DREAM.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦
イベント詳細
シリーズ DREAM
主催 FEGTBS
開催年月日 2008年3月15日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後3時
試合数 全10試合
放送局 TBS(地上波)
入場者数 19,120人
イベント時系列
DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦 DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦

DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦(ドリーム・ワン ライトきゅうグランプリにせんはち かいまくせん)は、日本総合格闘技イベント「DREAM」の大会の一つ。2008年3月15日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

DREAMの旗揚げ戦となる本大会では、ライト級(70kg以下)グランプリのトーナメント1回戦が行われた。

大会概要[編集]

ライト級グランプリ[編集]

ライト級グランプリの1回戦7試合が行われ、ヨアキム・ハンセンルイス・ブスカペ永田克彦石田光洋エディ・アルバレス川尻達也の6名が2回戦進出となった。メインイベントとなった青木真也J.Z.カルバンの試合は、カルバンの偶発的な反則により青木が続行不能となったためノーコンテストとなり、トーナメント勝ちあがりは主催者預かりとなった[1]。大会後の4月4日に「没収試合」となること、およびDREAM.2での再戦が発表された[2]。また、ライト級グランプリの残り1試合は行わず、主催者推薦として宇野薫が2回戦から出場することとなった[3]

ワンマッチ[編集]

ヘビー級ワンマッチとしてミルコ・クロコップPRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦以来553日振りに日本のリングに復帰し、水野竜也にTKO勝ちを収める。

試合結果[編集]

第1試合 無差別級ワンマッチ 1R10分・2R5分
日本の旗 ミノワマン vs. 大韓民国の旗 イ・グァンボム ×
1R 1:25 膝十字固め
第2試合 ウェルター級ワンマッチ 1R10分・2R5分
日本の旗 桜井"マッハ"速人 vs. 日本の旗 門馬秀貴 ×
1R 4:12 TKO(レフェリーストップ:左フック→パウンド
第3試合 ライト級グランプリ 1回戦 1R10分・2R5分
ノルウェーの旗 ヨアキム・ハンセン vs. 日本の旗 朴光哲 ×
2R終了 判定3-0
※ハンセンがライト級グランプリ2回戦進出。
第4試合 ライト級グランプリ 1回戦 1R10分・2R5分
ブラジルの旗 ルイス・ブスカペ vs. 日本の旗 宮田和幸 ×
1R 7:37 チョークスリーパー
※ブスカペがライト級グランプリ2回戦進出。
第5試合 ライト級グランプリ 1回戦 1R10分・2R5分
日本の旗 永田克彦 vs. ロシアの旗 アルトゥール・ウマハノフ ×
2R終了 判定3-0
※永田がライト級グランプリ2回戦進出。
第6試合 ライト級グランプリ 1回戦 1R10分・2R5分
日本の旗 石田光洋 vs. 大韓民国の旗 チョン・ブギョン ×
2R終了 判定3-0
※石田がライト級グランプリ2回戦進出。
第7試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分・2R5分
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. 日本の旗 水野竜也 ×
1R 0:56 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 ライト級グランプリ 1回戦 1R10分・2R5分
アメリカ合衆国の旗 エディ・アルバレス vs. ブラジルの旗 アンドレ・ジダ ×
1R 6:47 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
※アルバレスがライト級グランプリ2回戦進出。
第9試合 ライト級グランプリ 1回戦 1R10分・2R5分
日本の旗 川尻達也 vs. インドの旗 ブラックマンバ ×
2R終了 判定3-0
※川尻がライト級グランプリ2回戦進出。
第10試合 ライト級グランプリ 1回戦 1R10分・2R5分
ブラジルの旗 J.Z.カルバン vs. 日本の旗 青木真也
1R 3:46 ノーコンテスト(偶発的な反則)
※カルバンが放った肘打ちが青木の後頭部に当たり、青木が続行不能となったため。

脚注[編集]

外部リンク[編集]