天下五絶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天下五絶(てんかごぜつ、拼音: Tiānxià wǔjué)は、金庸武俠小説射鵰英雄伝』、『神鵰剣俠』で語られる五大武術家のこと。東・西・南・北・中という方角にその武術家の特徴を表す一字を加えて称号とする。武術による選考会である「華山論剣」で選出され、決定される。

天下五絶[編集]

五絶

第一次「華山論剣」で選ばれた天下五絶

新五絶

第二次「華山論剣」では結論が出ず、第三次「華山論剣」で選ばれた天下五絶

  • 東邪:黄薬師
  • 西狂:楊過 - この場合の「狂」は「何物に縛られず、自由に振舞う」というニュアンス
  • 南僧:一灯大師(出家した段智興)
  • 北俠:郭靖
  • 中頑童:周伯通