120円パッ区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
100円パッ区から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
案内掲示(電力ビル前)
レイアウト例(県庁市役所前 4番のりば)

120円パッ区(ひゃくにじゅうえんパッく)とは、宮城県仙台市で導入されている、路線バス[注 1]の120円均一運賃制度である。

概要[編集]

1999年に仙台市が策定した「アクセス30分構想推進計画」に則り[1]、2002年に都心部の利便性向上と渋滞緩和を目的に、仙台市交通局宮城交通が協同し、路線バスの100円均一運賃制度として「100円パッ区」を導入。区域は、広瀬通一番町を中心とする中心業務地区が主である。

100円パッ区とは別に、地下鉄東西線開業に合わせ、八木山動物公園駅薬師堂駅荒井駅の3駅周辺についても100円均一の運賃体系が導入されている[2]

2018年10月1日、市バス運賃の改定に合わせ、100円パッ区の区間を120円に値上げするとともに、名称も「120円パッ区」に変更された。地下鉄東西線3駅周辺の100円均一については変更されていない。

120円パッ区フリー共通定期券[編集]

100円パッ区のさらなる利用促進を図るために2003年10月より100円パッ区用の定期券が導入された。2018年10月現在においては、1ヵ月4,780円 / 3ヵ月14,340円 / 6ヵ月28,680円の三種類が発売されている。 持参人式の定期券となっており、複数人間での定期券の貸し借りが可能である[3]

沿革[編集]

前史[編集]

  • 1999年(平成11年)
    • 7月 - 仙台市、「アクセス30分構想推進計画」を策定。
    • 11月
      宮城県が主導し、交通需要マネジメントの社会実験(杜の都の交通大作戦)を実施[4]。仙台市都心部においては、100円運賃の都心循環バス(通勤バス・買物バス)を運行[5]。実験に対して、高い評価が得られた[6]

本史[編集]

  • 2002年(平成14年)2月1日 - 都心バス100円均一運賃(100円パッ区)の実証実験を開始。
  • 2003年(平成15年)10月1日
    実施区域を拡大。
    フリー共通定期券「サン・キュ・パッ区」(1ヶ月3,980円)の販売開始。
  • 2015年(平成27年)12月 - 地下鉄東西線開業に合わせ、バス路線の見直しを行い、バス停の廃止・名称変更等が行われる。
  • 2018年(平成30年)10月1日 - 市バス運賃改定に合わせ、100円パッ区の区間が120円に値上げ、フリー共通定期券も値上げされた[7][8]

区域内バス停一覧[編集]

25のバス停が所在する。

このうち、大町西公園駅・錦町・錦町公園前・北二番丁二日町はバス停車本数が極端に少ないので利用の際は注意を要する[独自研究?]

利用状況[編集]

  • 2012年度:5,092人/日[9]

その他[編集]

  • 区域内であっても、非路線バス(るーぷる仙台等)では適用されない。
  • 愛子観光バスは、区間内[注 13]の運賃を100円に設定しており[10]、市バス運賃改定後の2018年10月現在も100円の料金を維持している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 仙台市営バス宮城交通の2社
  2. ^ 青葉通一番町駅乗継バス停
  3. ^ あおば通駅仙台駅乗継バス停
  4. ^ 大町西公園駅乗継バス停
  5. ^ a b c 勾当台公園駅乗継バス停
  6. ^ a b 仙台駅乗継バス停
  7. ^ a b c 広瀬通駅乗継バス停
  8. ^ 現、青葉通一番町駅
  9. ^ 現、錦町一丁目
  10. ^ 現、大町西公園駅
  11. ^ 現、広瀬通駅
  12. ^ 現、あおば通駅
  13. ^ 仙台駅前 - 広瀬通一番町間

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]