鬼がくる。 〜姉がひん死でピンチです〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鬼がくる。 〜姉がひん死でピンチです〜
対応機種 Win Vista/7/8/10[1]
発売元 えにしそふと
キャラクターデザイン 泉水いこ
シナリオ nanka、蔵王
ジャンル 好きすぎて暴走するお姉ちゃんに甘えられまくる新生活
発売日 2017年7月28日[1]
レイティング 18禁
メディア DVD-ROM

鬼がくる。 〜姉がひん死でピンチです〜』(おにがくるあねがひんしでぴんちです)は、2017年7月28日にえにしそふとからリリースされたアダルトゲーム[1]

解説[編集]

130cmより発売された『鬼うた。』とそのファンディスク『鬼まり。』でお馴染みの泉水いこが企画原案・原画を担当するえにしそふとのデビュー作。[2]

和の雰囲気漂う田舎町が舞台で、独占欲の強いヒロインたちが繰り広げる、笑いあり、涙ありの甘々暴走ラブコメディ。[1][3]

ストーリー[編集]

とある地方都市『四ツ羽町』。主人公の高嶺晴人は、病弱で重度のブラコンをこじらせた姉と共に、友人は少ないながらも平穏な毎日を送っていた。
ある日、姉が倒れたという報せを受け、急いで診療所に向かった彼は、幼なじみの九条凛々の母親である医師から、次に発作が起こったら助からないことを告げられる。余命僅かな姉の最後の願いを叶えるため、姉と肉体関係を持ってしまった彼は、翌朝普段欠かさず参拝していた神社で思わず神様を罵倒してしまう。その直後、姉を助けて欲しいという心からの願いが通じたことで、神社の祭神である虚姫が少女の姿で顕現した。
虚姫の神通力によって姉は一命を取り留めたが、信仰心が衰えた虚姫の力ではその場しのぎにしかならず、姉が生き続けるためには
常にそばにいる必要があることを告げられる。なし崩し的に高嶺家に居候することになった彼女をライバルと(勝手に)認識した晴子はますます晴人に甘えるようになり、さらにひょんなことから凛々がストーカー化してしまう。仕方なく虚姫の信仰心を取り戻す方法を探し始める晴人だが……

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

(出典:[1][3]

高嶺 晴人(たかみね はると)
声:なし
主人公。学園二年。ごく普通の男子高校生だが凛々から「犯罪者顔」と言われるほど目目つきが悪く、その上口下手なため誤解されやすく、従って友人はかなり少ない。自身は否定しているが、かなりのシスコン。現在は諸事情から両親と離れ、最近亡くなったばかりの祖父母の家で晴子と二人暮らししている。信仰心が強いというほどではないが、近所の四ツ羽神社で姉の健康をたびたび祈願していた。
高嶺 晴子(たかみね はるこ)
声:葵ゆり
主人公の姉。機械音痴だが、ゲームとネットに関する知識だけは詳しい。見た目は美人で病弱だが、重度のブラコンをこじらせており、引きこもり予備軍のダメ人間。自身の命を助けた虚姫に内心感謝しつつも、晴人を巡る恋のライバルとみなしており、ことあるごとに噛みついている。
虚姫(こひめ)
声:佐倉江美
自称土地神様。晴人の願いの強さのおかげで顕現化し、発作を起こして瀕死の状態だった晴子の命を助けた。鬼のような角が額にあるが、鬼呼ばわりされると怒る。し近年信仰心が弱まっていることで神通力も弱まってしまったため、完全に病気を治すことが出来ず、晴子に神通力を与え続けることで生き長らえさせるという名目で主人公宅で居候している。見た目は幼女ではあるがかなりの巨乳の持ち主。
スマホが何か知らないなど、人間界の世情には若干疎いが、人間たちの願い事を数百年聞き続けているため、全く知らない訳ではないらしい。正確は尊大で子供っぽく、気まぐれだが、神としての役目(アヤカシを
祓うこと)は一応真面目にこなしている。かなりの食いしん坊で酒好き。後に晴人の学園のクラスメートとして転入して来る。現在の趣味はマンガを読むこととスマホでのネットサーフィン。信仰心を復活させるために一時ご当地アイドルを目指し、学園でのライブを成功させるが、とある計画を思い付き、一方的に引退宣言した。
九条 凛々(くじょう りり)
声:奥川久美子
主人公に恋心を抱く優等生な幼なじみ。クラスメートで、クラス委員でもある。不器用かつ真面目な性格なためストーカー化した。ストーカーに関して本人は否定している。自身が貧乳であることを気にしている。母親は診療所で女医として働いている。

用語[編集]

四ツ羽町(よつはねちょう)
舞台である地方都市。駅前は飲食店や雑居ビルなどが立ち並んでおり、商店街などもあるが基本的には田園風景が広がる田舎町。
四ツ羽神社
主人公宅の近くにある神社。マイナーなため、初詣の時以外は参拝客は少ない。虚姫の実家とも言える。
四ツ羽学園
主人公たちが通う学園。田舎の学園というだけあってか、近年主流のブレザーやカラフルなセーラー服ではなく、オーソドックスな白と紺のセーラー服(男子は学ラン)を採用している。
アヤカシ
虚姫曰わく悪しき気のこと。妖怪とは微妙に異なる。人間の負の感情に取り憑いてその感情を増幅させるもの。なお取り憑かれている間の記憶は無くなる模様。

スタッフ[編集]

(出典:[1]

原画 - 泉水いこ
シナリオ - nanka、蔵王

脚注[編集]

出典[編集]

18歳未満閲覧禁止のサイトを含む

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鬼がくる。 〜姉がひん死でピンチです〜”. えにしそふと. 2017年5月23日閲覧。
  2. ^ ディレクターでというわけではなく、企画原案と原画という形で参加|黒毛屋本舗開発日誌”. 2017年5月23日閲覧。
  3. ^ a b TECH GIAN 2017年7月号 pp.92-95 . 2017年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]