高窪貞人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙窪貞人」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

髙窪 貞人(たかくぼ さだと、1932年6月3日 - )は、日本法学者刑事法英米法専攻。

略歴[1][編集]

東京都新宿区生まれ。都立日比谷高校を経て、1955年、中央大学法学部卒業。1964年、中央大学大学院法学研究科刑事法専攻博士課程単位取得退学。1967年、青山学院大学法学部専任講師着任。1968年、助教授、1971年、厚生部長、1972年、学生部長、1974年、教授就任。1983年、判例研究所長。1985年、法学部長。1989年、総合研究所法学研究センター室長。1993年、法学会長。2001年青山学院大学を定年退職、同名誉教授。関東学院大学法学部教授。2004年関東学院大学法科大学院教授。

所属学会:日本刑法学会、比較法学会

親族は、父が商法学者の高窪喜八郎(元中央大学教授)、兄が商法学者の高窪利一中央大学名誉教授、甥が工学者の高窪統中央大学教授であった。

主著[編集]

  • 『演習ノート 刑事訴訟法(第4版)』(編著、法学書院、2008年)
  • 『イギリス法入門(5訂版)』(中央大学出版部、1997年)
  • 『刑法総論(全訂版) 青林教科書シリーズ』(共著、青林書院、1997年)
  • 『刑法各論(全訂版) 青林教科書シリーズ』(共著、青林書院、1996年)
  • 『刑事訴訟法概論(新版)』(蒼文社、1985年)
  • 『刑法(司法書士合格基本選書 3)』(東京法経学院、1984年初版・2003年新訂3版)

注解[編集]

  1. ^ 「高窪貞人教授退官記念号」『青山法学論集 42巻4号』青山学院大学法学会 2001.3 302頁以下、『刑事司法への市民参加』高窪貞人教授古稀祝賀記念論文集編集委員会 編 現代人文社 2004