高橋アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 アキラ
たかはし あきら
Akira-Takahashi-1.jpg
生年月日 1923年8月??
出生地 愛知県豊橋市菰口町
没年月日 2007年1月8日
出身校 早稲田大学法学部
所属政党 (無所属→)
自由民主党→)
無所属
称号 法学士

当選回数 4回
在任期間 1983年4月27日 - 1996年10月2日

愛知県の旗 第62代愛知県議会議長
在任期間 1982年5月 - 1983年4月

愛知県の旗 愛知県議会議員
選挙区 豊橋市選挙区
当選回数 4回
在任期間 1970年2月 - 1983年

当選回数 2回
在任期間 1963年5月1日 - 1970年
テンプレートを表示

高橋 アキラ(たかはし あきら、1923年8月 - 2007年1月8日)は、日本の政治家。愛知県豊橋市長(4期)、愛知県議会議員(3回)、同議長、豊橋市議会議員(2期)などを歴任した。本名は高橋燎(たかはし あきら)。

来歴[編集]

愛知県豊橋市菰口町出身。1941年、愛知県豊橋中学校(現・愛知県立時習館高等学校)卒業。1943年12月、学徒出陣。1947年3月、早稲田大学法学部卒業。同年10月、大同製鋼株式会社入社。1948年5月、有限会社高橋製糸場入社[1]。。

1963年4月30日に行われた豊橋市議会議員に無所属で立候補し、トップで初当選を果たした。1967年の市議選は自由民主党公認で立候補し再選[2]。同年、知人の公認会計士から、倒産目前の豊橋電機工事株式会社の再建を頼まれる。1971年に息子の高橋慶全に譲るまで同社の社長を務めた。

1970年2月8日に行われた愛知県議会議員選挙の豊橋市選挙区補欠選挙(定数2)に自民党公認で立候補し初当選。

1979年に4期目の当選。1982年5月、議長に就任[3]。同年7月、全国都道府県議会議長会副会長就任。

参院選出馬を要請されるが断り、1983年4月24日に行われた豊橋市長選に立候補。現職の青木茂、共産党公認の杉林信由紀らを破り初当選(高橋86,763票、青木76,174票、杉林9,875票)。1987年7月、全国市長会副会長就任。

1993年8月12日、入札制度の改善を検討していた高橋は制限付き一般競争入札を導入すると発表した。また、入札室に傍聴室を設け一般に公開することも決めた。同制度の導入は愛知県内では岡崎市に次いで2番目[4]

1995年4月、無投票により4選。任期中にフォルクスワーゲンアウディメルセデス・ベンツなどの輸入センターの誘致に成功した。

汚職事件で逮捕[編集]

1996年9月4日、豊橋東口駅前広場整備に伴う電気設備工事の入札に関し、談合容疑で豊橋電機工事株式会社の高橋慶全社長ら業者4人が逮捕された。同社は、1995年11月21日に行われた入札において、同工事を3億7,590万円(消費税込み)で落札していた。高橋慶全は自身の長男であったため、9月9日開催の市議会定例会で各会派の市議から関係を追及された。高橋は「ちょうど4日の晩、報道関係から、疑惑によって息子が逮捕されたということを知っているかと問われた。私は大きな鉄のおので頭をたたかれたような思いで、談合というものは一切ないと信じた」と答弁した[5]

ところが同年9月27日、ゼネコンの元名古屋支店長から豊橋競輪場のメインスタンド建設工事にからむ指名に便宜を図ってもらうために慶全と共謀して数百万円の収賄を受けた疑いで逮捕された。9月30日に辞職願を提出し、10月2日付で市長を辞職した[6]。起訴を経て、同年12月25日に名古屋地方裁判所にて懲役2年4ヶ月、執行猶予4年、追徴金400万円の判決が言い渡された。

2007年1月8日、パーキンソン病のため豊橋市の成田記念病院で死去[7]。享年83。

著書[編集]

  • 高橋アキラ『脱線市長の政ごと―故郷づくりの想いを次世代へ』アールズ出版、2004年2月。ISBN 9784901226707

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 脱線市長の政ごと 故郷づくりの想いを次世代へ(高橋アキラ)エルパカ
  2. ^ 各選挙の候補者別得票数(昭和21年以降) (PDF)”. 豊橋市役所. 2020年6月14日閲覧。
  3. ^ 歴代正副議長一覧”. 愛知県. 2021年4月27日閲覧。
  4. ^ 『中日新聞』1993年8月13日付朝刊、23面、「豊橋市も入札制度を改善へ 制限付き一般競争に」。
  5. ^ 豊橋市議会 平成8年9月 定例会 09月09日-01号”. 豊橋市議会会議録検索システム. 2020年7月26日閲覧。
  6. ^ 豊橋市議会 平成8年10月 臨時会 10月02日-01号”. 豊橋市議会会議録検索システム. 2020年7月26日閲覧。
  7. ^ 『中日新聞』2007年1月9日付夕刊、11面、「元豊橋市長 高橋アキラ氏死去」。