や大企業に普及する以前でも、個人や小規模企業でも利用しやすい[5]。この点ではSOAとは異なる。

セールスフォース・ドットコムGoogleIBMHPマイクロソフトなどを含む多数のベンダーが Everything as a Service のトレンドに関与している[5] [6] [7] [8]

主な特徴[編集]

サービスとして提供する(as a service)事は、以下の多数の特徴を持つ。

その他[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]