Crystal Days

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dear (飯塚雅弓の曲)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crystal Days
飯塚雅弓スタジオ・アルバム
リリース
録音

日本の旗 日本

タワーサイドスタジオ
アンビエント・ビジョン
ジャンル J-POP
時間
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
プロデュース 福井健吾
チャート最高順位
飯塚雅弓 アルバム 年表
10 LOVE
2006年
Crystal Days
(2007年)
Stories
2008年
テンプレートを表示

『Crystal Days』(クリスタル デイズ)は、飯塚雅弓の11枚目のオリジナルアルバム2007年9月5日徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。

背景[編集]

6thアルバム『虹の咲く場所』のように、コンセプトは明確に示したほうが作りやすく、聴く方も聴きやすいのではという話になり、みんなでテーマを考えていたら、いつも自身がキラキラした輝きから元気やパワーをもらっているラインストーンをテーマにしたらどうだろうと思ったという[3]

そこから飯塚が60色以上あるラインストーンから10色を選んで、その各色のラインストーンをテーマに作曲・編曲を依頼したといい、作詞や作曲・編曲を提供されて「作りやすかった」「おもしろかった」と言われたという[3]。飯塚自身も作詞・作曲や歌う際にイメージが膨らんでやりやすかったという[3]

ブックレットにラインストーンを使った仕掛けがあり、「見ながら聴いていただくとより曲の世界観をイメージしやすいかなと思って。」と語っている[3]

アルバム名の由来は飯塚が「これから私達の道がクリスタルデイズであるように」という願いをこめてつけたれた[3]

ジャケットで飯塚が着用しているドレスは、当時出演していた『ポケモン☆サンデー』のニューヨークロケの際に購入したものである。また、中面のカラフルなドレスはスカートを何枚も重ねばきするなどして工夫したという[3]

プロモーション・リリース[編集]

2007年9月5日に徳間ジャパンコミュニケーションズからリリースされた。前作『10 LOVE』から約1年ぶりとなる11枚目のアルバム。

販売形態は通常盤(TKCA-73238)のみで、初回封入特典に飯塚がセレクトしたスワロフスキー製のラインストーンが同梱。飯塚は「その輝きを見たり、手にとって感じて楽しんでいただけたらと思います。」と語っている[3]

本アルバムを引っ提げて、ワンマンライブ『Strawberry Crystal 2007』が11月5日にSHIBUYA-AXで開催された。同ライブの模様を収録したDVDが2008年1月3日に徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された[4]

批評[編集]

CDジャーナルは、「どの曲も希望や夢にあふれる気持ちを与えてくれるのも、ライン・ストーンがもたらした幸せの力のせい?!」と評した[5]

収録内容[編集]

CD[1]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「クリスタルデイズ」飯塚雅弓cota加藤みちあき
2.「Dear」TOMBOW、津名川優哉津名川優哉宅見将典
3.「まわりだす気持ち」堂島孝平、飯塚雅弓堂島孝平宅見将典
4.「Baby,dance with me♪」イズミカワソライズミカワソラ鈴木智文
5.「Only You☆」堂島孝平、飯塚雅弓堂島孝平鈴木智文
6.「そっと」飯塚雅弓星舞加藤みちあき
7.「いまここで」堂島孝平、飯塚雅弓堂島孝平長谷川智樹
8.「ROSE ROSE」かの香織cotacota
9.「Capri blue☆friend」かの香織長谷川智樹長谷川智樹
10.「ミルフィーユ」イズミカワソライズミカワソラ加藤みちあき
合計時間:

参加ミュージシャン[編集]

クリスタルデイズ

Dear
まわりだす気持ち

Baby,dance with me♪
Only You☆

  • Guitars & Keyboards &Programming:鈴木智文

そっと
ミルフィーユ

  • Guitars & Keyboards & Programming:加藤みちあき

いまここで

ROSE ROSE

  • Keyboards:cota
  • Guitars:宅見将典

Capri blue☆friend

  • Guitars & Keyboards & Programming:長谷川智樹
  • Bass:川島弘光

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
Dear ラジオ大阪『めいめいもう 〜飯塚雅弓のメガパチ☆〜』オープニングテーマ

ワンマン日程[編集]

Strawberry Crystal 2007
日付 都市 会場
2007年11月5日 東京 SHIBUYA-AX

出典[編集]

  1. ^ a b 飯塚雅弓 / クリスタルデイ”. タワーレコード. 2016年10月6日閲覧。
  2. ^ クリスタルデイズ”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年10月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g アニソン通信 Vol.18 飯塚雅弓”. アニメイトTV WEB. アニメイト. 2007年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月6日閲覧。
  4. ^ 自分だけのDVDジャケットをゲット! 飯塚雅弓ライブDVD『Strawberry Crystal 2007』発売記念サイン会開催!”. axive (2008年2月7日). 2016年10月6日閲覧。
  5. ^ 飯塚雅弓 / クリスタルデイズ”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]