BA-20 (装甲車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BA-20装甲車
Ba-20 armored car.jpg
種類 装甲車
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1936~1945
配備先 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
 フィンランド
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
ポーランドの旗 ポーランド
スペインの旗 スペイン
関連戦争・紛争 スペイン内戦ノモンハン事件冬戦争独ソ戦
諸元
重量 2.5 t
全長 4.31 m
全幅 1.75 m
全高 2.13 m
要員数 3名

装甲 10 mm
主兵装 7.62mm DT機銃
エンジン GAZ-M1
出力重量比 20 hp/t
行動距離 450 km
速度 85 km/h
テンプレートを表示

BA-20ソビエト連邦装甲車である。

概要[編集]

1934年から開発に着手。1935年から生産が始まった。

生産は独ソ戦開戦前後まで続き、約4800台が生産された。

実戦[編集]

フィンランドが冬戦争で鹵獲したBA-20。パロラ戦車博物館蔵。

最も早く関わった戦争はスペイン内戦であった。ソ連は支援する人民戦線に本車を供与した。

労農赤軍が本車を大々的に実戦で初めて用いたのはノモンハン事件であり、鉄道と共に補給を重視したゲオルギー・ジューコフは、戦車を含む日本軍の10倍近い装甲車両を投入、重装甲のBA-6と共に本車も補給に貢献し、ソ連は勝利、輸送部隊は顕彰された。

ノモンハン事件までは比較的平坦な地域での運用が中心であったが、冬戦争では悪路ゆえに大幅に運用が制限され、多くの車両が失われ、またフィンランド軍に鹵獲された。

これを受けていくつかの派生型(BA-21など)が開発されたが、根本的な改善には至らず、また装甲は極端に薄かったわけではなかったが、構造の問題から小火器による攻撃でも炎上してしまう事態が相次いだ。

さらに独ソ戦の初期にはドイツ国防軍にも鹵獲された。

これ以降労農赤軍はBA-64を開発、BA-20から換装されていったが、BA-20も1945年まで少なからず生き残り、戦場に姿を現している。いずれも装甲の薄さや武装の貧弱さが終戦まで付きまとったものの、10000台近くが生産され、ソ連の補給を支えた。

関連項目[編集]

参考[編集]