イソペンテニル二リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イソペンテニル二リン酸
{{{画像alt1}}}
構造式
識別情報
略称 IPP
CAS登録番号 358-71-4
日化辞番号 J38.556E
KEGG C00129
特性
化学式 C5H12O7P2
モル質量 246.09 g mol−1
関連する物質
関連する異性体 ジメチルアリル二リン酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

イソペンテニル二リン酸(イソペンテニルにリンさん、isopentenyl diphosphate、IPP)は、テルペンテルペノイドを合成するメバロン酸経路の中間生成物である。

生合成[編集]

IPPはメバロン酸回路でジホスホメバロン酸からジホスホメバロン酸デカルボキシラーゼによって生成され、イソペンテニル二リン酸イソメラーゼによってジメチルアリル二リン酸になる。

また、IPPはイソプレノイド生合成の代替経路である非メバロン酸経路で、(E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸 (HMB-PP) からHMB-PP還元酵素 (LytB, IspH) によって合成される。非メバロン酸経路は、多くのバクテリアマラリア原虫植物プラスチドアピコンプレックス門に存在する。

関連項目[編集]