高良留美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高良 留美子(こうら るみこ、1932年12月16日 - )は、日本の詩人女性史研究者。

高良武久高良とみの娘として東京に生まれる。東京藝術大学美術学部中退、慶應義塾大学法学部中退。竹内泰宏と結婚。1962年、詩集『場所』でH氏賞受賞。1988年、詩集『仮面の声』により第6回現代詩人賞、2000年、詩集『風の夜』で丸山豊記念現代詩賞を受賞。詩のみならず評論でも活躍、『高良留美子の思想世界』全6巻があり、岩見照代と「女性のみた近代」を編纂、また両親の著作も編集している。

著書[編集]

  • 詩集 生徒と鳥 ユリイカ, 1958
  • 詩集 場所 思潮社、1962
  • 物の言葉 詩の行為と夢 せりか書房, 1968
  • 見えない地面の上で 思潮社, 1970
  • 高良留美子詩集 思潮社, 1971 (現代詩文庫)
  • 文学と無限なもの 筑摩書房, 1972
  • 恋人たち 山梨シルクセンター出版部, 1973
  • 高群逸枝ボーヴォワール 亜紀書房, 1976
  • しらかしの森 土曜美術社, 1981 (現代詩選書)
  • アジア・アフリカ文学入門 オリジン出版センター, 1983
  • 女の選択 生む・育てる・働く 労働教育センター, 1984
  • 仮面の声 土曜美術社, 1987
  • 時の迷路・海は問いかける オリジン出版センター, 1988
  • 発つ時はいま 連作長篇 彩流社, 1988
  • 高良留美子詩集 土曜美術社, 1989
  • 高良留美子の思想世界 自選評論集 1-6 お茶の水書房, 1992-1993
  • いじめの銀世界 彩流社, 1992
  • 風の夜 思潮社, 1999
  • 神々の詩 毎日新聞社, 1999
  • 百年の跫音 御茶の水書房, 2004
  • 崖下の道 思潮社, 2006

翻訳[編集]

  • 太陽と生の荒廃から アフリカ共同体の詩と文学 マジシ・クネーネ 竹内泰宏共編訳 アンヴィエル, 1980
  • アジア・アフリカ詩集 土曜美術社, 1982 (世界現代詩文庫)

編纂[編集]

  • 高良武久詩集 思潮社, 1999
  • アンソロジー戦時下の女たち ゆまに書房, 2001 (女性のみた近代)
  • 高良とみの生と著作 全8巻 ドメス出版, 2002
  • 世界的にのびやかに 高良とみの行動的生涯 写真集 ドメス出版, 2003
  • 岡本かの子いのちの回帰 翰林書房, 2004
  • アンソロジー女の生活 ゆまに書房, 2005 (女性のみた近代)