ELP四部作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ELP四部作
エマーソン・レイク&パーマースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル マンティコア
プロデュース グレッグ・レイク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 9位(英国・オフィシャルチャート)
  • 12位(米国・ビルボードチャート
  • 13位(日本・オリコンチャート[1]
  • ゴールドディスク
  • Gold(英国・BPI)
  • Gold(米国・RIAA
  • エマーソン・レイク&パーマー 年表
    レディース・アンド・ジェントルメン
    (1974年)
    ELP四部作
    (1977年)
    作品第2番
    (1977年)
    テンプレートを表示

    ELP四部作』(Works, Vol.1) は、エマーソン・レイク・アンド・パーマーアルバム。当初は、特に輸入盤を購入した者の間で、原題をそのままカナに当てた「ワークス」という呼称も使われていたが、現在では国内盤CD(紙ジャケット/K2HD盤等)のオビに記載されている「ELP四部作」という呼称が浸透している。

    収録曲[編集]

    内容[編集]

    本作は、ELPのスタジオ録音アルバムとしては約3年半ぶりの新作にあたる。ただし厳密に言えば、ELPとしての作品はD面(ディスク2の後半)だけであり、他の3面は各メンバーのソロ作品が収録されている。ELPで制作したD面の2曲の内、アーロン・コープランドの曲をアレンジした「庶民のファンファーレ」は3人だけで演奏され、オリジナルの「海賊」は3人の演奏+オーケストラという構成になっている。各メンバーのソロ作品は基本的にオーケストラや他のミュージシャンとの演奏であり、カール・パーマーの「L.A.ナイツ」でキース・エマーソンが参加している以外は相互の参加はない。

    参加アーティスト[編集]

    全体的にオーケストラが参加している他、主だったところでは、キース・エマーソンの「ピアノ協奏曲」にジョン・メイヤーがオーケストラアレンジで、グレッグ・レイクの作品にピート・シンフィールドが作詞で、カール・パーマーのL.A.ナイツにジョー・ウォルシュがギターとシャウト・ヴォイスで参加している。

    経緯[編集]

    一般的には、1974年以降の休止期間で、各メンバーがそれぞれソロ作品を作っていたものの、後で話し合ってみたらコンセプトが似ていたので、敢えてソロにする必要は無いと結論した事、そしてソロ・アーティストとしてレコード会社に売り込むのは労苦が伴う事…といった様々な理由で、再び結集した…となっている。

    評価[編集]

    イギリスでは最高9位、アメリカでは第12位を獲得した。なお、ELPのアルバムとしては最後のトップ10入りとなっている。

    また、「庶民のファンファーレ」が3分程度に編集されてシングル・カットされ、イギリスのシングル・チャートで2位まで上昇している。ELP最大のヒット曲となった。

    脚注[編集]

    1. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.93
    2. ^ a b c d Amazon|ELP四部作|エマーソン・レイク・アンド・パーマー|ロック|音楽”. 2018年4月14日閲覧。