DREAM.4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND
イベント詳細
シリーズ DREAM
主催 FEGTBS
開催年月日 2008年6月15日
開催地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
会場 横浜アリーナ
開始時刻 午後5時
試合数 全8試合
放送局 スカイパーフェクTV!
HDNet FightsPPV
入場者数 14,037人
イベント時系列
DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦

DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND(ドリーム・フォー ミドルきゅうグランプリにせんはち セカンドラウンド)は、日本総合格闘技イベント「DREAM」の大会の一つ。2008年6月15日神奈川県横浜市横浜アリーナで開催された。

本大会では、ミドル級(84kg以下)グランプリのトーナメント2回戦、およびライト級(70kg以下)グランプリのトーナメント2回戦の一部が行われた。

大会概要[編集]

ミドル級グランプリ[編集]

ミドル級グランプリ2回戦4試合が行われ、ゲガール・ムサシゼルグ・"弁慶"・ガレシックホナウド・ジャカレイメルヴィン・マヌーフが準決勝進出を決めた。

2回戦進出を決めていた田村潔司は右手中指骨骨折により欠場となり、リザーバーのマヌーフが桜庭和志と対戦した。

ライト級グランプリ[編集]

DREAM.3で行われなかったライト級グランプリの2回戦の残り1試合が行われ、青木真也が準決勝進出を決めた。第4試合終了後のインターバルでは、リング上で組み合わせ公開抽選会が行われ、準決勝のカードが決定した。

ワンマッチ[編集]

「グラップリング・チャレンジマッチ」としてハレック・グレイシーと対戦予定だったミルコ・クロコップは、右肘靭帯亜脱臼により欠場。また、ガジエフ・アワウディンと対戦予定だったアレッシャンドリ・カカレコは、「直前の来日では時差ボケがきつい」という理由で欠場となった。これにより、ハレック・グレイシー vs. ガジエフ・アワウディンの対戦が急遽決定した。

試合結果[編集]

第1試合 ライト級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
日本の旗 青木真也 vs. 日本の旗 永田克彦 ×
1R 5:12 フットチョーク
※青木がライト級グランプリ準決勝進出。
第2試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2R5分
オランダの旗 アリスター・オーフレイム vs. 大韓民国の旗 イ・テヒョン ×
1R 0:36 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第3試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 ハレック・グレイシー vs. ロシアの旗 ガジエフ・アワウディン ×
1R 3:02 腕ひしぎ十字固め
第4試合 フェザー級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 所英男 vs. アメリカ合衆国の旗 ダレン・ウエノヤマ ×
2R終了 判定3-0
第5試合 ミドル級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
オランダの旗 ゲガール・ムサシ vs. 大韓民国の旗 ユン・ドンシク ×
2R終了 判定3-0
※ムサシがミドル級グランプリ準決勝へ進出。
第6試合 ミドル級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
クロアチアの旗 ゼルグ・"弁慶"・ガレシック vs. 日本の旗 金泰泳 ×
1R 1:05 TKO(レフェリーストップ:右肘の脱臼)
※ガレシックがミドル級グランプリ準決勝進出。
第7試合 ミドル級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 ホナウド・ジャカレイ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・"メイヘム"・ミラー ×
2R終了 判定3-0
※ジャカレイがミドル級グランプリ準決勝進出。
第8試合 ミドル級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
オランダの旗 メルヴィン・マヌーフ vs. 日本の旗 桜庭和志 ×
1R 1:30 TKO(レフェリーストップ:パウンド
※マヌーフがミドル級グランプリ準決勝進出。

外部リンク[編集]