al-Amal

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
al-Amal
所属 ムハンマド・ビン・ラシード宇宙センターアラビア語版英語版
公式ページ Emirates Mars Mission(英語)(アラビア語) - ウェイバックマシン(2018年3月7日アーカイブ分)[リンク切れ]
国際標識番号 2020-047A
カタログ番号 45918
状態 運用中
目的 火星探査
観測対象 火星
打上げ場所 種子島宇宙センター
打上げ機 H-IIAロケット
打上げ日時 2020年7月20日午前6時58分14秒 (JST)[1][2]
物理的特長
質量 1500 kg
発生電力 600 W
テンプレートを表示

al-Amal(アル・アマル[3][注 1]アラビア語: الأمل‎、"希望"の意)、もしくはHope(ホープ)[6]は、アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機。"Hope Probe"(ホープ・プローブ、: مسبار الأمل‎)と表現されることもある[7]

UAE構成国の一つドバイ首長国の政府宇宙機関であるMBRSCアラビア語版英語版[注 2][8]が、UAEの建国50周年を記念し2021年の火星到達を目指して計画、開発を行い、2020年7月に打ち上げられた[1][2]。ミッション全体の名称は、Emirates Mars Mission(エミレーツ・マーズ・ミッション)と表現される[8][7]

概要[編集]

日本時間の2020年7月20日に日本の種子島宇宙センターからH-IIAロケットで打ち上げられ[1][2]、今後、気象、大気散逸、固体についての火星総合探査を予定するとなっている[9]。特に、下層大気の本格的な観測は初となる[10]

構造[編集]

重量1.5トンのアルミニウム・ハニカム構造の六角柱状をしていて探査機としては比較的オーソドックスな600ワットの発電出力の3枚の展開式太陽電池パドルを装備する[9]。奇をてらわずに堅実に手堅くまとめた仕様であるといえる。

推進器は推力120ニュートンのスラスターを4基から6基搭載する予定で冗長性を確保する狙いがあると想定される[9]

予定される観測項目[編集]

搭載される観測装置は日本がかつて火星探査に挑んだのぞみでは500キログラムの機体に14台の観測機器を搭載していたのとは対照的に3台に絞り込んでいる。

  • Emirates eXploration Imager(EXI)
高解像度のカラー画像撮影や、火星大気中の氷や砂塵、オゾンの観測を実施予定[9]
  • Emirates Mars Ultraviolet Spectrometer(EMUS)
紫外線を利用して、火星全体の上層大気からの酸素や水素の離脱の過程を観測予定[9]
  • Emirates Mars InfraRed Spectrometer(EMIRS)
赤外線を利用して、火星大気の温度分布だけでなく、氷、水蒸気、塵を観測予定[9]

歴史[編集]

  • 2020年4月20日 - 打ち上げ地である日本への輸送が開始された[11]
  • 2020年5月18日 - 三菱重工が7月15日(予備期間8月13日まで)に打ち上げる計画を発表した[6]
  • 2020年7月20日 - 日本時間午前6時58分14秒に種子島宇宙センターから打ち上げられた。[1][2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 定冠詞alを省いて単にアマルとも[4]。他に表記のゆれとしてアルアマルとも[5]
  2. ^ : مؤسسة الإمارات للعلوم والتقنية المتقدمة‎、: The Mohammed bin Rashid Space Centre、ムハンマド・ビン・ラシード宇宙センター。

出典

  1. ^ a b c d 日本のH-IIAロケット打ち上げ成功 UAEの火星探査機を搭載”. スプートニク (2020年7月20日). 2020年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月20日閲覧。
  2. ^ a b c d ロケット打ち上げ情報 予定(計画)と結果”. 宇宙技術開発株式会社. 2020年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月20日閲覧。
  3. ^ アラブ首長国連邦、火星探査に名乗りを上げる。2020年に探査機打ち上げ予定”. スラド. 2017年2月11日閲覧。
  4. ^ 石油大国のUAE「石油時代後に備え」火星探査機打ち上げ…韓国留学派がプロジェクト総括”. 中央日報日本語版 (2020年7月21日). 2020年7月23日閲覧。
  5. ^ UAEの火星探査機「ホープ」、種子島から打ち上げ”. xtech.nikkei.com (2020年4月20日). 2020年7月25日閲覧。
  6. ^ a b H-IIAロケット42号機によるUAE火星探査機「HOPE」の打上げについて”. 三菱重工 (2020年5月18日). 2020年6月5日閲覧。
  7. ^ a b エミレーツ・マーズ・ミッションが探査機「ホープ・プローブ」打ち上げのライブ・ストリーム・リンクを発表”. businesswire.com (2020年7月14日). 2020年7月25日閲覧。
  8. ^ a b 鳥嶋真也「三菱重工、H-IIAロケット42号機を出荷 - 7月に火星探査機を載せて打ち上げ」『マイナビニュース』、2020年6月15日。2020年7月5日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 日本が打ち上げるUAEの火星探査機「アル・アマル」”. ともにゃんBLOG (2016年3月23日). 2017年2月11日閲覧。
  10. ^ UAEによる最初の火星探査ミッションが、いま日本の地から始まろうとしている”. WIRED.jp (2020年7月9日). 2020年7月13日閲覧。
  11. ^ UAEの火星探査機「ホープ」日本に向けて出発。7月にH-IIAロケットで打ち上げ予定”. sorae.jp (2020年4月22日). 2020年4月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]