長谷部雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長谷部 雅彦
生誕 1966年????
出身地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
学歴 東北大学工学部
ジャンル クラシック
職業 作曲家
公式サイト jca03205.web.fc2.com

長谷部 雅彦(はせべ まさひこ、1966年 - )は、日本作曲家合唱曲を主に手がける。

人物[編集]

山梨県甲府市生まれ、静岡県浜松市在住。東北大学工学部卒業。ヤマハにて電子楽器設計に携わるサラリーマンのかたわら、作曲や合唱指揮を行っている[1]1998年、「だるまさんがころんだ」よりで第9回朝日作曲賞入賞。2005年、混声合唱組曲「E=mc²」で第16回朝日作曲賞佳作。2006年、混声合唱のための「五つの母音の冒険」で17回朝日作曲賞入賞。一部の作品は、キックオフなどから楽譜が出版されている。

代表作品[編集]

合唱[編集]

  • 大手拓次の詩による四つの混声合唱曲
  • 女声合唱組曲「幻影」
  • 混声合唱組曲「プールサイドの天使」
  • 合唱叙事詩「詩人」
  • 女声合唱組曲「ゆめのあした」
  • 混声合唱のための「だるまさんがころんだ」(1998)
  • 混声合唱組曲「アステカのうた」
  • 混声合唱組曲「E=mc²」(2005)
  • 混声合唱のための「五つの母音の冒険」(2006)
  • 二群の児童合唱のための「しりとりうた」
  • 混声合唱組曲「生命の進化の物語」
  • 混声合唱のための「辞世九首」

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]