黒田一義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒田 一義(くろだ かずよし、1860年8月25日(万延元年7月9日[1]) - 1918年大正7年)[2]11月15日[1])は、旧福岡藩大老三奈木黒田家13代当主明治に至り男爵となった。

経歴[編集]

藩祖黒田孝高の養子、黒田一成を家祖とする。

11代当主黒田一美の長男で、義兄の12代当主一雄黒田一葦二男)の跡を継いだ[1]。祖父に黒田一葦(母、千代子の父)、子に一弘がいる[2]

旧地に残る別邸の「旧三奈木黒田家庭園」は、福岡県朝倉市指定文化財(名勝)に指定された。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、568頁。
  2. ^ a b 『現代華族譜要』日本史籍協会、1929年。
  3. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
福岡藩家老)三奈木黒田家初代
1900年 - 1918年
次代:
黒田一弘