齊藤誠二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

齊藤 誠二(さいとう せいじ、1932年 - 2010年10月19日)は、日本法学者刑法学者刑事訴訟法学者弁護士東京出身。法学博士一橋大学、1966年)[1]博士(医学)筑波大学、1990年)[2]。「斉藤 誠二」とも表記される。筑波大学教授、中央大学教授、ミュンヘン大学客員教授、マンハイム大学客員教授等を歴任した。

来歴[編集]

学外として、ミュンヘン大学刑法研究所客員教授マンハイム大学法学部客員教授、文部省学術審議会専門委員(1988年-1990年)、日本刑法学会理事(1988年-1994年)、宇宙開発事業団有人研究倫理委員会委員(1996年-1999年)、日本臓器移植ネットワーク常任理事(1997年-2010年)

研究領域[編集]

専門は刑法学全般。特に、臓器移植と法の研究や、医事刑法被害者補償刑事政策の研究などに渡る。

主著[編集]

  • 予備罪の研究 風間書房 1971 - 学位論文
  • 刑法講義各論 多賀出版 1978(初版)、1979(新訂版)
  • 刑事再審制度の基本問題 多賀出版 1979
  • 刑法総論(演習ノート) 編著 法学書院 1982(初版)、2013(第5版)
  • 刑法各論 編著 八千代出版 1986(初版)、1988(第2版)
  • 刑法における生命の保護:脳死・尊厳死・臓器移植・胎児の傷害 多賀出版 1987(初版)、1992(三訂版)
  • 正当防衛権の根拠と展開 多賀出版 1991
  • 刑事訴訟法 編著 八千代出版 1993
  • 医事刑法の基礎理論 多賀出版 1997
  • 脳死・臓器移植の論議の展開:医事刑法からのアプローチ 多賀出版 2000

出典・注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文 『刑法における予備罪の研究』 博士論文書誌データベース
  2. ^ 博士論文 『刑法における生命の保護―脳死・尊厳死・臓器移植・胎児の傷害』 博士論文書誌データベース
  3. ^ 以上につき、渥美東洋ほか編『刑事法学の現実と展開 : 齊藤誠二先生古稀記念』(信山社, 2003年)