ロルフ・リーバーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロルフ・リーバーマン
Rolf Liebermann par Claude Truong-Ngoc 1980.jpeg
1980年
基本情報
生誕 (1910-09-14) 1910年9月14日
出身地 スイスの旗 スイスチューリッヒ
死没 (1999-01-02) 1999年1月2日(88歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

ロルフ・リーバーマン(Rolf Liebermann, 1910年9月14日 - 1999年1月2日)は、スイス作曲家[1]シャンソンクラシック軽音楽と異なる種類の音楽を作曲した。クラシック音楽ではバロック音楽古典派音楽十二音音楽など様々なスタイルの音楽が組み合わされている。

経歴[編集]

1910年チューリッヒ生まれ。1930年代ウィーンヘルマン・シェルヘン、後にウラディミール・フォーゲル作曲指揮を師事した。

1959年から1973年までハンブルク州立歌劇場の音楽監督を務め、クシシュトフ・ペンデレツキハンス・ヴェルナー・ヘンツェジャン=カルロ・メノッティを含む24の新作オペラを上演した。その後、1973年から1980年までパリオペラ座の音楽監督を務め、1980年代に再びハンブルク州立歌劇場の音楽監督に戻った。

主な作品[編集]

  • ジャズバンドと管弦楽のための協奏曲
  • オペラ「メデイア

文献[編集]

  • Gisa Aurbek: Rolf Liebermann. Ellert und Richter, Hamburg 2001, ISBN 3-8319-0006-X.
  • Göndi Liebermann: Spannungen: mein Leben mit Rolf Liebermann. M. von Schröder, Düsseldorf 1985, ISBN 3-547-76060-7.
  • Regina Scheer: Wir sind die Liebermanns. List-Taschenbuch 60783. Ullstein, Berlin 2008, ISBN 978-3-548-60783-2.

脚注[編集]

  1. ^ Klavierkonzert”. www.klassika.info. 2019年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]