阿青

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金庸小説の登場人物
阿青
姓名 不明
小説 越女剣
師父 白猿
武術
得意技 越女剣法
武器 竹棒
テンプレートを表示

阿青(あせい、拼音: ā qīng)は、金庸武俠小説越女剣』に登場する女性。

生涯[編集]

時代としては、春秋戦国時代の人物越女。羊飼いの少女。作中で姓は明らかにされていないが「阿青」と呼ばれている。「阿」は姓でなく、中国文化圏における愛称の一種。「阿青」を日本語で訳せば、「青ちゃん」といった意味合いになる。

竹棒を振り回す一頭の白猿と遊んでいるうちに、いつの間にか無敵の「越女剣」を習得していた。その後、呉国の剣士たちが町で暴れ、阿青に狼藉を働こうとしたとき、「越女剣」で見事に撃退。その剣法の極意を知りたい越の宰相范蠡に優しくされるうちに、范蠡に愛情を抱くようになる。

演じた女優[編集]