高橋道八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仁阿弥高橋道八(初代)宅の碑、京都市東山区五条通東大路西入南側

高橋 道八(たかはし どうはち)は京焼清水焼)の窯元の一つで、陶芸家の名跡。江戸時代後期より作陶に携わり、特に茶道具煎茶器の名品を輩出し続けてきた。

歴代[編集]

関連項目[編集]