ジメチルアリル二リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジメチルアリル二リン酸
{{{画像alt1}}}
構造式
識別情報
略称 DMAPP、HMB-PP、HDMAPP
CAS登録番号 358-72-5
日化辞番号 J39.581A
KEGG C00235
特性
化学式 C5H12O7P2
モル質量 246.09 g mol−1
関連する物質
関連する異性体 イソペンテニル二リン酸
関連物質 ゲラニル二リン酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジメチルアリル二リン酸(ジメチルアリルにリンさん、DMADP)は、メバロン酸経路および、非メバロン酸経路の中間生成物である。イソペンテニル二リン酸の異性体であり、ほとんどの生物体に存在している。ジメチルアリルピロリン酸(DMAPP)ともいう。

生合成[編集]

メバロン酸経路[編集]

メバロン酸経路では、イソペンテニル二リン酸イソメラーゼによってジメチルアリル二リン酸から合成される。

メバロン酸経路

非メバロン酸経路[編集]

非メバロン酸経路では、HMB-PPレダクターゼによって(E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸から合成される。

関連項目[編集]