パリ国立歌劇場管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パリ国立歌劇場管弦楽団(Orchestre de l'Opéra national de Paris)は、フランスパリに本拠を置くパリ国立オペラ(Opéra National de Paris)の付属オーケストラである。かつてはパリ・オペラ座管弦楽団とも呼ばれ、現在はパリ・バスティーユ管弦楽団(Orchestre de l'Opéra de la Bastille)とも呼ばれる。

現在のパリ国立オペラは1875年ガルニエ宮で活動を開始したとされるが、前身は1669年に創設されたオペラ団体まで遡ることができ、オーケストラの歴史も同様である。1971年に、すでに運営組織を統合していたパリ・オペラ=コミック座のオーケストラと合併[1]。さらに1990年にバスティーユ歌劇場が開場し、オーケストラも新たなスタートを切った。

歴代の音楽監督は、ガルニエ宮時代にはジョルジュ・プレートルゲオルク・ショルティシルヴィオ・ヴァルヴィーゾローター・ツァグロセクらが務めた。バスティーユ歌劇場が開場してからはチョン・ミョンフンジェームズ・コンロンが務めた。2009年よりフィリップ・ジョルダンが音楽監督に就任。

レコーディングは歌劇全曲物の他、カール・シューリヒト指揮のモーツァルト交響曲シリーズ、チョン・ミョンフン指揮でベルリオーズの『幻想交響曲』やメシアンの『トゥランガリーラ交響曲』、フィリップ・ジョルダン指揮でR.シュトラウスの『アルプス交響曲』などがある。

[編集]

  1. ^ 木村博江訳「ショルティ自伝」(1998年、草思社)の220P~226Pに、同時期にパリ・オペラ座の監督となったロルフ・リーバーマン改革の下で、それまでのパリ・オペラ座管弦楽団とパリ・オペラ=コミック座管弦楽団の団員を、新パリ・オペラ座管弦楽団員として再雇用したことが書かれている。