AT-10 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビーチクラフト AT-10 ウィチタ

Beech AT-10 Wichita USAF.jpg

ビーチクラフト AT-10 ウィチタ(Beechcraft AT-10 Wichita)は第二次世界大戦中のアメリカ陸軍航空隊の高等練習機である。ビーチクラフトとグローブ・エアクラフトで生産した。

アメリカ陸軍航空隊の多発機のパイロットの養成のために適する双発機の要求に対して、1940年の初めにビーチクラフトはモデル25の設計を開始した。当時、アルミニウムなどの戦略物資の不足が懸念されていたので、戦略物資を使わないことが要求の中にあり、ビーチクラフトは合板を材料に機体を設計した。

モデル25はアメリカ陸軍に評価のために引き渡されたが1941年5月5日に墜落した。翌日からモデル26の製造を始め、7月19日に初飛行し、1942年2月にAT-10として採用され、ビーチクラフトの工場のある地名からウィチタという愛称がつけられた。

1942年の終わりまでに748機が生産され、爆撃機輸送機のパイロットの養成に用いられた。1943年にビーチクラフトが1,771機で生産を終了し、別にグローブ・エアクラフトが1944年までに600機を生産した。

要目[編集]

  • 乗員: 2名
  • 全長: 10.46 m
  • 全巾; 13.41 m
  • 全高: 3.15 m
  • 空虚重量: 2,155 kg
  • 最大離陸重量: 2,781 kg
  • エンジン: 2xライカミングR-680-9
  • 出力 2x 295 hp (220 kW)
  • 最大速度: 319 km/h
  • 巡航高度:5,150 m
  • 航続距離:1,240 km