メバロン酸キナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メバロン酸キナーゼ
MevalonateKinase.png
黄色ブドウ球菌のメバロン酸キナーゼの結晶構造[1]
識別子
EC番号 2.7.1.36
CAS登録番号 9026-52-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO
テンプレートを表示
MVK
PDB 2r3v EBI.png
PDBに登録されている構造
PDBオルソログ検索: RCSB PDBe PDBj
識別子
記号MVK, LRBP, MK, MVLK, POROK3, mevalonate kinase
外部IDOMIM: 251170, 260920, 610377, 175900 MGI: 107624 HomoloGene: 372 GeneCards: MVK
遺伝子の位置 (ヒト)
12番染色体 (ヒト)
染色体12番染色体 (ヒト)[2]
12番染色体 (ヒト)
MVK遺伝子の位置
MVK遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点109,573,255 bp[2]
終点109,598,125 bp[2]
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_000431
NM_001114185
NM_001301182

NM_023556
NM_001306205

RefSeq
(タンパク質)

NP_000422
NP_001107657
NP_001288111

NP_001293134
NP_076045

場所
(UCSC)
Chr 12: 109.57 – 109.6 MbChr 12: 114.44 – 114.46 Mb
PubMed検索[4][5]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト閲覧/編集 マウス

メバロン酸キナーゼ(Mevalonate kinase)は、イソプレノイド生合成経路の一つであるメバロン酸経路の4番目の酵素である。ヒトにおいてMVK遺伝子でコードされる[6][7]細菌から哺乳類まで幅広い生物で見られる。この酵素は、以下の化学反応触媒する。

ATP + (R)-メバロン酸 ADP + (R)-5-ホスホメバロン酸

機能[編集]

メバロン酸は、イソプレノイド及びステロールの生合成において鍵となる中間体であり、メバロン酸キナーゼは初期段階の鍵となる酵素である[6]。メバロン酸をリン酸化して、5-ホスホメバロン酸を産生する[8]。メバロン酸キナーゼ活性の5–10%の低下はメバロン酸キナーゼ欠損症英語版と関係しており、メバロン酸経路の中間体であるメバロン酸が蓄積する[9]

メバロン酸キナーゼはメバロン酸経路の5番目および6番目の酵素とはアミノ酸配列が相同であり、いずれも共通祖先から分岐したと考えられる(GHMPファミリー)。

臨床上の重要性[編集]

この酵素の異常は、発熱を繰り返す高IgD症候群と関連がある[10]

メバロン酸キナーゼ欠損症はこの遺伝子の変異によって生じ、精神運動発達遅滞英語版、発育不良、肝脾腫英語版貧血、再発性の発熱などで特徴づけられる、メバロン酸尿症を引き起こす。また、この遺伝子の欠損は周期性発熱を伴う高IgD症候群を引き起こし、この疾患はリンパ節腫脹英語版関節痛、胃腸の異常、皮膚の発疹を伴う再発性の発熱によって特徴づけられる[6]。疾患の症状は典型的には幼児期から始まり、ストレスや細菌感染によってさらに活発になる。メバロン酸キナーゼ欠損症を正確に診断するための十分な科学的データが現時点ではないため、長い間診断がなされていない状態となっている可能性がある[9]

出典[編集]

  1. ^ PDB 2X7I; Oke M, Carter LG, Johnson KA, Liu H, McMahon SA, Yan X, Kerou M, Weikart ND, Kadi N, Sheikh MA, Schmelz S, Dorward M, Zawadzki M, Cozens C, Falconer H, Powers H, Overton IM, van Niekerk CA, Peng X, Patel P, Garrett RA, Prangishvili D, Botting CH, Coote PJ, Dryden DT, Barton GJ, Schwarz-Linek U, Challis GL, Taylor GL, White MF, Naismith JH (June 2010). “The Scottish Structural Proteomics Facility: targets, methods and outputs”. J. Struct. Funct. Genomics 11 (2): 167-80. doi:10.1007/s10969-010-9090-y. PMC: 2883930. PMID 20419351. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2883930/. 
  2. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000110921 - Ensembl, May 2017
  3. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000041939 - Ensembl, May 2017
  4. ^ Human PubMed Reference:
  5. ^ Mouse PubMed Reference:
  6. ^ a b c Entrez Gene: mevalonate kinase”. 2015年1月26日閲覧。
  7. ^ Schafer BL, Bishop RW, Kratunis VJ, Kalinowski SS, Mosley ST, Gibson KM, Tanaka RD (July 1992). “Molecular cloning of human mevalonate kinase and identification of a missense mutation in the genetic disease mevalonic aciduria”. J. Biol. Chem. 267 (19): 13229-38. PMID 1377680. 
  8. ^ Mulders-Manders, C. M.; Simon, A. (2015-07). “Hyper-IgD syndrome/mevalonate kinase deficiency: what is new?”. Seminars in Immunopathology 37 (4): 371–376. doi:10.1007/s00281-015-0492-6. ISSN 1863-2300. PMC: 4491100. PMID 25990874. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25990874. 
  9. ^ a b Stabile, Achille; Compagnone, Adele; Napodano, Salvatore; Raffaele, Carmela Gerarda Luana; Patti, Maria; Rigante, Donato (2013-12). “Mevalonate kinase genotype in children with recurrent fevers and high serum IgD level”. Rheumatology International 33 (12): 3039–3042. doi:10.1007/s00296-012-2577-z. ISSN 1437-160X. PMID 23239036. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23239036. 
  10. ^ Online 'Mendelian Inheritance in Man' (OMIM) 260920

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]