高橋賢 (会計学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 賢(たかはし まさる、1968年 - )は、日本の会計学者。専門は原価計算管理会計長崎県諫早市出身。横浜国立大学大学院教授博士商学一橋大学)。日本簿記学会学会賞受賞。会計検査院特別研究官等も務めた[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1996年 千葉大学法経学部講師
  • 1998年 千葉大学法経学部助教授
  • 2000年 横浜国立大学経営学部助教授
  • 2004年 ポワティエ大学外国人招聘助教授
  • 2011年 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授
  • 2013年 会計検査院特別研究官(2015年3月まで)
  • 2015年 総務省情報通信行政・郵政審議会専門委員
  • 2017年 総務省情報通信審議会専門委員

受賞[編集]

著書[編集]

  • 『直接原価計算論発達史』2008年、中央経済社
  • 『テキスト原価会計』2009年、中央経済社
  • 『管理会計の変革』(中村博之と共編著)2013年、中央経済社
  • 『地域再生のための経営と会計:産業クラスターの可能性』(二神恭一高山貢と共編著)、2014年、中央経済社
  • 『テキスト会計学講義』(原俊雄と共編著)、2018年、中央経済社
  • 『管理会計の再構築:本質的機能とメゾ管理会計への展開』2019年、中央経済社

脚注[編集]

  1. ^ 「著者紹介」『管理会計の変革』
  2. ^ [1]