大村純昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大村 純昌
時代 江戸時代後期
生誕 天明6年1月25日1786年2月23日
死没 天保9年10月5日1838年11月21日
改名 春之進(幼名)、純昌
戒名 崇謙院徳輝益翁日讓大居士
墓所 長崎県大村市本経寺
官位 従五位下上総介丹後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
肥前大村藩
氏族 大村氏
父母 大村純鎮大村鎮直の養女(鉤氏の娘)
兄弟 板倉勝晙正室、純昌酒井忠明室、章姫、隈包辰室、純文
正室亀井矩賢の娘・
側室福田頼之の妹・仙
純鑑純徴純享純顕阿部正備道純松平乗懿正室、相良長福正室、高木正功小出英教孝純純熈九鬼隆能室、植村家興
テンプレートを表示

大村 純昌(おおむら すみよし)は、肥前国大村藩の第10代藩主

生涯[編集]

天明6年(1786年)1月25日、第9代藩主・大村純鎮の長男として玖島城で生まれた。享和3年(1803年)1月23日、父の隠居により家督を継いだ。

財政再建を目指して藩政改革を行なうが失敗し、かえって財政窮乏を促進した上、家臣団の反発も招いた。このため、倹約や定免制の採用、他国製品の排除と自国製品の保護、生産化奨励などを行なっていくらか成功させている。

文化5年8月(1808年10月)、長崎にてフェートン号事件が勃発した際は、急を知らせる命を受け、幕府の長崎奉行松平康英と共にイギリス軍艦フェートン号に対して焼き討ちを行う為、藩兵を率いて長崎に急行したが、フェートン号が出航してしまい未遂に終わった。

文政11年(1828年)8月上旬と下旬の二度の嵐により、領内で家屋の倒壊や火災が発生し、溺死傷者も発生した。さらに田畑や山林が甚大な被害を受けた。

天保7年(1836年)11月23日、家督を四男の純顕に譲って隠居した。天保9年(1838年)10月5日に大村で死去した。享年53。

玖島城の3の丸に、別邸として梶山御典を建てている。

系譜[編集]