2020-21 V.LEAGUE DIVISION3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
V.LEAGUE > 2020-21 V.LEAGUE > 2020-21 V.LEAGUE DIVISION3
2020-21 V.LEAGUE DIVISION3
(V3)
リーグV.LEAGUE
スポーツバレーボール
期間2021年1月9日 - 2021年2月28日
V.LEAGUE DIVISION3 seasons
← 2019-20
2021-22 →

2020-21 V.LEAGUE DIVISION3は、2020-2021年に開催された2020-21V.LEAGUEのDIVISION3(V3、3部相当)である。

概要[編集]

男子は、前シーズンの4チームのうち1チームがS2ライセンスを取得したためV2に昇格。新たに3チームが参入したが、新型コロナウイルス感染症流行の影響による出場辞退チームが2チーム出たため4チームとなった[1][2]。女子は、S3ライセンス保持チームがフォレストリーヴズ熊本のみで、V.LEAGUEライセンスを保持している他の全チームがV2以上に在籍のため、特例でV2に編入された[1]。そのため、V3は前シーズン同様男子のみが行われる[3]

男子[編集]

2020-21 V.LEAGUE DIVISION3 MEN
(V3男子)
リーグV.LEAGUE
スポーツバレーボール
期間2021年1月9日 - 2021年2月28日
チーム数4
リーグ優勝近畿クラブスフィーダ
準優勝千葉ZELVA
シーズンMVP中西武琉(近畿)
得点王赤松圭介クボタ

日程[編集]

2021年1月9日 - 2021年2月28日[3]

出場チーム[編集]

2019-20シーズンの残留チームとS3ライセンスを取得し新たに参入するチームによって構成される[1]

チーム 所在
都道府県
2019-20
シーズン
2021-22
ライセンス
出場理由
奈良ドリーマーズ 奈良県 V3 優勝 S2 S3ライセンス保有
近畿クラブスフィーダ 大阪府 V3 準優勝 S3
クボタスピアーズ 大阪府 地域リーグ S2 S3ライセンス新取得
千葉ZELVA 千葉県 地域リーグ S2
出場辞退チーム

新型コロナウイルス感染症流行の影響により、以下の2チームが出場辞退した[2]

チーム 所在
都道府県
2019-20
シーズン
2021-22
ライセンス
トヨタモビリティ東京スパークル 東京都 V3 4位 S3
アイシンティルマーレ 愛知県 地域リーグ S3

大会方式[編集]

参加4チームによる3回戦総当たり(1チーム9試合)を行う[3]

順位決定方式[編集]

以下の優先順位で順位を決定する[3]

  1. 勝利数
  2. ポイント
  3. セット率
  4. 得点率
  5. 当該チーム間の対戦成績
ポイントの付与

各試合ごとに以下の通りポイントが付与される。

条件 付与ポイント
セットカウント「3-0」あるいは「3-1」で勝利 3点
セットカウント「3-2」で勝利 2点
セットカウント「2-3」で敗戦 1点
セットカウント「1-3」あるいは「0-3」で敗戦 0点

感染症流行による影響[編集]

新型コロナウイルス感染予防を配慮し、入場者数を50%に制限する「リモート50」での開催を目指す指針が示された[4]

感染症流行の影響を受け、トヨタモビリティ東京スパークルアイシンティルマーレが出場を辞退し、2チーム少ない4チームでのV3開催となった[5][6][7]

クボタスピアーズ近畿クラブスフィーダ奈良ドリーマーズがホームゲームを無観客開催に変更[8][9]

2021年1月、政府が緊急事態宣言を発令することになったのを受け、9日-11日に開催予定の全試合を中止とした[10]。16日以降の試合については、緊急事態宣言発令における政府の対策を踏まえた上でリーグ再開することとなった[11]。9日-11日の中止となった試合は代替試合を開催しないとクボタスピアーズの公式サイトで発表され、1回戦総当たり分が削減されて2回戦総当たり(1チーム6試合)のみの開催予定となった[12]。なお、Vリーグ機構からは、この処置についてリーグ戦が終了するまで発表されなかった[13]

2020-21 V3男子の大会要項発表当初(2020年7月)は、1チーム15試合(6チームで3回戦総当たり)の予定であったが、コロナ禍の影響で最終的に1チーム6試合(予定)にまで削減された。

V・レギュラーラウンド[編集]

勝敗表[編集]

順位 チーム 試合 セット 得点
Pts
1 近畿クラブスフィーダ 6 4 2 0.667 13 15 8 1.875 534 479 1.115
2 千葉ZELVA 6 4 2 0.667 11 12 9 1.333 462 484 0.955
3 クボタスピアーズ 6 3 3 0.500 10 13 10 1.300 543 518 1.048
4 奈良ドリーマーズ 6 1 5 0.167 2 4 17 0.235 451 509 0.886

全日程終了。未消化試合6試合を残し打ち切り。(順位の決定基準:勝数→ポイント→セット率→得点率→当該間の対戦成績)
出典:[1]

試合結果[編集]

日程 開催地 会場 R 開始 H 結果 スコア 合計 帳票 備考
2021/01/09 大阪府 東大阪市 近畿大学記念会館 R 13:00 H 近畿 - 奈良 中止[10] 代替試合なし[12]
2021/01/09 大阪府 東大阪市 近畿大学記念会館 R 15:30 千葉 - クボタ 中止[10] 代替試合なし[12]
2021/01/10 大阪府 東大阪市 近畿大学記念会館 R 12:00 H 近畿 - 千葉 中止[10] 代替試合なし[12]
2021/01/10 大阪府 東大阪市 近畿大学記念会館 R 14:30 奈良 - クボタ 中止[10] 代替試合なし[12]
2021/01/11 大阪府 東大阪市 近畿大学記念会館 R 12:00 奈良 - 千葉 中止[10] 代替試合なし[12]
2021/01/11 大阪府 東大阪市 近畿大学記念会館 R 14:30 H 近畿 - クボタ 中止[10] 代替試合なし[12]
2021/01/16 奈良県 奈良市 西部生涯スポーツセンター R 13:00 H 奈良 3-2 近畿 25-21 25-16 23-25 19-25 15-9 107-96 A B
2021/01/16 奈良県 奈良市 西部生涯スポーツセンター R 16:00 千葉 3-1 クボタ 25-21 18-25 25-23 27-25 95-94 A B
2021/01/17 奈良県 奈良市 西部生涯スポーツセンター R 12:00 H 奈良 0-3 クボタ 19-25 27-29 19-25 65-79 A B
2021/01/17 奈良県 奈良市 西部生涯スポーツセンター R 15:00 近畿 3-0 千葉 25-17 25-18 25-18 75-53 A B
2021/02/06 大阪府 大阪市 住吉スポーツセンター R 13:00 H クボタ 1-3 近畿 25-21 22-25 20-25 23-25 90-96 A B
2021/02/06 大阪府 大阪市 住吉スポーツセンター R 16:00 奈良 0-3 千葉 23-25 20-25 24-26 67-76 A B
2021/02/07 大阪府 大阪市 住吉スポーツセンター R 12:00 H クボタ 2-3 千葉 23-25 25-20 25-15 18-25 13-15 104-100 A B
2021/02/07 大阪府 大阪市 住吉スポーツセンター R 15:00 奈良 1-3 近畿 12-25 19-25 25-23 19-25 75-98 A B
2021/02/27 千葉県 千葉市 JFE体育館 13:00 H 千葉 3-0 奈良 25-23 25-22 25-21 75-66 A B
2021/02/27 千葉県 千葉市 JFE体育館 16:00 近畿 1-3 クボタ 23-25 25-16 20-25 23-25 91-91 A B
2021/02/28 千葉県 千葉市 JFE体育館 12:00 H 千葉 0-3 近畿 19-25 26-28 18-25 63-78 A B
2021/02/28 千葉県 千葉市 JFE体育館 15:00 奈良 0-3 クボタ 33-35 22-25 16-25 71-85 A B

最終順位[編集]

順位 チーム
1位 近畿クラブスフィーダ
2位 千葉ZELVA
3位 クボタスピアーズ
4 奈良ドリーマーズ

表彰[編集]

全日程終了後、以下のように個人賞が発表された[13]

個人賞
賞の名称 受賞者氏名 所属チーム名 記録 受賞回数 備考
最高殊勲選手賞 中西武琉 近畿クラブスフィーダ 初受賞
敢闘賞 村松俊輔 千葉ZELVA 初受賞
最優秀新人賞 中西武琉 近畿クラブスフィーダ
得点王 赤松圭介 クボタスピアーズ 114点 初受賞 最高得点
スパイク賞 中西武琉 近畿クラブスフィーダ 54.3% 初受賞 アタック決定率
ブロック賞 鎌苅翔 クボタスピアーズ 0.91本 初受賞 セット当たりブロック決定本数
サーブ賞 中西武琉 近畿クラブスフィーダ 8.9% 初受賞 サーブ効果率
サーブレシーブ賞 大原悠 近畿クラブスフィーダ 74.5% 2年ぶり2回目 サーブレシーブ成功率

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “2020-21V.LEAGUEの編成決定のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年7月1日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21724 2020年7月1日閲覧。 
  2. ^ a b “2020-21 V.LEAGUE 一部チームの不参加決定について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年9月4日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21738 2020年9月4日閲覧。 
  3. ^ a b c d 大会要項 2020-21 V.LEAGUE DIVISION3 MEN”. Vリーグ機構. 2020年7月1日閲覧。
  4. ^ “2020-21 V.LEAGUE 大会要項・日程発表会見” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年7月1日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21727 2021年1月13日閲覧。 
  5. ^ “2020-21 V.LEAGUE 一部チームの不参加決定について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年9月4日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21738 2021年1月14日閲覧。 
  6. ^ “お知らせ” (プレスリリース), トヨタモビリティ東京スパークル, (2020年9月4日), http://toyope-gs.site/2020/09/04/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/ 2021年1月14日閲覧。 
  7. ^ “アイシンティルマーレ 20-21シーズン不参加決定について” (プレスリリース), アイシンティルマーレ, (2020年9月4日), https://tealmare.jp/topics/detail.php?id=532 2021年1月14日閲覧。 
  8. ^ “2020-21 V.LEAGUE DIVISION3リモートマッチ開催および試合会場変更のお知らせ” (プレスリリース), クボタスピアーズ, (2020年11月25日), https://www.kubota-spears.com/volleyball/news/entry/news20201100.html 2021年1月13日閲覧。 
  9. ^ 奈良ドリーマーズの2021年1月13日のツイート2021年1月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g “2021年1月8日(金)~11日(月・祝)開催予定の大会延期について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年1月6日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21834 2021年1月13日閲覧。 
  11. ^ “2021年1月16日(土)以降の大会再開を決定、代替試合は調整中” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年1月12日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21839 2021年1月13日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g “2020-21 V.LEAGUE DIVISION3 1月16日(土)以降の大会再開のお知らせ” (プレスリリース), クボタスピアーズ, (2021年1月12日), https://www.kubota-spears.com/volleyball/news/entry/news20210112.html 2021年1月13日閲覧。 
  13. ^ a b “2020-21 V.LEAGUE DIVISION3 MEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年2月28日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21926 2021年2月28日閲覧。 

外部リンク[編集]