BAE システムズ・ミリタリー・エア・ソリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミリタリー・エア・ソリューションズ
企業形態 部門
業種 国防産業
設立 2007年
本社 イギリスの旗 ウォートン, イギリス
主要人物 Kevin Taylor, Managing Director
製品 軍用機, 航空システム
親会社 BAE システムズ
テンプレートを表示

BAE システムズ・ミリタリー・エア・ソリューションズ (BAE Systems Military Air Solutions; MAS) は、軍用機の設計、発展、製造、サポートに対して責任があるイギリスの国防産業BAE システムズのビジネス・ユニットである。ミリタリー・エア・ソリューションズは、イギリス空軍サウジアラビア空軍アメリカ海軍インド空軍など様々なカスタマーがある。

歴史[編集]

タイフーン F.2

ミリタリー・エア・ソリューションズは、エア・システムズ (BAE Systems Air Systems) とCS&S MASSのビジネス部門の合併により、2007年1月1日に創設された。これは、ミリタリー・エア・ソリューションズが幅広い製品とほぼ100年の航空産業史を含む拠点を管理しているということであり、かつてのイングリッシュ・エレクトリックブリティッシュエアクラフトコーポレーションアブロブラックバーン・エアクラフトホーカー・シドレーブリストル・エアロプレーンが管理下にある。

ミリタリー・エア・ソリューションズの先輩にあたる、これらの企業では、イングリッシュ・エレクトリック ライトニングイングリッシュ・エレクトリック キャンベラホーカー ハンターブラックバーン バッカニア、計画中止になったBAC TSR-2などイギリス国外にも知られている軍用機が設計、製造されていた。

現在は、イギリス空軍向けに戦闘機ユーロファイターやトーネードの生産とハリアーやニムロッドのアップグレードを行っている。また、AS&FCプログラムの一環で無人偵察機の開発も行われている。

拠点[編集]

ウォートン・エアロドローム, ランカシャー (Warton Aerodrome)
ウォートンにはミリタリー・エア・ソリューションズの本社が併設されている飛行場と工場がある。工場の主要組み立て工場でユーロファイター、ホークの構成とハリアーやトーネードのアップグレードがなされる。また、主要テスト施設と営業オフィスが所在する。
サムレスバリー・エアロドローム, ランカシャー (Samlesbury Aerodrome)
ブラックバーン・ウィズ・ダーウェンにあるサムレスバリーには、ユーロファイターの機体前部とT-45 ゴスホークの製造工場があり、BAE製F-35(F-35B) ライトニングIIの関係の製造もなされる。他にもエアバスの下請けを行うセクションもある。
ミリタリー・エア・ソリューションズの拠点でサムレスバリーは飛行場を使用しておらず、1980年代からランカシャー警察やイギリス空軍によって使われている。
ブロー, ヨークシャー
キングストン・アポン・ハル近くにあるブローでは、ホークの生産と組み立てが行われ、それらはウォートンに送られる。一時、飛行場の利用は休止されていたが、2008年1月にホーク 128が再開後初の離陸を行った。
ウッドフォード, チェシャー
マンチェスター近くにあるウッドフォードでは、ニムロッドのMRA.4規格への改装を行っている。
チャダートン, ランカシャー
オールダム近くのチャダートンは以前アブロの製造工場であったが、現在はミリタリー・エア・ソリューションズの大規模なオフィスとなっている。

他にもイギリス空軍のカーニングスビー空軍基地、マーハム空軍基地にも拠点がある。

製品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]