B・N・F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

B・N・F(ビー・エヌ・エフ、1978年3月5日[1] - )とは、2ちゃんねるで有名になった日本個人投資家である。

東京都港区在住[2]。「B・N・F」の呼称は当人が使用している2ちゃんねるでのハンドルネームから来ている。マスメディアでの通称は「ジェイコム男」と呼ばれる[1]

来歴[編集]

千葉県市川市出身[1]。2000年、都内の私立大学法学部3年生の時、それまでの貯金やアルバイトで稼いだ160万円を元手に株式投資をスタート[3]。ネットトレードを始めた時は大学に在学していたが、卒業までの単位を2科目残したまま中退している[1]

2004年2月5日に、2ちゃんねるに初めて投稿する。2ちゃんねるには、主に「B・N・F ◆mKx8G6UMYQ」として『今日の勝ち負けを報告するスレッド』で投稿していた。固定ハンドルネーム(コテハン)での投稿は2005年4月1日を最後に途絶えているが、情報収集に「市況実況板」「ニュース速報板」を使用したり[4]、「投資一般板」の【株板相場師列伝】スレッドにたまに「名無し」での書き込みをしているという[5]。2005年のジェイコム株大量誤発注事件により知られるようになる[3]。2008年5月17日には日本経済新聞の1面に顔写真入りで紹介された[6]

不動産にも投資しており、2008年10月には、秋葉原駅前の地上10階・地下1階の商業ビル「チョムチョム秋葉原」の所有権を90億円程度で取得し[7]、2011年には東京都千代田区外神田一丁目(秋葉原)の、敷地面積800平方メートル、地上6階、地下2階建ての商業ビル「AKIBAカルチャーズZONE」を推定170億円で購入している[2]

地元に高級住宅を購入し、親には高級車を贈ったほか、タワーマンションを購入したこと[3]以外には、特別に贅沢をしておらず、普段は専用のトレードルームに引きこもって1人で取引している[1]

投資手法[編集]

スイングトレードでの資産運用が得意だがPERなどの指標は全く見ない[8]。運用資産が増大してからはTOPIX Core30構成銘柄などの大型株を重点売買する。

エピソード[編集]

「B・N・F」というハンドルネームは米国の投資家ヴィクター・ニーダーホッファーをもじったもの[1]。他人の金の運用はしたくないと言っており、証券会社の雇われトレーダーなどになる予定はなく、ソフトバンク孫正義社長と会談した際に資産を運用するよう頼まれたが、断っている[1]

2014年12月26日の朝日新聞電子版の報道により、ふるさと納税で三重県伊賀市に1500万円の寄付を行い、500万円の寄付による純金手裏剣(24金で30万~40万円相当)3枚分を返礼として受け取ることが判明した。

発言[編集]

  • 「感覚というより慣れ。トータルの値動きへの洞察力が、最も大事。日経平均先物市場の動きを見ている」と述べている。
  • 「上がりそうもなければさっさと損切ればいいわけです」と述べている。
  • 北畑隆生経済産業事務次官(当時)が2008年1月に経済産業省の関連団体の講演会でデイトレーダーに批判的な内容の話をした件について、「講演で話したことなので、正確な意図は分からない」と前置きした上で、「批判には慣れているので『またか』という印象です。」と述べている[9]
  • ジェイコム株大量誤発注事件で、個人が相場で稼いだ利益としては最高額ではあったが、「いつもと変わらず冷静だった」と述べている。
  • 2009年12月4日、みずほ証券東京証券取引所(東証)に対して損害賠償を求めていた裁判で、東京地方裁判所が東証に107億円1212万8058円の支払いを命じた。この件について、B・N・Fは「とくに感想はありません。私には関係のないことですが、個人が誤発注をしても誰も助けてくれないことに変わりはないので、私自身、これからも誤発注をしないよう気をつけるだけです」と述べている[10]

ジェイコム株大量誤発注事件[編集]

B・N・Fがマスメディアに初めて登場したのは2005年12月8日、新規上場したジェイコム(人材派遣業。ケーブルテレビのJ:COMとは関連なし)の株式においてみずほ証券の男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤注文し株式市場を混乱させたジェイコム株大量誤発注事件である[1]

この事件において7,100株を取得、同日中に市場で1,100株を売り抜け、残る6,000株(発行済み株式の41.38%)を現金決済(20億3,500万円)していたことが大量保有報告書で分かった[11]

資産の動向[編集]

2000年10月 164万円[12] G01.png
2000年末 280万円 G01.png
2001年末 6,100万円 G01.png
2002年末 9,600万円 G01.pngG01.png
2003年末 2億7,000万円 G05.png
2004年末 11億5,000万円 G10.pngG10.pngG03.png
2005年末 80億円 G100.pngG50.pngG10.png
2006年末 157億円[12] G100.pngG100.pngG100.pngG10.pngG03.pngG01.pngG01.png
2007年末 185億円 [13] G100.pngG100.pngG100.pngG50.pngG10.pngG05.pngG01.png
2008年初頭 190億円 [1] G100.pngG100.pngG100.pngG50.pngG10.pngG10.pngG10.png

株式保有銘柄[編集]

2009年6月1日、オリックスの「第46回定時株主総会招集通知」に、第9位の大株主(2009年3月末時点)として記載された。持株数は107万株、議決権比率で1.19%を保有する個人筆頭株主にあたる [14]

フィクションの登場人物[編集]

ワイルドライフ
漫画『ワイルドライフ』(単行本第19巻)では、株取引のプロとしてB・N・Fという名前で登場している。『ワイルドライフ』自体は獣医を描いた漫画であるが、作者の興味から取材を行い、作中にて登場させている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ぴいぷる B・N・F 190億円の男(2/7)」『zakzak』2008年2月7日
  2. ^ a b ザイ・オンライン編集部 (2013年9月18日). “アベノミクスで資金はさらに増加中!?伝説の投資家「B.N.F.」さんが渋谷センター街のド真ん中にビルを建築中!”. ダイヤモンド社. 2017年11月26日閲覧。
  3. ^ a b c 株安なんの! ジェイコム男“190億円”儲けの極意」『zakzak』2008年1月24日
  4. ^ 『ダイヤモンドZAi』2006年12月号、ダイヤモンド社。
  5. ^ 『ダイヤモンドZAi』2007年10月号、ダイヤモンド社。
  6. ^ 日本経済新聞 2008年5月17日1面
  7. ^ 『日刊スポーツ』2008年10月28日
  8. ^ ただし機械受注・雇用統計等の重要な指標・各国中央銀行の動向・為替市場・商品先物市場・アメリカを始めとする海外株式市場の動きを見ていると言われている。
  9. ^ ジェイコム男「またか」と冷ややか…経産省次官が失言で」『zakzak』2008年2月8日
  10. ^ 10分間で20億円を荒稼ぎ!“ジェイコム男”に直撃」『zakzak』2009年12月04日
  11. ^ 大量保有報告書,ジェイコム株式会社,平成17年12月16日提出 本名による記載。法に基づく公開情報
  12. ^ a b 2000年から2006年まで「ダイヤモンドZAi 2007年10月号」
  13. ^ ジェイコム男、世界同時株安でも「無傷」」日刊スポーツ 2008年1月23日
  14. ^ あの「ジェイコム男」がオリックス株主9位に」『zakzak』2009年6月3日

関連項目[編集]