開豊郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
開豊郡
位置
Tomb at Kaesong.jpg
開城の歴史的建造物群と遺跡群恭愍王陵
DPRK2006 Hwangbuk-Kaepung.PNG
各種表記
ハングル 개풍군
漢字 開豐郡
発音 ケプン=グン
ローマ字転写 Kaep'ung-gun
テンプレートを表示

開豊郡(ケプンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国黄海北道に属する郡。開城の郊外で、漢江河口部に面する。

地理[編集]

黄海北道の南端に位置する。北から東にかけて開城市が隣接し、西には礼成江を隔てて黄海南道白川郡がある。

南は漢江河口を隔てて大韓民国統治下の仁川広域市江華郡である。

行政区画[編集]

1邑・28里を管轄する。

  • 開豊邑(ケプンウプ)
  • 高南里(コナムリ)
  • 広畓里(クァンタムリ)
  • 光修里(クァンスリ)
  • 南浦里(ナンポリ)
  • 大蓮里(テリョンリ)
  • 大龍里(テリョンリ)
  • 徳水里(トクスリ)
  • 礪峴里(リョヒョンリ)
  • 臨漢里(リマンリ)
  • 嶺井里(リョンジョンリ)
  • 龍山里(リョンサンリ)
  • 墨山里(ムクサンリ)
  • 墨松里(ムクソンリ)
  • 三成里(サムソンリ)
  • 上道里(サンドリ)
  • 新光里(シングァンリ)
  • 新西里(シンソリ)
  • 新聖里(シンソンリ)
  • 新興里(シヌンリ)
  • 延江里(ヨンガンリ)
  • 煙陵里(ヨルルンリ)
  • 五山里(オサンリ)
  • 月井里(ウォルチョンリ)
  • 祖江里(ソガンリ)
  • 豊徳里(プンドンリ)
  • 解線里(ヘソンリ)
  • 海坪里(ヘピョンリ)
  • 禾谷里(ファゴンリ)

歴史[編集]

歴史的には京畿道に属する地域であった。1914年に豊徳郡と開城郡の一部が合併して開豊郡になる。

分断当初は韓国の領土であったが、朝鮮戦争休戦後に北朝鮮の領土に編入された。これに伴い、京畿道地域(開城市とその周辺)は「開城直轄市」に編成された。2003年に開城地区の中央政府直轄廃止に伴い、黄海北道所属になった。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 高句麗 - 貞州と呼ばれる。
  • 1018年 - 海豊郡が置かれる。
  • 李氏朝鮮 - 豊徳郡と改称される。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、京畿道豊徳郡開城郡に編入。開城郡に以下の面が成立。(16面)
    • 松都面・西面・中西面・青郊面・嶺南面・嶺北面・南面・北面・東面・進鳳面・臨漢面・興教面・光徳面・上道面・大聖面・中面
  • 1930年12月 (15面)
    • 松都面および青郊面・中西面・嶺南面の各一部が合併し、開城府となり、郡より離脱。
    • 開城郡が開豊郡に改称。
  • 1938年 - 進鳳面・東面が合併し、鳳東面が発足。(14面)
  • 1945年初 - 中西面が土城面に改称。(14面)
  • 1945年8月15日 - 米軍管理下に置かれる。ただし、嶺北面および嶺南面・北面・土城面の各一部はソ連軍管理下の黄海道金川郡に編入。(13面)
  • 1945年11月 - ソ連軍管理下の金川郡嶺北面・嶺南面・北面・土城面(開豊郡の38度線以北の地域)が新設の黄海道長豊郡に編入。
  • 1945年11月4日 - 米軍政の下で行政区画を調整。(11面)
    • 嶺南面が長湍郡津西面に編入。
    • 北面が土城面に編入。
  • 1951年 - 朝鮮戦争において朝鮮民主主義人民共和国に占領される。(11面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、京畿道開豊郡大聖面・光徳面・南面・土城面・西面および青郊面の一部地域をもって、京畿道開豊郡を設置。開豊郡に以下の邑・里が成立。(1邑17里)
    • 開豊邑・高南里・広畓里・光修里・南浦里・義浦里・墨山里・墨松里・三成里・新光里・新西里・新聖里・延江里・煙陵里・裕陵里・稲園里・解線里・海坪里
  • 1953年7月 - 停戦協定の発効により、京畿道開豊郡が開城直轄市開豊郡となる。(1邑17里)
  • 1954年11月 - 開城直轄市の廃止に伴い、黄海北道開豊郡となる。(1邑17里)
  • 1955年1月 - 開城地区の設置に伴い、開城地区開豊郡となる。(1邑17里)
  • 1957年6月 - 開城直轄市開豊郡となる。(1邑17里)
  • 1958年6月 - 板門郡大蓮里の一部が墨松里に編入。(1邑17里)
  • 1961年3月 - 黄海北道金川郡礪峴里および江南里の一部を編入。(1邑18里)
    • 江南里が礪峴里に編入。
  • 1967年 - 墨山里の一部が礪峴里に編入。(1邑18里)
  • 1974年 - 広畓里の一部が裕陵里に編入。(1邑18里)
  • 1981年 - 裕陵里が五山里に改称。(1邑18里)
  • 1983年2月 - 義浦里が龍山里に改称。(1邑18里)
  • 1983年11月 - 稲園里が豊徳里に改称。(1邑18里)
  • 2002年11月 - 板門郡大蓮里・上道里・禾谷里・嶺井里・新興里・月井里・祖江里・臨漢里・徳水里・大龍里および三峯里の一部を編入。(1邑28里)
    • 三峯里が上道里に編入。
  • 2003年6月 - 開城直轄市の市域縮小に伴い、黄海北道開豊郡となる。(1邑28里)

交通[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 황해북도 개풍군 역사