交通需要マネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交通需要マネジメント(こうつうじゅようマネジメント、Transportation Demand ManagementTDM)は、自動車利用者の行動を変えることにより、道路渋滞をはじめとする交通問題を解決する手法。

背景[編集]

交通問題の解決のために、従来は道路整備など交通の供給側からの対応がなされてきた。それに限界が生じたため、交通の需要側からの対応という発想が生まれた。

施策の分類[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]