all-trans-デカプレニル二リン酸シンターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
all-trans-デカプレニル二リン酸シンターゼ
識別子
EC番号 2.5.1.91
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum

all-trans-デカプレニル二リン酸シンターゼ(all-trans-decaprenyl-diphosphate synthase)はユビキノンの合成に関わるプレニル基転移酵素の1つで、次の化学反応触媒する酵素である。

(2E,6E)-ファルネシル二リン酸 + 7 イソペンテニル二リン酸 7 二リン酸 + all-trans-デカプレニル二リン酸

組織名は(2E,6E)-farnesyl-diphosphate:isopentenyl-diphosphate farnesyltranstransferase (adding 7 isopentenyl units)である。

分布[編集]

原核生物では酢酸菌Gluconobacter suboxydans紅色細菌Rhodobacter sphaeroides根粒菌Sinorhizobium meliloti(以上プロテオバクテリア門)、結核菌放線菌門)に見出されている。一方、真核生物では分裂酵母Schizosaccharomyces pombe子嚢菌Saitoella complicata担子菌Bulleromyces albus、担子菌Rhodotorula minutaワタアブラムシヒトに存在している。[1]

構造[編集]

原核生物ではホモ2量体で機能しているのに対し、真核生物では2種類のサブユニットがヘテロ4量体を構成している[2]。ただし、分裂酵母以外の酵母は1種類のサブユニットしか持たず、それで機能できることが知られている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Moriyama et al. (2017年). “Cloning and characterization of decaprenyl diphosphate synthase from three different fungi”. Appl. Microbiol. Biotechnol. 101 (4): 1559-1571. doi:10.1007/s00253-016-7963-0. 
  2. ^ Saiki et al. (2005年). “Characterization of solanesyl and decaprenyl diphosphate synthases in mice and humans”. FEBS J. 272 (21): 5606–5622. doi:10.1111/j.1742-4658.2005.04956.x. PMID 16262699.