高橋恒夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 恒夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県
生年月日 1946年
選手情報
投球・打席 左投打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 恒夫(たかはし つねお)は、日本の元アマチュア野球選手(投手)。

経歴・人物[編集]

群馬県立桐生高等学校ではエースとしてとして甲子園に2度の出場を果たした。1963年夏の選手権は自身の好投により、準々決勝に進むが、下関商池永正明に抑えられ1-2で惜敗[1]

1964年春の選抜では、2回戦で植木一智衣笠祥雄のバッテリーを擁する平安高に敗退[2]。同年夏は北関東大会予選決勝で作新学院高校に3-5で惜敗、甲子園出場はならなかった。高校同期に二塁手蓑輪努がいる。

高校卒業後は富士重工業に入社した。1965年都市対抗野球日立製作所の補強選手として出場。同じく日本鉱業日立から補強された簾内政雄と左右の二本柱を組み、チームの準々決勝進出に貢献[3]同年のドラフト会議サンケイスワローズから5位指名を受けたが、入団を拒否し[4]、チームに残留した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  4. ^ 過去のドラフト - ドラフト会議2014” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月22日閲覧。