香月泰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

香月 泰男(かづき やすお、1911年10月25日 - 1974年3月8日)は、山口県大津郡三隅町(現・長門市)出身の画家

略歴[編集]

没後、遺族によりシベリア・シリーズ57点のうち45点を山口県へ寄贈、残り8点が山口県に寄託され、1979年開館の山口県立美術館に展示されている。

香月泰男美術館[編集]

泰男は、創作活動のほとんどを「<私の>地球」と語った三隅町の自宅で行っていた。その泰男の功績をたたえる目的で、1993年10月26日に、生家に近い三隅町湯免三隅町立香月美術館として開館。2005年に三隅町の合併により香月泰男美術館に改名の上、長門市に運営が移管された。最晩年まで泰男の手元にあった作品や、香月のアトリエ(復元)などが展示されている。

なお、香月泰男美術館ではシベリア・シリーズの一部について常設展示を県に希望しているが、専属の学芸員が館にいないことを理由とし山口県が難色を示しており、完成作の展示が出来ない(原画のみが展示されている)。

また画作の一方で、油絵の作品の他、晩年は海外での風景作品や身の回りの針金、空き缶などを再利用して製作した子どものためのおもちゃが複数あり、これらも同様に展示されている。

定期的に「<私の>○○展」という企画展を開催しているほか、小中学生を対象とした絵画コンクール「香月泰男ジュニア大賞絵画展」を主催している。

住所
山口県長門市三隅中湯免226番地
アクセス

著書・画集[編集]

  • 『画集シベリヤ 1943-1947』求竜堂 1967
  • 『香月泰男のおもちゃ筐』福島慶子編 求竜堂 1970
  • 『私のシベリア』文芸春秋 1970 『私のシベリヤ 香月泰男文集』筑摩叢書
  • 『シベリヤ画集 香月泰男画集』新潮社 1971
  • 『海拉爾通信』新潮社 1971
  • 『香月泰男スケッチ集 1 (ニューヨーク篇 1966年)』求竜堂 1972
  • 『香月泰男スケッチ集 2-3 (パリ篇 1956年)』求竜堂 1972
  • 『香月泰男スケッチ集 4 タヒチ篇 1971年』求竜堂 1972
  • 『モロッコ 香月泰男石版画集』大阪フォルム画廊 1973
  • 『画家のことば』新潮社 1974
  • 『グランカナリア 香月泰男石版画集』大阪フォルム画廊 1974
  • 『画集香月泰男』毎日新聞社 1979
  • 『香月泰男全版画集』阿部出版 1990
  • 『香月泰男画文集 <私の>地球』求龍堂 1998
  • 『香月泰男の絵手紙』小池邦夫編 二玄社 2003
  • 『香月泰男のおもちゃ箱』谷川俊太郎詩と編 大森忠撮影 新潮社 2003
  • 『香月泰男 一瞬一生の画業』香月婦美子監修 小学館 アートセレクション 2004
  • 『香月泰男画集 生命の讃歌』香月婦美子, 香月直樹監修 小学館 2004
  • 『香月泰男シベリア画文集 全作品の自筆解説文と学芸員解説』山口県立美術館監修 中国新聞社 2004

関連書籍[編集]

  • 岩田礼『香月泰男』日動出版部 1977
  • 『香月泰男画集 -生命の賛歌』(2004年、小学館) ISBN 4096997137
  • 落合東朗『香月泰男シベリヤ・シリーズを読む』論創社 1985
  • 古川薫文 石井昭影絵『シベリアの豆の木 香月泰男ものがたり』新日本教育図書 影絵ものがたりシリーズ 1996
  • 東義人『わたしの香月泰男ノート』海鳥社 1996
  • 香月婦美子『夫の右手 画家・香月泰男に寄り添って』求龍堂 1999
  • 平松達夫『戦場へ行った絵具箱 香月泰男「シベリア・シリーズ」を読む』海鳥社 2003
  • 立花隆『シベリア鎮魂歌 香月泰男の世界』(2004年、文藝春秋)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]