るーぷる仙台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
博物館国際センター前」バス停に停車中のるーぷる仙台 (2005年7月。宮城ナンバー時代)

るーぷる仙台(るーぷるせんだい、: Loople Sendai)は、仙台市交通局が運行する仙台市内の観光地を循環する路線バス。「仙台市観光シティループバス」とも呼ばれる。通常の仙台市営バスの車両とは異なる、レトロ調路面電車風の特製車両ファンタスティックバス)が用いられている。中乗り、前降り。全車で車椅子での乗降可能[1]

車内と停留所はKDDIワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する無料公衆無線LAN「SENDAI free Wi-Fi」のアクセスポイントになっている[2]

概要[編集]

仙台市経済局と仙台市交通局の共同事業[3]で、1999年平成11年)5月13日から運行が開始された。定員50人程の特製車両で基本的に運行されるが、繁忙期の通常運行や特別運行では一般の仙台市営バスに「るーぷる仙台」との横断幕を付けられた臨時便が運行されることがある。

通常運行では、仙台駅を起点に仙台市都心部青葉山地区の観光地を繋ぎ、約70分かけて時計回りに回っており、乗客は途中にある専用のバス停で乗降する。運行時間中は、バスロケーションシステム 「どこバス仙台」で、バスの現在地をインターネットから確認することができる。特別運行では、仙台駅を起点にイベント会場を繋いでいる。

年間利用客数は順調に増加し、2008年(平成20年)度には仙台・宮城デスティネーションキャンペーンの効果もあって40万人/年を突破した[4]。しかし、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響で半減した。その後、利用客は戻りつつある。

有効な一日乗車券(大人:620円)を提示すると割引を受けられる制度があり、るーぷる仙台の専用バス停に近接する伊達政宗関連観光施設である瑞鳳殿仙台市博物館青葉城資料展示館の3施設だけでも大人は合計380円引きになる。このため、割引を受けられない1回乗車券(大人:260円)で巡るより、一日乗車券の方が実質的に安上がりになるという逆転現象が起きている。

2015年(平成27年)12月6日地下鉄東西線の開業日より、仙台市地下鉄との乗り換えの利便性を高めるためにバス停を新設したり、改称したりした。また、これまでるーぷる仙台と地下鉄の両方を一日乗り放題にするには、「るーぷる仙台一日乗車券」(大人:620円)と「仙台市地下鉄一日乗車券」(大人:平日840円、土日休620円)の2つを買う必要があったが、同日より「るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券」(大人900円)が発売開始された。

なお、都心部内のみを移動するならば、路線バスのゾーン料金制「100円パッ区」がより安価である。ただし専用車両ではなく路線バスの料金制度であるため観光スポットを考慮しておらず、車両もアナウンス無しで区域外へ出ることに加え、区間の案内は停留所のみであり、観光客にとっては分かりにくいのが実情である。

通常運行[編集]

頻度[編集]

運行時間は、仙台駅前発9:00~16:00。

  • 平日(8月を除く):20分間隔で運行。22便/日。
  • 土・日・祝日及び8月の全日:15分間隔で運行。29便/日。
    • 仙台駅発15時以降の便は仙台駅前止まり。
    • 混雑時には、るーぷる専用車両以外のバスが運行する場合がある。

専用バス停[編集]

バス停名 位置 乗換駅
01 仙台駅前
仙台駅西口バスプール16番)
地図 Sendai City Subway Logo.pngT07/N10 仙台駅・南3出口まで徒歩1分
JR logo (east).svg仙台駅・西口まで徒歩1分
02 青葉通一番町駅 地図 Sendai City Subway Logo.pngT06 青葉通一番町駅・南1出口まで徒歩1分
03 晩翠草堂 地図 Sendai City Subway Logo.pngT06 青葉通一番町駅・南1出口まで徒歩2分
04 瑞鳳殿 地図
05 博物館国際センター 地図 Sendai City Subway Logo.pngT04 国際センター駅・南1出口まで徒歩5分
06 仙台城 地図
07 青葉山植物園西 地図
08 青葉山駅 地図 Sendai City Subway Logo.pngT02 青葉山駅・北1出口まで徒歩1分
09 理学部自然史標本館 地図 Sendai City Subway Logo.pngT02 青葉山駅・北1出口まで徒歩3分
10 国際センター駅宮城県美術館 地図 Sendai City Subway Logo.pngT04 国際センター駅・西1出口まで徒歩3分
11 交通公園三居沢水力発電所 地図
12 大崎八幡宮 地図
13 二高・宮城県美術館前 地図 Sendai City Subway Logo.pngT04 国際センター駅・西1出口まで徒歩4分
14 メディアテーク 地図 Sendai City Subway Logo.pngN08 勾当台公園駅・公園2出口まで徒歩6分
15 定禅寺通市役所 地図 Sendai City Subway Logo.pngN08 勾当台公園駅・公園2出口まで徒歩1分
16 広瀬通駅 地図 Sendai City Subway Logo.pngN09 広瀬通駅・西1出口まで徒歩1分
瑞鳳殿前」バス停とるーぷる仙台(2007年8月。仙台ナンバー時代)

運賃[編集]

  • 1回(大人260円、小人130円)… どこから乗り降りしても同じ金額。
  • 1日券(大人620円、小人310円)… 乗車当日乗り降り自由、乗り放題。
  • るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券(大人900円、小人450円)… 地下鉄南北線東西線も乗り降り自由。
ICカード乗車券「icsca」・「Suica」の利用が可能。Suicaと相互利用している交通系ICカードにも利用可能なものあり。
仙台まるごとパス」が適用されるので、パス購入者は追加料金なしで乗れる。
仙台市発行の「敬老乗車証」および「ふれあい乗車証」でも追加料金なしで乗れる。

特別運行[編集]

臨時便用車(「仙台230あ·352」、写真は宮城ナンバー当時のもの。)

通常コースの延長[編集]

大崎八幡宮方面特別運行[5]
  • 通常運行コースを延長し、三居沢発電所(日本最初の水力発電所)・大崎八幡宮を回る。
  • 期間:2008年10月1日~12月31日(仙台・宮城DC全期間)、2009年10月1日~12月31日(仙台・宮城【伊達な旅】キャンペーン全期間)
  • 所要時間:70分(通常運行+15分)
  • 2010年4月1日より、このルートが通常運行ルートとなった。

単年度企画[編集]

「特別号」で用いられた、「仙台230 あ·246」[† 1]
特別号[6][7]
瑞鳳殿・仙台城跡金曜夜間特別運行[5]
  • 1周約45分で青葉通り→瑞鳳殿→仙台城跡と回る。
  • 期間:2008年10月3日~12月5日の毎週金曜日(SENDAI光のページェント前までの仙台・宮城DC期間中)
  • 仙台駅前発17:20~19:00。30~40分間隔(1日4便)。

例年運行される企画[編集]

七夕ナイト号
  • 仙台駅前と瑞鳳殿・仙台城跡とを結ぶコース
  • 期間:仙台七夕期間中
  • 仙台駅前発17:40~21:00、20分間隔。
光のページェント号

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1999年平成11年)
    • 5月9日 - 開業記念式典および市民体験試乗会。
    • 5月13日 - 3両で運行開始[8]。仙台駅前発9:00~16:00、30分間隔、15便/日。
  • 2001年(平成13年)3月末 - 2000年度(平成11年度)の黒字額が480万円となった[9]
  • 2003年(平成15年)
    • 8月6日8日 - るーぷる仙台「七夕ナイト号」を初めて運行[8]。以降、恒例化[8]
    • 8月10日 - 乗車人員延べ100万人達成。
  • 2004年(平成16年)
  • 2006年度(平成18年度)- ご当地ナンバーの「仙台ナンバー」に再登録[11]希望番号制度を用いて一連指定番号を車番の数字と同じにする。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月15日 - 乗車人員延べ200万人達成[12]
    • 3月21日 - 「仙台城跡」と「理学部自然史標本館前」の両バス停間に「青葉山植物園ゲート前」バス停を新設[13]
    • 3月末 - 2006年度(平成18年度)の黒字額が1400万円となった[14]
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
    • 3月末 - リーマン・ショック以降の世界同時不況にも関わらず、仙台・宮城DCにより2008年度(平成20年度)の利用者が約42万4千人(前年度比:22.8%増)に上った[16]
    • 9月22日 - 乗車人員延べ300万人達成[17]
    • 10月1日~12月31日 - 仙台・宮城「伊達な旅」キャンペーン。同キャンペーンに合わせて特別運行を実施。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 「交通公園・三居沢水力発電所」や「大崎八幡宮」等を回る新ルート(上記#通常コースの延長と同ルート)での運行を開始[8]。これに合わせ1両増車して6両体制での運行となる[8]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日14:46 - 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生。発災時刻以降、順次運休。
    • 3月末 - 年度末に震災による運休があったものの、2010年度(平成22年度)の利用者は過去最高の約43万人にのぼった[18]
    • 4月29日 - 「震災復興キックオフデー」に合わせて運行再開。ただし、仙台城の石垣の崩落により市道仙台城跡線[† 3]が通行不可となったため、「仙台城跡」「青葉山植物園ゲート前」「理学部自然史標本館前」の各バス停は経由しない。
    • 6月1日 - 仙台城方面への運行を再開。青葉城本丸会館駐車場内に「仙台城跡(臨時)」バス停を設置[19]
  • 2012年(平成24年)
    • 3月末 - 震災による運休や観光客減少の影響で、2011年度の利用者が約22万人にまで落ち込んだ[18]
    • 9月18日 - 乗車人員延べ400万人達成[18][20]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 消費税が5%から8%に増税されたのに伴い、従前の1回乗車:大人250円(小児130円)、一日乗車券:大人600円(小児300円)から、1回乗車:大人260円(小児130円)、一日乗車券:大人620円(小児310円)に料金が改定された[† 4][21]。また、車内での一日乗車券の販売を停止した[21]
  • 2015年(平成27年)
    • 2月25日11:30 - 市道仙台城跡線[† 3]が、震災復旧工事終了により通行再開[22]。同日最終便を以って「仙台城跡(臨時)」バス停の使用終了[23]
    • 2月26日 - 市道仙台城跡線[† 3]の通行再開に伴い、同日始発より「るーぷる仙台」のルートが震災前のルートに復帰[23]
    • 9月14日 - 乗車人員延べ500万人達成[24]
    • 12月1日 - 仙台市で開催される第3回国連防災世界会議3月14日 - 18日)に合わせ、同年3月5日より仙台城伊達政宗公騎馬像前1ヶ所でサービス開始した「SENDAI free Wi-Fi」のアクセスポイント拡大に伴い、るーぷる仙台の車両内および停留所でも使用可能となった[25][26]
    • 12月6日 - 地下鉄東西線開業に合わせて、「るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券」を発売。ICカード乗車券「icsca」による運賃支払の適用開始。「青葉山駅」のバス停を新設。一部バス停の名称を変更(「青葉通一番町」→「青葉通一番町駅」、「二高・宮城県美術館前(10番)」→「国際センター駅・宮城県美術館前」、「青葉山植物園ゲート前」→「青葉山植物園西」、「地下鉄広瀬通駅→広瀬通駅」)[27]
画像外部リンク
水玉模様陣羽織
  • 2016年(平成28年)3月16日 - 1台増車して7台体制で運行開始[28]。「水玉模様陣羽織」として知られる仙台藩主・伊達家の「紫地羅背板五色乱星」を模した新デザインが施された[28]
  • 2017年(平成29年)3月15日 - 1960年代後半ごろの仙台市電をモチーフとした車両と伊達政宗の生誕450年記念をモチーフとした車両の2台を増車し、既存の1台は廃車、残る6台のうちの1台を予備車両扱いに移行。差し引き8台所有だが、通常時は7台運用での運行体制となった[29]

年間利用客数[編集]

年度 車両 乗車人員
1999年 3両 174,699 人
2000年 213,213 人
2001年
2002年 249,310 人[30]
2003年 246,541 人[30]
2004年 4両 265,455 人[30]
2005年 278,759 人[30]
2006年
2007年 約34万人[† 2]
2008年 5両 約42.4万人[16]
2009年
2010年 6両 435,588 人[31]
2011年 218,128 人[31]
2012年 289,182 人[32]
2013年 329,123 人[32]
2014年 337,599 人[33]
2015年 415,699 人[34]

特製車両[編集]

導入年 車番
製造 型式 改造 画像 車体色 デザイン
コンセプト
1999年 114
KC-RR1JJAA ツー
ステップ





Sendaicitybus-114.jpg
115
Sendai-city-bus-115.jpg
116
Sendaicitybus-116.JPG
2004年 920 KK-RJ1JJHK ワン
ステップ
Sendaicitybus-920.JPG
2008年 113

PDG-LR234J2


Sendaicitybus-113.JPG
黄緑 仙台市電
杜の都
2010年 112

PDG-KR234J2




Sendaicitybus-112.jpg
2016年 111 SDG-KR290J1
Sendaicitybus-111.jpg
茄子 水玉模様陣羽織
2017年 100 SKG-KR290J2 ノン
ステップ
Sendaicitybus-100.jpg

クリーム
オレンジ
仙台市電カラー
(1960年代後半の塗装)
450
Sendaicitybus-450.jpg
茶褐色 政宗公生誕450年記念号
仙台市電1号車
  • メーカーは導入時期によって異なるが、架装業者により概ね同じ同等のデザインに変更されている。塗装は1台ごとに異なり当初はレトロ調の色合いだったが、2008年以降は杜の都をイメージした色や伊達政宗に関連する塗装が採用されている。
  • 車両前面の左右ヘッドライト結んだ線の中間にあるのは仙台市電の1灯式ライトを模した飾りで、実際には点灯できない。この部分は架装業者により大きさが若干異なる。
  • 車番920以外は、車内後方に立ちスペースと円形の手すりがある。
  • 車番とナンバープレート一連指定番号の数字は一致する。
  • るーぷる仙台特製車両をかたどったチョロQが存在する[35]
  • 2006年の仙台ナンバー導入に伴い、これまでの「宮城200か·xxx」がすべて「仙台230あ·xxx」(xxxは従前のナンバーと同一)に登録変更されている。
  • 2008年10月頃より、臨時便用の日野・リエッセ(車番「宮城200か·352」)にも専用車両に準じた塗装が施されている(なお、2013年に希望ナンバー <仙台ナンバー> への変更が実施され、「仙台230あ·352」に変更された)。
  • 全車バリアフリー化済み。2ステップ車では乗降リフト装置、1ステップ車はスロープ板で車椅子は乗降する[1]
  • 2017年に新車が2台導入されたことにともない、同年3月15日付で1台が廃車、1台が予備車両の運用に変更される。
  • 2017年に導入された「政宗公生誕450年記念号」の前面には伊達政宗兜の前立である弦月をイメージしたマークが描かれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 通常時は、七北田出張所に所属し、(49/59系統)南光台コミュニティ循環や地下鉄旭ケ丘駅始発の(45系統)南光台中学校行きへ充当
  2. ^ a b 仙台・宮城DCに向けて4月から「るーぷる仙台」が一層便利になります(仙台市) … 新車両は、旧仙台市電の車体色および杜の都をイメージして黄緑色に塗られた。
  3. ^ a b c 仙台市道青葉1342号・仙台城跡線(最小幅員7.5m、最大幅員42m、延長1412.2m)
  4. ^ 2014年3月31日まで購入分は、4月1日以降も追加料金なしで使用可。

出典[編集]

  1. ^ a b 車いすでのご利用(仙台市交通局)
  2. ^ 公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」の利用範囲拡大について | 2016年 | KDDI株式会社
  3. ^ 観光シティループバス「るーぷる仙台」国土交通省東北運輸局 自動車交通部 旅客第一課)
  4. ^ 車窓の杜、衰えぬ人気 「るーぷる仙台」10周年河北新報 2009年5月13日)
  5. ^ a b 仙台・宮城デスティネーションキャンペーンにあわせ仙台市観光シティループバス「るーぷる仙台」の特別運行を実施します(仙台市)
  6. ^ 大崎八幡宮、北山五山などを巡る「るーぷる仙台特別号」を運行します!!(仙台市経済局 2004年9月21日)
  7. ^ "るーぷる仙台 特別号" その軌跡(私営 仙台陸上交通資料館)
  8. ^ a b c d e f 1 沿 革 - 仙台市交通事業のあゆみ - (PDF) (仙台市交通局「事業概要 平成26年版」)
  9. ^ 平成12年度 決算等審査特別委員会(第8日目) 本文(仙台市議会 2001年10月1日)
  10. ^ 『るーぷる仙台』運行情報がより便利になりました!(国土交通省東北整備局仙台河川国道事務所 2004年10月1日)
  11. ^ 「仙台」ナンバー発進(仙台市「市長のページ」)
  12. ^ 「るーぷる仙台」乗車200万人達成セレモニーを開催します(仙台市経済局 2007年3月14日)
  13. ^ 「るーぷる仙台」の新しいバス停ができます(仙台市経済局 2007年2月7日)
  14. ^ 平成20年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文(仙台市議会 2008年3月6日)
  15. ^ 東北地方交通審議会答申(H17.3.24) 施策の実施状況 (PDF) (国土交通省東北地方整備局 第11回東北地方交通審議会 2008年3月13日)
  16. ^ a b 観光路線バスの紹介 ◎仙台市交通局 仙台市内観光は観光シティループバス「るーぷる仙台」で (PDF) (一般社団法人公営交通事業協会 会報「公営交通」第464号 2009年7月)
  17. ^ るーぷる仙台 乗客300万人に愛されて(河北新報 2009年9月23日)
  18. ^ a b c 利用者400万人突破 るーぷる仙台(河北新報 2012年9月19日)
  19. ^ 「るーぷる仙台」の運行を一部変更して再開します(仙台市交通局)
  20. ^ 平成24年9月の事業概況(報告) (PDF)公益財団法人仙台観光コンベショ協会)
  21. ^ a b るーぷる仙台は平成26年4月1日から料金を変更いたしました(仙台市交通局)
  22. ^ 仙台城跡線が再開通 震災で崩落石垣を修復(河北新報 2015年2月26日)
  23. ^ a b 「るーぷる仙台」運行ルートとダイヤを震災前に戻します(仙台市交通局 2015年2月26日)
  24. ^ <るーぷる仙台>乗車500万人達成(河北新報 2015年9月15日)
  25. ^ 国連防災世界会議に向けて仙台城跡で「SENDAI free Wi-Fi」をスタートします (PDF) (仙台市 2015年3月2日)
  26. ^ るーぷる仙台車内に無料Wi-Fiアクセスポイントを拡大 観光客向けのWi-Fi接続環境を整備します (PDF) (仙台市 2015年11月26日)
  27. ^ 「るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券」を発売します(仙台市交通局)
  28. ^ a b <るーぷる仙台>茄子紺色の新車登場(河北新報 2016年3月16日)
  29. ^ <るーぷる仙台>政宗と市電 新車両2台登場(河北新報オンラインニュース、2017年3月15日)
  30. ^ a b c d 「文化遺産広域観光連携プロジェクト」調査報告書(本編) (PDF) (財団法人東北産業活性化センター 2008年3月)
  31. ^ a b 平成24年版 (4) 運輸成績 (PDF) (仙台市交通局「事業概要」)
  32. ^ a b 平成26年版 (4) 運輸成績 (PDF) (仙台市交通局「事業概要」)
  33. ^ 平成27年版 (4) 運輸成績 (PDF) (仙台市交通局「事業概要」)
  34. ^ 平成28年版 (4) 運輸成績 (PDF) (仙台市交通局「事業概要」)
  35. ^ 名刺台紙・るーぷるチョロQ販売(仙台観光コンベンション協会)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]