高城和義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高城 和義(たかぎ かずよし、1942年 - )は、日本の社会学者。帝京大学文学部教授法学博士

略歴[編集]

宮城県生まれ。1965年東北大学法学部卒業後、名古屋大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。専門は、医療社会学政治社会学タルコット・パーソンズ研究の第一人者として挙げられる。

名古屋大学法学部助手日本福祉大学社会福祉学部専任講師岡山大学法学部教授などを経て、1998年より東北大学文学部教授(社会学)。また、この間には、カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所客員研究員、ウォータールー大学客員教授ブリティッシュコロンビア大学客員研究員などを歴任。

1998年より、東北大学大学院文学研究科教授。2006年3月定年退官後、帝京大学文学部教授に就任。現在に至る。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『パーソンズの理論体系』(1986年、日本評論社
  • 『現代アメリカ社会とパーソンズ』(1988年、日本評論社)
  • 『アメリカの大学とパーソンズ』(1989年、日本評論社)
  • 『パーソンズとアメリカ知識社会』(1992年、岩波書店
  • 『パーソンズ――医療社会学の構想』(2002年、岩波書店)
  • 『パーソンズとウェーバー』(2003年、岩波書店)

共編[編集]

訳書[編集]

外部リンク[編集]