高木正明 (丹南藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
高木正明
時代 江戸時代後期
生誕 享和3年閏1月11日1803年3月4日
死没 明治2年9月13日1869年10月17日
戒名 智覚院
墓所 東京都杉並区永福栖岸院
官位 従五位下主水正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
河内丹南藩
氏族 高木氏
父母 高木正剛高木正直娘・八百子
兄弟 正明加納久儔正室
西尾忠善娘・美代子
池田仲雅次女・英子
正幹
正功正担
テンプレートを表示

高木 正明(たかぎ まさあき)は、江戸時代後期の大名河内国丹南藩11代藩主。官位従五位下主水正

略歴[編集]

10代藩主・高木正剛の長男として誕生。

文政2年(1819年)11月15日、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下主水正に叙任する。文政9年(1826年)10月9日、父・正剛の隠居により家督を継いだ。嘉永元年(1848年)8月23日、隠居し、養嗣子・正坦に家督を譲った。

明治2年(1869年)9月13日に67歳で死去した。法号は智覚院。墓所は東京都杉並区永福栖岸院

系譜[編集]