飯能狭山バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般国道
国道299号標識
飯能狭山バイパス
国道299号バイパス
路線延長 5,620m
開通年 2006年全線開通
起点 埼玉県飯能市飯能
終点 埼玉県狭山市笹井
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0299.svg国道299号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
飯能市内

飯能狭山バイパス(はんのうさやまバイパス)は、埼玉県飯能市飯能から、埼玉県狭山市笹井までを結ぶ全長約5.6kmの国道299号バイパスである。

2006年3月29日午後1時にJR八高線を渡る中山陸橋が開通し、全線開通となった。

概要[編集]

  • 起点:埼玉県飯能市飯能
  • 終点:埼玉県狭山市笹井
  • 全長:5,620m
  • 車線数
    • 起点〜飯能警察署入口交差点間:2車線
    • 飯能警察署入口交差点〜終点間:4車線
  • 標準幅員
    • 起点〜飯能警察署入口交差点間:16.0m
    • 飯能警察署入口交差点〜終点間:23.5m

このバイパスの開通により、

  • 飯能市内通過にかかる所要時間が大幅に短縮した。
  • 飯能市街の構造上の問題により慢性的に発生していた交通渋滞が、通過車の減少で緩和された。(渋滞が解消されたわけではない)
  • 所沢・入間・狭山・秩父・日高各方面からの所要時間が大幅に短縮した。

なお、飯能警察署入口交差点を北に向かう道路は高麗川・越生方面を結び、西に向かう道路は秩父方面に向かう国道299号線を結んでいる。小谷田交差点より東は所沢入間バイパスとして入間・所沢方面を結んでいる。

沿革[編集]

通過市町村[編集]

  • 埼玉県
    • 飯能市 - 入間市 - 狭山市

接続・交差する道路・鉄道・河川[編集]

沿線の主な施設[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]