Beautiful days

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Beautiful days
シングル
初出アルバム『All the BEST! 1999-2009
(#1,2)
ウラ嵐マニア (#2,3)』
B面 僕が僕のすべて
忘れられない(通常盤)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル J Storm
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2008年11月度月間1位(オリコン)
  • 2008年度年間10位(オリコン)
  • 登場回数40回(オリコン)
シングル 年表
truth/
風の向こうへ

(2008年)
Beautiful days
(2008年)
Believe/
曇りのち、快晴

(2009年)
テンプレートを表示

Beautiful days」(ビューティフル デイズ)は、の24枚目のシングル2008年11月5日J Stormから発売された。

概要[編集]

シングルは初回限定盤・通常盤でのリリース。それぞれ「Beautiful days」、「僕が僕のすべて」の2曲が収録された。初回限定盤には表題曲のPV、通常盤には「忘れられない」とそれぞれのオリジナル・カラオケを加えた計6曲が収録されている。PVは、メンバーが歌う中、手書き風の白一色の線で涙や翼のCGが描かれているものになっている。PVの監督は、岡川太郎。

表題曲「Beautiful days」は、メンバーの二宮和也主演のTBS系金曜連続ドラマ『流星の絆』主題歌。メンバーの大野智主演連続ドラマ『魔王』の主題歌であった前作「truth」に引き続き、2作連続、2クール連続で同じ金曜ドラマ枠の主題歌を手掛けた。なお、この曲はテレビなどで披露された時は踊らず、場所を動くだけの演出となっており、個人個人のソロが少ない1曲となった。カップリング曲の「僕が僕のすべて」はKDDI/沖縄セルラー電話au by KDDI)『au BOX』 CMソング。嵐は2008年から同社のイメージキャラクターを務めているが、CMソングを担当するのはこの曲が初となった。

また、『うたばん』に出演した際、MCの石橋貴明は歌詞の『涙ホロリ』を『涙チョロリ』と替え歌にしていた。そのためかこの曲に関する話題となると『涙チョロリ』を連呼していた。

ソロパートは二宮の一部分のみで、全体のほとんどは全員もしくは複数のメンバーで歌っている。

チャート成績[編集]

2008年11月17日付のオリコン週間シングルチャートで初登場首位を獲得。首位獲得は「PIKA★★NCHI DOUBLE」から13作連続、通算20作目となった。初動売上は約35.2万枚であった。累計売上は52万枚。[1]

2008年度のオリコン年間シングルチャートでは、期間内に売上枚数約42.2万枚を記録し、10位にランクインした。同チャートでは今作を含め嵐の作品が3作TOP10にランクインしている。同一アーティストが年間シングルチャートで3作品TOP10に入るのは、2002年の宇多田ヒカル以来6年ぶりである[2]

収録曲[編集]

CD[編集]

※「忘れられない」以降、通常盤のみ収録。

  1. Beautiful days
    作詞・作曲:Takuya Harada、編曲:ha-j
  2. 僕が僕のすべて
    作詞:100+、作曲・編曲:加藤裕介
  3. 忘れられない
    作詞:Arika、作曲:HIKARI、編曲:佐々木博史
  4. Beautiful days(オリジナル・カラオケ)
  5. 僕が僕のすべて(オリジナル・カラオケ)
  6. 忘れられない(オリジナル・カラオケ)
    曲終了後シークレットトークが始まる。

DVD[編集]

※初回限定盤のみ

  1. Beautiful days(ビデオ・クリップ)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “嵐、13作連続・通算20作目のシングル首位!”. ORICON STYLE. (2008年11月11日). http://www.oricon.co.jp/news/59924/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  2. ^ 田井裕規 (2008年12月11日). “2008年 年間シングルランキング 1位〜25位”. ORICON STYLE. http://www.oricon.co.jp/music/special/081211_01_01.html 2014年1月4日閲覧。