関集三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関 集三
生誕 (1915-05-21) 1915年5月21日
日本の旗 日本 兵庫県西宮市
死没 (2013-12-24) 2013年12月24日(98歳没)
研究分野 物理化学
研究機関 大阪大学関西学院大学
出身校 大阪大学
プロジェクト:人物伝

関 集三(せき しゅうぞう、1915年5月21日 - 2013年12月24日[1])は、日本物理化学学者。元大阪大学教授。元関西学院大学教授日本学士院会員第4分科(理学) [2]

経歴[編集]

1915年兵庫県西宮市生まれ。父は実業家の関桂三1938年大阪大学理学部化学科卒業。理学博士物質状態の理解に広く適用されている熱力学に物質構造の観点を加え、固体および液体状態の研究の発展に大きな貢献をした。また、「ガラス状態の熱力学的研究」は精密な熱測定による実験に基づき、物質内の分子の集合状態の研究を行った。

受賞・勲章[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • クールソン 「化学結合論」関集三、千原秀昭、鈴木啓介 (共訳)、岩波書店、1954年
  • ライナス・ポーリング「一般化学 上」 関集三、千原秀昭、桐山良一 (共訳)、岩波書店、1957年
  • ライナス・ポーリング「一般化学 下」 関集三、千原秀昭、桐山良一 (共訳)、岩波書店、1958年
  • J・G・カークウッド、I・オッペンハイム「化学熱力学」 関集三、菅宏 (共訳)、東京化学同人、1965年
  • W.J.カウズマン、D.アイゼンバーグ「水の構造と物性」関集三、 松尾隆祐 (共訳)、みすず書房、1975年
  • R.マックィーニ「クールソン化学結合論〈上〉」関集三、千原秀昭他 (共訳)、岩波書店、1983年
  • M.L.McGlashan、「SI単位と物理・化学量」関集三、 徂徠道夫 (共訳)化学同人、1986年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関集三氏死去(大阪大名誉教授・物理化学) 時事通信 2014年1月8日閲覧
  2. ^ 日本学士院会員個人情報”. 日本学士院. 2014年1月4日閲覧。

関連項目[編集]